以前はよく携帯動画変換君で着うたを作成していた私。
最近はめっきりやらなくなりました。
理由は、iTunes&QuickTimeのバージョンが上がってしまったため。
ソフトウエア開発が2005年に終わってるこのソフト。
新しいバージョンのQuickTimeだとエラーが出てしまうようで。
変換のまま固まってしまうことしばしば。
ただ、着うたのためだけにダウングレードするのもなんだかなーー・・・と思っているうちに月日は流れ。
対処法はあるのでしょうが、探してまでやるほどの意欲もわかず。

そんなこんなで、着うたの入れ替えをほとんど行ってなかった私。

久々に入れたい曲が出てきたので、再チャレンジ。
シェアウエアでこんなソフトを見つけました。

着うた変換ツール 3GX

着信登録可の3gpが作成できるのはありがたい。
今回試さなかったけど、音源ファイルを編集もできるのだとか。
音楽CDからの切り出しも可能のようです。

で、シェアウエア1,785円
20日間25回までの試用が可能です。
私はとりあえず試用してみました。
FOMAなので、3gpの変換です。
形式はストリーミング、モノラル、ステレオから選べます。

ビットレートは、8000Hz、16000Hz、24000Hz、32000Hz、44100Hzから選べます。
ビットレートが上がるほど高音質になりますが容量も食います。
10Mのiモーションに対応していない機種だと500KB制限がかかるので、曲の長さと相談しましょう。
私は905iだから最高音質で作ってみました☆

FTP経由で携帯に転送して無事、着信音に設定することが出来ました。

使い方がとても簡単なので、一度お試ししてみるのもいいのではないでしょうか。
 私、Mora×SO905i使いのため、Sonic Stageは割りと使います。
ちょっと前にSonic StageCPからSonic Stage Vへバージョンアップしました。
「使い勝手が向上」と書いていたうたい文句に惹かれて・・・ね。

しかしながら、これがまた使いづらい。
曲検索がしづらいし、妙に視覚的に凝っていて見づらいし・・・・。
何といっても重い。
私は5年以上経過する古いPCを使っております。
Vistaなぞではございません。
メモリも特別増設しておりません。

なのに、最近のフリーウエアはどこもかしこもVista仕様なのか重い。
流行なのかもしれないけど、古いパソコン愛用者にもっと優しくしてほしいものです。

Sonic Stageはフリーウエアで、Moraと連動させなくてはならない。
Moraを売らなければいけない関係からか、常時フラッシュの広告が出ているのも重い要因。

そして、困ったことが2つ。
一つは再生中に曲が無音になること。
メモリリソースが足りなくなったからなのか、バグなのか分かりませんが。
具体的に言うと、1曲終わって次の曲に行ったときにこの現象が起こる。
再生バーを最初に戻すと音が再生されるのですが、これは困る。

もう一つは、SO905i自体の問題。
ATRACモードで接続すれば普通に同期できるのですが、microSDモードで接続すると全く認識しない。
PC側では認識してるので、Sonic Stage Vでサポートされてないということなのかも。
Sonic Stage CPではmicroSDモードでも同期できたので、mp3のままとか、AAC形式でも転送できたのです。
すでにPCに取り込んである曲だと、こっちのモードで転送するほうが多かったから、これは不便。

この2つの理由から、決心しました。
Sonic Stage CPを使おうと。
微妙にVとCPでは購入楽曲保存場所が違っていたので、少々移行にはてこずりましたが、何とか終了。

Vはアンインストールすることにします。
しかし、新しいバージョンがこれでは・・・・・・・・。
もうちょっと使う人の身になって作って欲しいものです。

iTunesも、以前より重くなってきていて、音楽を聴きながらほかの事やるときに影響出てきてます。
お願いですから、ソフトウエアは軽くしてください。
無料なので、強くは言えませんが、私はiPodもウオークマンも愛用してます。
だから、お願いしたいです。

 前回、OASYS LX-3000で描いた絵を載せたのですが、かぼすさんにお褒めの言葉を頂戴いたしました。お世辞でも(いや120%お世辞なんだけど)うれしいですwww

ってことで、せっかくなので(?)当時真面目に描いたイラストを少々のせとこうかと思います。

ちなみに全部画面を撮影したものなので、写りの悪さはご容赦くださいませ。
(プリントアウト・データ移行が出来ないため)



