GALAXYアンバサダープログラムのモニターキャンペーンでGALAXY Tab Sのモニターをさせていただくことになりました。
GALAXY Tab Sは、8.4インチと10.5インチの二種類が販売されていますが、今回お借りしたモデルは10.5インチとなります。
厚さ6.6ミリのスリムボディで、465gと非常に軽量です。
早速開封してみました。



箱は、GALAXY S5やGALAXY Note同様に木の箱のイメージです。



裏面には製品の仕様が書かれています。



箱を開けると、袋に入った本体が迎えてくれました。



神々しく輝いています。
※嘘です。反射してしまいました。
色はブラウンです。



背面は、GALAXY S5と同様にポチポチのあるデザインです。
個人的には、このデザイン、音楽室の防音壁を思い出してしまうのですが、手触りは非常にいいですよ。



左側面にはイヤフォンジャックとスピーカーがあります。



右側面にはスピーカーとmicroSDスロット、microUSB端子があります。
Note3ではUSB3.0に対応していましたが、こちらは通常の端子形状でした。
Wi-FiモデルなのでSIMスロットはありません。



カメラは800万画素CMOSを搭載しています。
ライトがついていますので暗いところの撮影でも安心です。



GALAXY Tab Sはキャリアモデルではありませんので、ロゴはSAMSUNGの文字が!



GALAXY S5同様、ソフトキーは右が戻る、左がタスクキーになっています。



電子書籍を読むと、GALAXY Note3(左)の1ページ表示より、GALAXY Tab Sの見開き表示の方が大きいのが分かります。
漫画を読むのには最適ですね!
Note 3の約3倍の大きさがありますね。

忙しくてまだちょっとしか触れていないのですが、ファーストインプレッションを。

・個人的には横ベースが使いづらい

これは、iPadに慣れているせいでもあるのですが、横向きに持つとホームボタンが押しにくいんですね・・・。
8.4インチモデルは縦長ベースになっているのですが、10.5インチは横向きに使うことを想定しているようです。
で、縦に持って使いにくいかというと、意外とそうでもなかったりします。
縦で持った状態で指紋を認証しておけば、ロック解除もスムーズですし。

なので、見た目はちょっと変かもしれませんが、私は縦で使ってます。その方がタイムラインも読みやすいし。

・二画面モードは便利



画面がとても大きいので、左右に別々のアプリを起動しても快適に使うことができます。
Note 3の大きさではやっぱ狭く感じてましたが、これなら使おうかなって気になりますね。

・10インチはアリか?

私は10インチ級のタブレットは所有しておらず、薄くて軽いけど、やっぱり大きいなーってのが正直な感想でした。
それは、私のタブレットの使い方が手に持って使うのが主流だったからです。
そうすると、やっぱ手には余るし、重たいな・・・と感じることも。

でも、テーブルに置いてQWERTYキーボードで文字入力していると想像以上に快適で、これはこれでアリだな、と思うように。
今、iPad miniを使っているのですが、写真の同期がめっちゃ時間かかるんですよね><
GALAXY Tabなら大容量のSDカード買ってきてパソコンから保存するだけだからスムーズな気がします。

これからのモニター期間、自分なりの10インチ活用方法を模索してみようと思います。
今のところは読書が最優先用途かな?

しばらくじっくり使ってみてまたレビューしたいと思います。
サムスン電子様よりGALAXY S5とGear Fitをお借りしています。
楽しかったモニター期間もあとわずか。
何となく手持ちのデバイスと同じ被写体を撮ってみました。


GALAXY S5



Xperia ZL2おまかせオート

おまけ。


iPhone 5c HDRオン


Lumia1020

色の感じがそれぞれのデバイスで癖があり、もう好みの問題になっちゃうような気がします。
最近のスマホカメラはどれも綺麗ですからねー。
他の人みたいに、ここがアンダーで・・・ここが飛んでて、とか言えるといいのですが、詳しいレビューが出来なくてスミマセン。

Xperiaのおまかせオートはシーンによって効果を勝手にかけてしまう感じがします。
例えば人物の自撮りだと肌荒れを補正しちゃったり(苦笑)
自撮りの写真載せれば分かりやすいのかもしれませんが、公開できる代物ではないので自重します。
実物に忠実に撮れるのはLumia1020でしょうか、やはり。

