サムスン電子さんからモニターとしてGALAXY S5 SC-04Fをお借りしています。

私はGALAXY Note SC-05D、GALAXY Note II SC-02E、GALAXY Note 3 SC-01Fをこれまで使ってきてGALAXYシリーズのUIにはだいぶ慣れているのですが、GALAXY S5 SC-04Fではちょっと変わってしまった部分があります。
その困った!を解決する方法を紹介したいと思います。

■えっ!?メニューキーがない!どうしたら・・・

まず、大きな変化として挙げられるのがソフトウェアキーの変更です。

<SC-01F>



ホームキーの右が戻るキー、左がメニューキーになっています。

<SC-04F>



ホームキーの右が戻るキーなのは同じですが、左が履歴キーに変更されています。
ちなみに、SC-01Fでは履歴を表示するのにはホームキー長押しでした。

この変更はGoogleの意向のようです。
うん、それは分かった。
で、メニューはどうやって出すの????



ブラウザのように右上にメニューアイコンが表示されているものもありますが、アプリによってはこれが表示されないんです。



twiccaではメニューキーが表示されていません。
twiccaのメニューは、検索とか設定など重要な物が多く、結構アクセスするのでちょっと困りました。

「履歴キー長押しだよ」

家の人から神のようなアドバイス!
やってみると・・・



メニュー出ました!
というわけで、GALAXY S5でメニューを出すには、履歴長押しです。

※みんな知ってたらごめんなさいw

■設定が見づらい!そんなときは・・・

GALAXY S5では、設定メニューの表示が変わりました。

<SC-01F>



<SC-04F>



丸ボタンになり、項目が多いのでスクロールして見るのが結構大変でした・・・。
カラフルなのもちょっと目に痛かったり(^^;

これも、表示変更する方法がありました。
右上のメニューボタンをタップします。



リスト表示とタブ表示に変更することができます。
この丸いアイコンはグリット表示というそうです。

リスト表示。


タブ表示


私はタブ表示が慣れているのでタブ表示に変更しました。
どうしてもグリット表示になじめない人は是非お試しください。

 
 
 
サムスン電子さんからモニターとしてお借りしているGALAXY S5ですが、プリインストールアプリにSノートやスクラップブックが無く、GALAXY Note 3ユーザーの私としてはちょっと残念に思っておりました。

が!!!

使えました〜〜〜〜〜♪



ホームにデフォルトで貼ってあるウィジェットの「GALAXY Essentials」をタップするか、



Samsung AppsのカテゴリーからGALAXY Essentialをタップすることで、ダウンロードページに移動します。



ScrapbookとS Noteです。
英語表記ですが、インストールしたら普通に日本語でした。



Sノートが起動しました。
ここでSamsungアカウントかEvernoteアカウントで同期すると、以前の情報が表示されます。
私はEvernoteで同期していたのでEvernoteで同期しました。



以前に描いたSノートの落書きが出てきましたw
Sノートはペンこそ使えませんが指などで書く分には普通に使えます。

そしてGALAXY Note 3で多用していたスクラップブック。
気になるページがあるとササッとスクラップを取っていたので、これが使えるのはかなり大きいわけで。
こちらはSamsungアカウントで同期していました。



貯めたブックマークが復帰しました〜〜。
スクラップするには、保存したい画面で共有でスクラップブックを選ぶと保存されます。
GALAXY Note 3のようにサムネイル画像を選択して保存はできませんが、嬉しい機能です。

Sノートもスクラップブックも、ペンがあってこそ生きるアプリだとは思いますが、情報を蓄積する物なので機種変で移行できるかどうかは大きなポイントだったりします。
これで、Noteシリーズから乗り換えの人も安心ですね。


現在サムスン電子様よりモニターとしてGALAXY S5をお借りしています。
GALAXY待望の指紋認証機能が搭載されましたので、早速試してみました。



端末設定>クイック設定>指紋スキャナーをタップします。



指紋管理をタップします。
指紋認証を設定するには「代替パスワード」を別途設定が必要です。



右上の+アイコンをタップして登録を始めましょう。
指紋は三件まで登録可能です。



免責事項に同意します。



画像の通り、登録したい指でホームボタンを上から下になでます。
指全体でなでていなかったり、場所がずれたりしている場合はアラートが表示されるので、再度行ってください。
8回スキャンが正常に完了すると登録されます。