これは、魔方陣グルグルですね。
覚えてる方、居ますか?
テラ懐かしすwwww



これは、CLAMPの漫画「聖伝」の阿修羅というキャラクターですね。
漫画自体今はどっかいっちゃいましたが。
エアブラシで点描までやる暇さ加減には自分でも感心しますwwww



これは・・・・・・上手い下手よりも・・・・・・
吹きましたwwwwww
TMNの3人なんですけどね。
当時大好きだったTKをおじさんと描いてしまうあたり、ツンデレの極地wwww



最後に、自画像・・・・みたいです。
全然似とりませんがorz


落書きをしていて、一番楽しかったのが網掛け模様を塗ること。
「スクリーントーン貼ってるみたい〜〜〜!!」
と、当時漫画を描いたりしていた私はうれしくなったものです。


・・・・しかし、クリエといい、OASYSといい、私にかかるとお絵かきマシーンになっちゃうんですね(苦笑)
 久々に押入れから、昔懐かしいものを出してみました。



じゃん!!!
富士通のパーソナルワープロOASYS LX-3000です

これを買ってもらったのは95年の3月。
高校に合格したご褒美でしたね。

開くとこんな感じです☆



分厚いし、重いし、場所を取るヤツでした。

中学校の時に図書館だよりを作る立場で、私は原稿は書いたけど、編集は委員長の子がやっていて。その彼がものすごいレイアウトを作ってくるのね。
それを見て、今のワープロって凄いな・・・・・って思って。
(当時、Windows95が出る直前だったので、今ほどはパソコンは主流ではありませんでした)

で、どうせならデータも互換性があるし、ってことで、委員長が所有していたOASYSと同じメーカーを購入しました。

「タッチひろし」のCMで有名だった機種ですが、覚えてる人居るかなぁ?



キーボードはこんな感じ。
JISキーボードと、富士通独自の親指シフトキーボードの二種類があったんですが、富士通独自の形式に慣れたくなかったので、JISタイプにしました。
昔ながらの打ち心地のいい、音の気持ちいいキーボードです。
(だからこその厚み?)



メイン画面はこんな感じ。
ハイパーフォームってのは、形式を先に読み込ませてそれにあわせて文字がレイアウトできるって機能だったと思います。
コピーってのは、スキャナ機能を利用して文字通り複写が出来たんですね。
そう、スキャナ機能があったんですよ。
その読み込んだ写真データとかも、文書にレイアウトとか出来ました。



ディスプレイは「タッチひろし」の名の通り、タッチパネルでした。
指か付属のペンでタッチしてました。
なので、手垢で汚いです><



そのタッチパネルの機能が生かされたのがこれ。
イメージ作成機能です。
お絵かきが出来ました!!!
これで遊んでることが実はかなり多かったのです。



久々に絵を描いてみたよーーーー☆
ペンなので、当然ですがマウスより綺麗に書けます。
やっぱタブレット欲しいなぁwww



文書も打ってみました。
やっぱり当時は快適に使っていたキーボードですが、癖がかなりあるみたいで、結構しんどかったですね。
文字編集も結構面倒でした。


ちなみに、現在インクリボンが無いので印刷はできまへん。
しかも、感熱紙もない・・・・。
今、そもそも売っているのかも謎です。

このワープロでお遊びで色々嘘の新聞とか作ってあそんでました。
そのうち、一つを紹介します。



ちなみにタイトルロゴはイメージ機能で自作しました。
しかも、普通に図書委員会で使ってました(笑)


このワープロと過ごした3年間があったから、大学で自由に大学のPC使えるようになった時に普通に扱えたし、のめりこんでいったのだと思います。
場所は取りますが、未だに捨てられない思い出の品なのでした。
 私、ニコニコ動画が大好きなんですが、一つ悩みが。
NMM動画(ニコニコムービーメーカー)が保存できないことなんです><

ちなみに、flv形式の保存方法はこちら参照☆
ニコニコ動画の楽しみ方

上記記事には書きませんでしたが、CravingExplorerというソフトも愛用しています。
これはブラウザソフトで、動画を検索したり、画面に現れる「動画を保存」「音声を保存」リンクをクリックすると保存してくれるお手軽さがおすすめです。
最初から音声のみ保存も出来るので、HugFlash使うより手軽ですよね。
しかも、flvで保存したあとで、mp3やwevの音声形式で抜き出したり、mpegとかAVI形式の動画に変換したりもできるから、インストールしといて損は無いと思います。