Xperia ZL2はインカメラの画質が残念画質なので、基本アウトカメラで撮るような感じです。
GALAXY S5の広角インカメラはなかなか優秀で、インカメラで撮影しようとすると子供がすごく喜びます。
自分が見えるのが面白いんですね。

GALAXY S5との楽しい日々も後もう少し。
寂しいですが、あとちょっと楽しみたいと思います。
サムスン電子ジャパン様よりGALAXY S5とGear Fitをお借りしていて、先日私物でGear Fitも購入してしまったちえです。
私物で購入したということで、アンバサダーイベントで見て一目惚れしてしまったNicholas kirkwoodコラボの交換ストラップを購入しました。GALAXY Shop限定と聞いていたのですが、ビックカメラ.comで普通に売っていたのでよかったです♪
価格は税抜価格4,180円でした。


パッケージ。


正面。


裏面。

>>>>>>>>>>>>のように、グラデーションっぽく仕上げられているのでスッキリ見えます。
模様は白では無くシルバーで描かれてます。



ストラップは工具を使わなくても、本体の溝から外せば簡単に外れます。



本体ユニット。ちっちゃいですねw



同じように溝に沿って押し込むと簡単に装着できます。



できました〜〜〜!
やっぱ、一目惚れしただけあって満足度高いです!
白とシルバーという落ち着いたデザインなのでどんな服装にも合いそうです。


私物のGear Fitを手に入れたので、我が家にはモニター品のGear Fit、私物のGear 2、私物のGear Fit、GALAXY Gearの4台のGear端末がw
何というGear充でしょうか・・・。
私はモニター品のGear Fitを使ってるので、Gear 2、Gear Fit好きな方着けてっていいよと言ったところ上の写真のような事に・・・。

まさかの両方!!!

旦那のメイン機種がGALAXY S5、サブがGALAXY Note IIなのですが、S5にGear 2を、Note IIにGear Fitをペアリングさせて使っております。

どんだけGALAXY充w
(あ、嫁はGALAXY Note 3がメインなんですがw)

二台着けているからこそ分かることもあるそうで、ディスプレイ点灯感度はGear 2のほうが頻繁で、ちょっとした動きでもすぐに画面が点灯するそうです。Gear FitはGALAXY Gear並の感度なんだとか。
それもあってか、Gear 2のほうが電池が減る気がする、と。

Gear 2は、通知の画面が出るときに最初の一瞬、通知一覧の一番上に「削除する」が出るそうなんですが、そこをうっかりタップして消してしまうことが多いらしく、そこはGear Fitのほうがいいなぁ・・・と言っていました。

Gear Fitを縦表示で使っていると読みやすく、通知を見るという観点で言うとGear Fitのほうがお気に入りのようです。

右手にGear Fit、左手にGear 2。スタメンを勝ち取るのはどちらなのでしょうかw

サムスン電子ジャパン様からモニターとしてGALAXY S5 SC-04Fをお借りしています。
今日は、天気も良かったので馬事公苑にお散歩に行ってきました。


HDRオン


HDRオフ

GALAXY S5のリアルタイムHDRはワンタッチで切替できるので、気軽に使うことができます。
結構優秀なのでオンのまま使っていることが多いです。


選択フォーカス(近焦点)

選択フォーカスを使って撮影してみました。
自然な感じで立体感が出ていますね。
撮影するのに被写体を認識させるのにちょっとだけ手こずりました。
ソニーの背景ぼかしも使ったことがあるのですが、そちらのほうが割とすんなり使える印象です。
便利だけに、もうちょっと柔軟に認識してくれないかなぁ・・・と思ってしまいました。


インカメラで自分撮り

広角インカメラで自分撮りをしてみました。
普通インカメラって、ほとんど自分しか写りませんよね。
このカメラなら、背景に一緒に写したい物をフレームすることができるので、例えば旅行先などでも活躍しそうですね。


ITmediaでおなじみの黄色い滑り台

ITmediaで荻窪圭さんの携帯カメラレビューでよく使われている被写体です。
いち読者としてよく読んでいたシリーズなので、実物を見て感慨もひとしおでした。
そんなわけで、カメラレビューするときは使わせてもらってる被写体です。