画面ロック方法を指紋に指定すると、画面ロック解除に指紋認証を使うことができます。



私はスマートフォンを片手で持つ癖があるので、写真の親指の角度で指紋認証できれば最高だったのですが、私の指ではなかなかうまくいきませんでした。他の人に聞くと、横向きにスキャンしてもうまくいっている人もいるので相性なのかもしれません。
右手で持って左人差し指で解除するのが一番スムーズです。
慣れるとほとんど失敗せずにロック解除することができましたが、これも人によって癖があるので個人差があるかもしれません。



私は使っていないのですが、指紋認証を利用してPaypal決済もできるようです。

また、指紋認証でギャラリーや連絡先などのプライベートな情報にロックをかけることもできます。
端末設定>個人設定>プライベートモードを開きます。





プライベートモードは、ギャラリー、ビデオ、ミュージック、ボイスレコーダー、マイファイルの指定のファイルをプライベートに設定し、プライベートモードの設定OFFにすることで他人から見えなくする機能のことです。



プライベートに設定するには、プライベートモードONの状態でファイル(フォルダ)を選択してメニューから設定できます。



ロック解除方法は、指紋の他パターンロック、PIN、パスワードも設定することが出来ます。
プライベートモードをオンにしたらプライベート情報を指定してみましょう。



ギャラリーのフォルダを長押ししてメニューアイコンをタップし、[プライベート]に移動を選択するとそのフォルダがプライベートに指定されます。
プライベートに指定したフォルダは、プライベートモードをOFFにすると見えなくなります。

指紋認証はロック解除がなんと言っても楽なので、搭載してくれて嬉しい機能の一つです。
プライベートモードについては、モードをオンオフしないと所有者もプライベートフォルダを見れなくなるので、通常はプライベートモードON、人にスマホを触らせるときやオフィシャルな場ではOFFにするといった使い方がいいのかな、と思っています。

先日のGALAXYアンバサダータッチ&トライイベントで、サムスン電子株式会社様よりGALAXY S5 SC-04FホワイトモデルとGear Fitをお借りしました。



現在、こんな感じになっておりますw
上がGALAXY Gear、下がGear Fitです。



白黒のツーショット♪



GALAXY GearとGear Fit♪



Gear Fitかわいいよ、Gear Fit。



白はなかなか綺麗な色でした。



家の人のGALAXY S5を購入したときにもらったゴールドのリアカバーです。
借り物を汚すのもなんなので、これを着けて今使っています。

Gear Fitですが、GALAXY Gearに慣れていると軽すぎて笑っちゃいます。
通常縦表示にして使っていますが、通知で本文を読むことが出来たり、非常に便利です。
睡眠ログを取る機能もあって面白いですね♪
ベルトが穴に突起を押し込むだけなので、子供と格闘していると落ちるときがあるのだけは要注意です。
家の人がGear 2を持っているので、色々比較して見ていきたいと思います。
なんといっても防水だから炊事中も取らなくていいってのが最高ですよん。 
自他共にGALAXYアンバサダーな私。旦那さんもGALAXY Sから新機種が出るごとに購入していたし、私もGALAXY Noteから三代Note使いです。
5月15日に都内某所で開催されたサムスン電子様主催のGALAXYアンバサダータッチ&トライイベントに幸運にも参加させていただくことができたので、その様子を紹介いたします。

実は家の人のGALAXY S5とGear2を購入した帰りだったりw



今回の軽食はこんな感じ♪始まる前にペロリと平らげちゃいましたw



サムスン電子の南さんからご挨拶。



続いて糸櫻さんより、GALAXY S5とGear製品についてのプレゼンテーションがありました。
カタログに書いていることを話しても面白くないので、それ以外の話をしたいとの言葉にテンション上がります♪

■何故GALAXY S5はうまれたか?