このソフトを使って、NMM動画で「音声を保存」を押すと、「ニコニコムービーメーカーで作成された動画は音声のみ保存できません」的なメッセージが出てしまいます。
そこで、「動画を保存」で「変換せず保存」をクリックすると、swf形式で保存してくれます。
このswfファイルを、HugFlashへドラッグ&ドロップしてみましょう。

あ〜〜ら不思議。
mp3ファイルが抽出できました☆☆☆

HugFlashの入手先はこちら

ちなみに、SmileDownloderではNMM形式は旨く保存ができず、DownloadHelper(Firefoxのアドオン)ではswf形式で保存できました。

これで、音源は保存できるようになりました♪♪



ドンマイドンマイ♪泣かないで〜〜〜〜☆
ってことで、iPodの中身を充実させてきます。

 最近、私がお風呂に入る時に使っているのがポーダブルスピーカーとiPodnano。



こういうやつです。
スピーカーは単4電池2個で動き、缶の中に電源スイッチがあります。
電源スイッチを切っておかないとあっという間に電池が切れるので要注意です。
この電源を入れて・・・・



こんな風に、スーパーのビニール袋に入れて口をコブ結びにしてしまいます。
(何という見た目wwwww)
このまま、お風呂に持ち込んでます。
我が家のお風呂には洗面台がついてて、そこの中に入れとくと、しぶきってあまり飛ばないので、意外と大丈夫です
しかもビニールの上からでもちゃんとiPodは操作できます。


音質は正直あまり良くないですが、お風呂の中なので贅沢は言いません。
これまでお風呂CDプレイヤーが欲しくてたまらなかった私。
これでも、あると無いでは大違いです
お風呂になかなか長く漬かれない私にとって、これは無くてはならないものになりました


こんな地道な努力もしている私でした(笑)
 今、私はちょっとだけブルーです・・・・。
大好きなのっくのブログが、炎上によって現在更新の無い状態になっています。
つーのさんのところも炎上したけど、3日くらいで更新再開&スルー呼びかけしました。
その後、普通に更新されてます。
が、のっくのブログはコメントは3日くらいで復活したものの、その後更新がありません。

最近スマイリーキクチさんのブログを荒らした19人がタイーホされましたね。
そう、バレるんです。
ネットって意外とちゃんと個人情報の痕跡は残りますのでね。
分かるしかけになってる。
それでも、自分はばれないだろうって思ってアホなことをするおばかさん。
だいたいそういうオバカさんは、海外のプロバ経由したりといった偽装工作をする術すら知らない程度の人が多い。

今、PCより携帯からブログを見る人も多くて、そういう人ってネチケットとか、ネットの怖さとか全く分かってない人が多くて。
つーのさんが言うような「スルー」すら知らない人が多すぎる。

のっくのブログも相変わらずオバカなコメント書いてる人も居るし。
悪意よりむしろ善意なんだろうけども、裏目に出てるみたいな。
大体こういうの書いてる人ってネットの事何にもしらない携帯厨なんだろうな・・・・。

そういう人たちは2chを半年ロムってからコメントを書くべきだと、心底思いました。


芸能人って標的にされやすい存在ですからね。
コメント欄閉じて、更新だけ続けてくれるほうがありがたい気もします。
 我が家のプリンター、とってもKYなプリンターでして・・・・
年賀状作ろうとしたら、インクのゲージが6色満遍なく0に近かった・・・・・orz
カートリッジ6色セットって5千円もするんだよね・・・。
ここで年賀状を作る意欲が少々うせる。

しかし、毎年年賀状でしか交流できない人も多々いるし。
年賀状が無くなったら音信不通になりかねないわけで。
年賀状って口実で繋がれるってケースもあるし。
やっぱりちゃんと書こうかと。

で、プリンターインクを買いに行ったのですが詰め替えインクなる製品を発見。
6色セット+専用工具の詰め替えインクで5400円くらいだった。
「これ一つで6色×3回交換」
この文字に惹かれて買っちゃった・・・・。

しかしながらこれがまたしんどい。
ちゃっちいビニ手はついてるけど、つけてるとめっさ作業しづらいし。
あちこち汚れるし。
6色すべて交換したから手が6色に!!!!