こんなに真剣に滑り台を撮ってる人ってちょっと怪しい????
周りに人が誰も居なかったので思う存分撮影していました♪

GALAXY S5は音量ボタンをシャッターボタンにすることもできますので、きちんとホールドして撮影することができます。
自分撮りには物理ボタンがあると便利だと感じました。

 
サムスン電子ジャパン様よりモニターとしてお借りしているGear Fitを私物のGear 2とざっくり比較してみました。

■重量

重さを測ってみました。



Gear Fitは27gです。



Gear 2は67gでした。
ちなみにGALAXY Gearは75g(※実測値)でした。

二倍近く重量が違います。
Gear Fitの27gは一般的な腕時計から見ても軽めの部類だと思います。

■見た目



正面。
Gear 2はカメラとホームボタンがアクセントとなったスクエアデザイン、Gear Fitは曲面ディスプレイで柔らかな印象です。



背面。
両方に心拍数モニタが配置されています。



Gear 2



Gear Fit。
Gear 2は存在感がかなりありますが、Gear Fitはバンド型でスッキリしています。
どちらのデザインが好きかは好みが分かれると思います。

■ベルト



Gear 2の金具はしっかり固定できるタイプで安定感があります。



Gear Fitは穴に突起を押し込むだけのベルトになっています。



すっきりした外観ですが、付け方が甘いと外れる可能性がありますので注意が必要です。

■Gear 2にできてGear Fitにできないこと

1)通話
Gear 2、Gear Fitともに着信通知を受けることができますが、Gear Fitには通話機能がありません。
着信拒否後に事前に登録した定型文をSMSで送信することはできます。

2)カメラ
Gear 2にはカメラがありますが、Gear Fitにはありません。

3)音楽プレイヤー機能
Gear 2は、単独で音楽ファイルを再生出来ますが、Gear Fitはスマートフォンの音楽再生のコントロール機能しかありません。

4)スマートフォンからの端末追跡機能
Gear 2、Gear Fitともに、Gear端末からスマートフォンを追跡する機能はありますが、Gear Fit ManagerにはGearリモート追跡の項目があるのに対し、Gear Fit Managerにはそのメニューがありません。

5)Samsung Appsから任意のアプリをインストールする。
6)WatchONリモコン機能(テレビリモコン機能)
7)Sボイス
8)音声メモ

■共通で利用出来ること

1)スマートフォンの各種通知を受ける
2)心拍数測定
3)歩数計機能
4)エクササイズサポート機能
5)タイマー
6)ストップウォッチ
7)緊急メッセージ送信
8)Google Playなどからアプリを追加する
※Gear Fitの時計アプリや懐中電灯アプリなど配信されていますが、利用は自己責任となります。

ざっくり過ぎる紹介でしたが、つまり、カメラと通話ができないGearがGear Fitってことですね。(若干違いますが)
通知を受けられれば良いという人には、より軽く身につけられる魅力的な製品だと思います。
価格もビックカメラ.comではGear 2が税抜価格33,400円、Gear Fitが22,800円でした。
約一万円違いますので、価格、デザイン、機能をふまえて、自分に合った物を選ぶといいですね。

今回は、Gear 2とGear Fit両方試すことが出来たので、とても良い経験になりました♪
サムスン電子様よりGALAXY S5 SC-04FとGear Fitをお借りしています。
GALAXY S5は、高速0.3秒のオートフォーカスカメラを搭載し、選択フォーカス、リアルタイムHDRなど便利な撮影機能も搭載しています。

■リアルタイムHDR

リアルタイムHDR機能をオンにすると、ディスプレイ上にリアルタイムにHDR効果がリアルタイムで表示され、撮影イメージがつかみやすくなります。



このような逆光の写真でHDR機能が有効です。



表情が分かるようになりました。
今までHDR機能は、念のためオンにしてみたけど仕上がりがどう変わるのか撮影結果を見るまで分かりませんでした。
この機能を使うと、見たまま撮影できるので前よりも積極的に使うようになりました。