GALAXYシリーズの中でもSシリーズはフラグシップモデル。先進の機能を搭載したハイスペックモデルを提供してきました。
Sで、有機ELを搭載し、綺麗にスマホの画面を見てもらおうとしました。
S IIでは、初のデュアルコア。
そして、スマホは大衆化し、もうスマホは完成して進化しないのでは?と思われるようになりました。
スマホにあれこれ盛り込むだけでは無く、スマホとは何であるかという基本に立ち戻って考えた結果がGALAXY S5だそうです。

■GALAXY S5の3つの柱

1)カメラ
スマホのカメラでもきっちり撮りたい要望に応える。
2)省電力、防水防塵
防水はグローバルでは必要ない声もあったけれど、発売後防水が世界でも受けている。
サウジアラビアでは砂埃の問題から防塵機能が重宝した。
シンガポールではスコールがあるので、これまでの端末では怖くて外に出せなかったので防水はありがたいようだ。
省電力はずっと使える、防水防塵はずっと持てる、そんな端末を目指す。
3)心拍数モニタ
ウェアラブル端末と繋がってくる。

次はひとつずつ掘り下げたお話です。

■アウトカメラ
3大がっかり写真を改善。

・ピンぼけ→高速AF
・逆光→リアルタイムHDR
・ありきたり→選択フォーカス

高速AFは位相差AFで0.3秒(まばたき程度)の速さでシャッターが切れます。
リアルタイムHDRは、ファインダーで仕上がりのHDR効果をリアルタイムに確認しながら撮影出来る機能のことです。
選択フォーカスでは高速AFを生かして焦点のちがう写真を何枚もデータとして保存することで、近く、遠く、全体にフォーカスの合った写真をギャラリーから変更することができます。instagramや他のスマートフォンのようにぼかし効果を入れるのではないので、クオリティに自信があるとのことです。

■インカメラ。自撮りに適した仕様に。

インカメラは、画角度90度の広角レンズで自撮りに適した物になっています。
腕の長さでどうしても近すぎる写真を撮りがちですが、このカメラなら余裕で数人で写真を撮ることが可能です。
インカメラの画素数は210万画素となっています。

■熱問題について

防水にすると発熱問題が?という問いに対する答えは電池形状でした。
発熱効率を考えて発熱するCPUの上に発熱する電池が配置されないよう、棒状の電池を採用しています。
これが出来るのは自社で電池も作っている強みだそうです。

■液晶は濡れても使いやすいフッ素コート

ぬれた後べちゃっとすると乾いた布で拭かないと取れないが、拭かないと誤作動してしまいます。
その対策として撥水効果のあるフッ素コートをかけており、水滴が丸くなり、軽く振ると水を切ることができます。
分厚く塗ると反応が悪くなるので、極力薄くかけて取れなくしています。
皮脂にも強いので、指紋やファンデーション汚れも乾いた布で綺麗になります。

■心拍数モニター
カメラの下のセンサーに指を当てると赤い光が出て測定できます。心拍数の測定によって何ができるかは今後に期待して欲しいとのことです。心拍数と連動した面白いアプリもできるかも???

■防災インフォ、生活インフォ
東日本大震災での緊急地震速報がヒントとなり、同じようなことを世界でも出来ないかということで始めたサービス。
サウジアラビアでは高温注意報や砂嵐注意報。
地震以外でも台風、大雨、大雪などもやっていくそうです。
生活インフォでは防災より軽めの花粉、黄砂、PM2.5などの生活情報を配信していきます。
ウェザーニューズの情報を使っていて、ウィジェットに表示されるのでアプリを開かなくても便利な情報をゲットすることができます。

■指紋認証

15日にプレスリリースされ、Paypal決済にも対応しました。
ロック解除、プライベートなデータへのロックに対応しています。指紋は3つまで登録できます。

■ハイブリッドダウンロード

ネットワークのスピードについて端末メーカーとして出来る事の一つの答えだそうです。
まずはダウンロードから対応し、いずれはアップロードも???
LTEとWi-Fiを両方使ってダウンロード出来る機能で、二つの通信速度を足して8割くらいのスピードが出るそうです。
LTEを使う分通信料金がかかってしまうので、料金かかっても早く落としたいときなどに便利な機能です。

■Gearシリーズ

ウェアラブル端末にはものすごいこだわりがあり、スマートフォンを手に持たなくても様々な事ができるという便利さはじきに広まると考えているそうです。
GALAXY Gearを進化したら2つのモデルに分かれたそうです。
腕時計にはこだわりを持った人も多く、その腕時計をやめてまで、というのはハードルが高いようです。そういった腕時計を変えたくない派に、腕時計と一緒に使っても大丈夫なバンド型としてGear Fitが生まれたそうです。