何故かブラック交換した後、はがきに引っかかるのか、角がちょっと汚れちゃったし。
あんまりお勧めできないなと思いましたね。
慣れればいいんでしょうけども・・・・・。

でも何とか年賀状刷り終わりました。
あとは一言書いて出すだけ!
なんだかんだで例年より手際がいいですwww
 使えなくは無いんだけども、パソコンにガタが出始めてる。
まず重い。
まあ、動画見たり保存したり、メモリ食うことやってるから仕方ないけども。
メモリ増設とかすれば重さは解決しそうだけども。
だけど、前より確実に動作が重い。
そして、iTunesが何故かパープル。
グラフィックがいかれてるのか・・・・?
そして、CD-Rドライブが確実に寿命。
正規のCDは読めるけど、CD-Rが読み込めない。
ブランクCD入れても読まない。
なので、iTunesとかで購入した楽曲を焼くことも出来ない。
あうあう・・・・・・
使ってるとすぐに加熱するし。
そんなこんなで、微妙なところでガタが出てきてる。
外付けHDにデータは一定期間で移動してるから、実害は少なそうだけども・・・・

まあ、購入して5年くらいなるから仕方ないか。




これ壊れたら買えないよ・・・・・・
パソコン無かったら私の文化的生活崩壊間違いない。
大事に使わなくては・・・
芸能人がマイミクに--mixi「公認アカウント」でファンとの交流も

この記事を読んで、真っ先に思ったのが、mixiがアメブロのまねを始めたということ。
タレントブログの中でも、上地雄輔などを採用し、成功しているアメーバブログ。
アメブロにはアメンバーという機能があり、登録すると、アメンバー限定記事が見れたり、更新をメールでチェックできたりする。(後者は、読者登録でも可能だが)
でも、私はmixiという文化にこの芸能ブログ化は根付かないと思う。

私自身の感覚として、mixiはクローズな場所としてとらえている。
リアルに知り合い同士や、その知り合いが交流できる場所、という意味だ。
基本的にmixiには素性のわからないマイミクは居ないし、作るつもりもない。
mixiで知り合ったマイミクが居るには居るが、同じ趣味を持つ同士とか、ある一定のラインは設けている。
また、逆にリアルに知り合いだけど、この人には見られたくない、という人もいる。
mixiだけは特定されたくない、と思って、プロフィールなどではあまり分からないようにしているつもりだ。
だけど、マイミクになった人たちに向けては、素の自分をそのまま吐き出している。
mixiの私=リアルの私、と言ってもいいと思う。

それと逆にブログはオープンな場所。
誰にでも見てほしいし、より多くの人から意見がほしい。
私という一個人ではなく、私の考えとか、そういうものを書いていきたい場所。
私がどういう人間であるかは、ブログ上ではどうでもよくて、私の考えについてどういう意見が貰えるか、それに重きを置いている。


これらのことがどう最初の話に繋がるかというと、芸能人のマイミクになるということは、自分を表にさらけ出すということ。
コメントをするにも、自分のプロフへのリンクが出てしまう。
ブログに匿名でコメントを寄せるのとは訳が違う。
リアルの自分が芸能人と繋がれるのをうれしいと感じる人は多いかもしれない。
でも、私はそこに自分を晒すことへのリスクのほうが重く感じる。

mixiという場所は、あくまでSNSであるべきで、それでこその招待制のはずだった。
だけど、ユーザーも増えてきて、ビジネス的にも成立させなければいけなくなってきて、あれこれ方策を考えているのも理解できる。
だが、どうしても私から見て、mixiは迷走しているように見えて仕方ないのだ。

モバイルmixiで月額315円でキャラデザインのTOPデザインにできる「mixiコレクション」が始まった。(これまでは無料でシンプルなものは提供されてきたが)
これも、モバゲーなどの携帯SNSを強く意識しているようにしか見えないのだ。
この有料サービスが、mixiプレミアムと別サービスというのも鼻につく。
私は文字装飾をしたいのでmixiプレミアムにしているが、正直、ブログでは無料でできることを有料としていること自体、ユーザーが多い事への驕りではないかと感じている。

これからもmixiはいろいろと模索していくのだろうが、私にとっては閉じた世界のままであってほしいものである。