■選択フォーカス

選択フォーカス機能をオンにすると、撮影後にフォーカス対象を変更することができます。



近焦点にすると背景がぼけます。



遠焦点にすると近くの部分がボケて背景にピントが合います。



バンフォーカスに設定すると、近くと遠くの両方にピントが合った写真になります。撮影データに異なる焦点で撮影した複数のデータが含まれているためにできることで、これは撮影後何度でも変更することができます。

使ってみた感想ですが、選択フォーカス撮影の認識が若干シビアであると感じました。
「保存した写真にフォーカスエフェクトを適用できませんでした。被写体が検出できません」というエラーメッセージが出ることが多くて、何故なのかと考えました。



選択フォーカスを起動する際に表示されるアラート画面です。
近接被写体との距離を50cm以内、背景と被写体の距離を3倍以上離す必要があります、と書いています。

つまり、背景がある程度離れていないと被写体を認識できないようです。
このルールに従うと、ある程度被写体は限られてくるのかな、と感じました。
背景によってはいわゆるマクロな料理写真、などには向かない場面もあるようです。
精度はなかなか良く、レタッチ効果とは異なり、自然にフォーカスが合った写真が出来るので、コツをつかんで活用していきたいですね。

■ワイドな自分撮り

微妙な自撮りで恐縮ですが・・・



インカメラで自分撮りしてみたところです。
手をめいっぱい伸ばすとここまで遠く撮れます。
一人で撮るとむなしいですが、誰かと一緒に撮るときなどはこれくらいの画角の方がきっちり撮れそうですね。
インカメラなので画質はそれなりです。
美肌モードというモードもあり、エアブラシで美肌効果をレタッチしてくれます。

凹レンズのように左右が膨らむのがちょっと気になりますが、中央に寄って撮影すれば大丈夫です。

■多彩なカメラモード

また、GALAXY S5のカメラには様々な撮影モードがあります。
「モード」をタップすると色々なモードを選べます。

カメラモードは以下の通り。

・オート
・美肌モード
・ショット&エフェクト
・パノラマ
・バーチャルツアー
・デュアルカメラ

GALAXY Note 3では選択フォーカスの位置にあったデュアルカメラの階層が深くなっちゃったのは個人的にちょっと残念ですが・・・

そして、カメラアプリを追加でダウンロードできるようになりました。



追加出来るのは、シーケンスショット、アニメーション写真、サラウンドショット、サウンド&ショット、スポーツの5種です。
サウンド&ショットはGALAXY S4の注目機能でしたが、ダウンロード対応になったみたいですね。

カメラ機能を色々使ってみましたが、あれこれ盛り込みすぎて動作が少し重くなっている印象を受けました。
個人的にはワンタッチで逆光写真などが綺麗に撮れるリアルタイムHDR機能の評価が高かったですね。


サムスン電子さんからモニターとしてGALAXY S5 SC-04FとGear Fitをお借りしています。
Gear FitはGALAXY Gear、Gear 2のようにカメラは搭載されておらず、バンド型でコンパクトなデバイスとなっています。
曲面ディスプレイが美しく、手になじむのが魅力です。
このディスプレイに表示させる壁紙、時計を自由にカスタマイズすることができます。



時計は豊富なデザインの中から選ぶ事が出来ます。
Gear 2はアプリで時計デザインを追加できるのに対し、Gear Fitは追加出来ませんので、その分プリインストールが多くなっているのでは無いかと思います。



壁紙を指定することも出来ます。
ギャラリーの画像からトリミングして設定できます。
私は縦画面で表示していますので、元画像を90度回転した上でトリミングしています。



ホーム画面のアイコンもレイアウトタブから順序を変更することができます。

では、時計レイアウトを変えてみましたのでご覧あれ。









どれもオシャレな時計デザインですよね!
Gear 2も一緒に使ってきましたが、時計としての満足度はGear Fitの方が上かもしれません。

困りました。欲しくなってきてしまったではありませんか・・・
あと三週間、Gear Fitとの甘い蜜月を楽しもうと思います♪

 
サムスン電子様から、モニターとしてGALAXY S5 SC-04FとGear Fitをお借りしています。
これまで私はGALAXY Gearを愛用していたのですが、Gear Fitはそれとは似て非なる新しいデバイスでした。