<Gear 2>
・前機種よりスリムに
・カスタマイズできるようになり、フォント、壁紙にも対応。
・前機種は対応アプリだけだったが、全てのアプリの通知を受けられるようになった。
・防災インフォも受けられる。
・電源ボタン3回押しで登録した緊急連絡先(4つまで)にSMSで連絡できる。
・本体メモリに音楽を転送し、スタンドアローンで音楽再生可。
・防水防塵になった。
・TVリモコンとしても使える。
・バッテリー容量は減ったが、Tizen OSになり省電力に。OSを深部までいじれる事による恩恵。

<Gear Fit>
・電話に出る、カメラ以外の機能はGear 2とほぼ一緒。
・電話には出られないが、通話拒否、SMS返信は可能。返信の定型文は事前に登録した自分の言葉で返せる。

駆け足でメモ的にプレゼンの内容を紹介しましたが、フッ素コートは霧吹きで水をかける実験をして、なかなか面白かったです。お風呂で使うときには良さそうです。

そして、モニター品をかけた大じゃんけん大会。
うちでGear 2をすでに持っているのでGear Fit狙いでしたが、念を込めた結果無事Gear Fitのモニター出来る事になりました!
神様、ありがとう!!!




S Viewカバーの中でも、白はパールが入っててなかなか綺麗な色です。



白のボディと相性バッチリです。



GALAXY SHOPで5月下旬に販売予定のブランドコラボレーションカバーも展示されていました。
英国シューブランドNicholas Kirkwoodのものです。



このGear Fitのバンドがめっちゃスタイリッシュ!



Gear 2のバンドも素敵!
バンドごと欲しくなっちゃいました♪



何ともインパクトのある展示もありましたw
ゲームパッドでかいっすw





水滴を拭きかけたGALAXY S5さん。



リアルタイムHDRのデモです。
左がGALAXY S5、右がどっかのメーカーのスマホです。



ずらりとカバーが展示されていました。



Asukaさんw決まってます。

お借りしたGALAXY S5は、ドコモ版のホワイトをお借りしました。
基本Wi-Fi前提でのレンタルとなりますが、SIMを使う場合は自己責任、とのことです。
ウェアラブル端末との連携で使うなら、ガッツリメインで使ってみたいのですが、どーしようかな、と思っている次第です。

今回は楽しいイベントを開催して頂いてありがとうございました。モニターがんばります!

 
以前に紹介したGALAXYアンバサダーイベントですが、実はNTTドコモのGALAXY Note 3 SC-01FとGALAXY J SC-02Fも体験することができました。
NDA契約により10月10日まで開示出来なかったので、すっかり報告が遅くなってしまいました。
GALAXY Jは、これまでサムスンのモデルがグローバルモデルをローカライズして日本展開していたのと異なり、最初から日本向けに開発したモデルとなっています。
カラーリングにもこだわり、ホワイト、ブルー、ピンクのポップな三色を取りそろえたとのことです。
今回はピンクと白をお触りできました♪



GALAXY念願のストラップホール!!
これは嬉しい!!



ホームボタンがメタリックにカラーリングされています。



背面はツヤツヤな塗装になっています。
ピンクはスモーキーなピンクで、大人の女性に似合う感じです。
ちょっと指紋が気になりましたが・・・



ロック解除は、ロックボタンをタッチして解除するタイプ。



プリセットはドコモの新ホームアプリ「docomo LIVE UX」でした。
これを触ってるときは分かりませんでしたが・・・



白と並べてみました。
白はピンクとは違い、マットでヘアライン加工がされています。



こちらは指紋が気にならなそうです。



正面。
白はホームボタンが白になっています。



下から。

スッキリしていてオシャレデザインです。
ただし、日本向けなのに防水非対応なのは残念でした。
こちらのGALAXY JもGLAXY Gearに対応しているそうです。

スペックにも妥協が無くNote3同様クアッドコア2.3GHz CPU、3GB RAMを搭載しています。
Note 3が大きすぎると感じている人、GALAXYにストラップホールを求めていた人にはおすすめのモデルでは無いでしょうか。

筆者はNote 3を購入済みなので買いませんが・・・