Gear Fitはわずか27gの超軽量スマートウォッチ!
筆者の家族がGear 2を購入し、そちらも利用してみましたが、カメラ機能とミニアプリ、オーディオ再生機能以外はほぼ同等の機能を利用出来ました。
着け比べてみると圧倒的に軽い!
着けていることを忘れるかのようです。
Gear 2でもGALAXY Gearと比較してかなり軽く感じましたが、Gear 2からGear Fitに付け替えたときの感動も大きかったです。

そして、曲面ディスプレイ!
手になじむカーブとその造形美が美しく、とってもオシャレ!



デフォルトは横画面です。



ホーム画面。




設定メニュー。

通知とエクササイズに割り切って作られているのでとってもシンプルです。



縦長表示もできるようになりました。
腕につけたまま見るときはこちらのほうが見やすいです。

Gear 2は、戻る時には画面を上から下にスワイプしましたが、Gear Fitには戻るキーが表示されます。
慣れるとGear 2方式がやりやすいですが、戻るキーがある方がわかりやすいですね。



LINEの通知では本文も読むことができます。
GALAXY GearのようにLINEのミニアプリからスタンプ返信はできませんが、内容を確認してそれに応じてスマートフォンを操作できるようになるので便利です。GALAXY Gearではアプリの通知としか分からなかったので、ここは大きな進化ポイントだと思います。

実際使ってみて、Gear Fitはより生活に溶け込んだデバイスだと感じました。
デザインもスタイリッシュになりより着けやすくなりましたし、主張しすぎないのでいろんなスタイルにマッチします。
カメラなどはありませんので、通知とエクササイズのため、と割り切って使うのにはとてもいい端末だと思いました。
面白いのはGear 2なんだろうけど、普段着けたいのはGear Fitって感じですね。

 
サムスン電子様からGALAXY S5 SC-04FとGear Fitをお借りしてモニター中のちえです。
ブログにレビュー記事を絶賛更新中ですが、家の人がGALAXY S5 SC-04FとGear2を購入しましたので、そちらを使ってS-MAXにも記事をいくつか寄稿していますので紹介します。




待望の防水機能搭載ハイスペックスマホ「GALAXY S5 SC-04F」を購入したので開封してみた!2万円相当ポイント還元と海外版リアカバーもゲット【レポート】

Samsungのウェアラブルはどう進化したのか!?Tizen OS搭載になった腕時計型端末「Gear 2」をゲットしたので開封してみた――GALAXY Gearとも比較【レポート】

Samsungの最新スマホ「GALAXY S5」とTizen搭載スマートウォッチ「Gear 2」をペアリングしてみた【レビュー】

似ているけど全然違う?Samsungのスマートウォッチ「Gear 2」を前機種「GALAXY Gear」と徹底比較【レビュー】

今度のGearはストラップ交換可能!Samsungのウェアラブル端末「Gear 2」の交換用ストラップを購入して交換してみた【レビュー】

待望の指紋センサー搭載!Samsungの最新スマホ「GALAXY S5」の指紋認証機能をチェックーーロック解除だけでなく秘密のデータを隠せる「プライベートモード」も【レビュー】  

Samsungの最新スマホ「GALAXY S5」の設定メニューと通知パネルをもっと使いやすくカスタマイズしよう【ハウツー】

S-MAX向けの記事も今後更新予定ですのでそちらもご覧いただければ嬉しいです。

このレビューのためにGear 2を借りてちょっと使ってみたのですが、先代GALAXY Gearと比較してボディが軽くなり、着けていてもあまり気にならなかったです。
Gear Fitも併せて使っていますが通知だけであればGear Fitのほうがスタイリッシュでコンパクトなのでオススメかな。
価格も一万円以上違うみたいですし・・・。
私はガジェット萌えなので何でも出来るGear 2のほうがワクワクしますが。
GALAXY S5の指紋認証は、心拍数モニターの兼ね合いでホームボタンなのかな、とか思ったりしますが、持ったままの認証であれば富士通のスマホのように背面が使いやすいですね。

ブログの方も沢山更新していきますので、ご期待ください。