気がつくとソフバンユーザーよりも料金プランに詳しくなっているちえです。
どうも今晩は(笑

ソフトバンクモバイル、11月1〜7日は2万8000件の純増

11月1〜7日の加入状況
MNP転入 3万6400
MNP転出 4万3500
新規(MNP除く) 6万2800
解約(MNP除く) 2万7700
新規計 9万9200
解約計 7万1200


だそうです♪
新規が6万ってことは、2台持ち狙いのユーザーがもしかしたら結構居るのかも。
MNPだけを見ると転出のほうが多いってのは、つまりはユーザーが不満持ってるってことですよね。

でも、ソフバンは2ヶ月無料とか、月締めサービスが多いので、
契約するなら月始め
解約するなら月末
が、お得なんですよね〜♪

だから、一月経ったときにどうシェアが変わっているかが楽しみ(*^-^*)
MNP後の端末販売シェア、auとソフトバンクが増加──ドコモは5%減

おいおい・・・・
ソフトバンクが、シェア微増してるよ・・・(汗
まあ、これからは落ちる一方でしょうけど・・・


25日にソフトバンクがシェア11%なのに、詐欺プラン「予想外割」スタートした26日には21%まで激増している・・・。
DoCoMoがその分激減し、KDDIも微減している。
22日にはシェア25%まで記録した・・・・。
が、28日のシステムダウンにより、一気にシェア激減・・・。
結局MNP開始前と比べると、微増といった感じだ。

この傾向で行くと、この後も減り続けそうな予感はあるが。


しかし、26日に飛びついた香具師、


落ち着けよ!!!


早まって変えちゃった人たちは、明らかに負け組じゃないですか〜〜。
しかし、10%もだまされていたとは・・・驚きだ。
予想外だよ!!!


公取委が「通話0円、メール0円」宣伝で事情聞く

公取委が「通話0円、メール0円」宣伝で事情聞く
 ソフトバンクモバイルが導入した新料金で、「通話0円、メール0円」などと宣伝していることについて、景品表示法の「不当表示」に当たるかどうか見極めるため、公正取引委員会が同社から説明を聞いたことが31日、明らかになった。

 新料金は、条件によっては無料にならない場合もある。公取委は、無料にならないケースが明確に表示されていない可能性もあると見て、慎重に調べる方針だ。

 「来年1月15日までに契約すれば月額9600円の基本料金を7割引きの2880円に値下げする」としている点についても説明を求めた。公取委は、ソフトバンクが仮に1月15日より後も割引を続けた場合には、景品表示法で禁止する「不当な二重価格表示」に該当する可能性があると見ている模様だ。

 ソフトバンクモバイルは、「公取委に説明はしたが、サービスを始めるにあたって、法的に問題ないということでやっている」(広報部)と話している。

(2006年10月31日11時31分 読売新聞)


キターーーーッ!!!
システムダウンよりも何よりも、このペテン商法にメスが入りましたよ〜〜〜!
相当JAROとか総務省とか、苦情が寄せられたんでしょうねぇ・・・。
ネットでの叩きも凄かったし、昨日の会見に絡んで0円携帯への疑念のコメントもニュースでされてたし・・・・・。

これで、MNPの転出に拍車がかかるな・・・。
終わったな・・・ソフトバンクモバイル。
テレビCMでも胡散臭いCMやってるソフトバンクさん。
あの15秒の中で、下の注釈なんて読めないですよ?
いい加減訴えられると思われ・・・

ソフトバンクのMNPシステムに障害、ドコモやauに乗換え不可
システム障害だそうです・・・。
天下のソフトバンクがダウン???
流出を止めるための策略か?と疑念すら抱く・・・。
しかし、ソフトバンクのHPによると、

新料金プラン好評につき、多くのお客様が殺到した

ことによるそうです。

アフォがこんなに居たとは・・・この機会に、考え直して冷静になってほしいですねぇ。
というか、人ゴトなので、

請求書であぼーーーんする、馬鹿な禿ユーザを見てみたい気が(藁
巷では、こんな動きもある中、ドコモの社長はやはり手堅かった。

言いたい放題のソフトバンクにもの申す──ドコモ中村社長

ドコモ中村社長、「孫氏の発言には怒りすら覚える」

やはり、あの誤解を招く広告に言及してましたね。
請求書を見て、こんなんじゃなかったと嘆くユーザーが多いのでは?と・・・
そのとおり!
あと、ブループランはドコモの料金マイナス200円らしいけど、iモード基本料はもともとソフトバンクより100円安いし、eビリング入ると100円割り引きなるから結局一緒だよね?ってことで。

impress、ITMedia、デジタルARENAでも大きく取り上げてるので、記事を読んでみてください。
本当にオトク? ソフトバンクの「全機種0円」

ソフトバンクの新料金プランは、“予想外”に複雑

ソフトバンク新料金プランは本当におトク? 3キャリアの料金を徹底検証!【後編】
深入りはしたくないのでスルーしてきたが・・・


いい加減JAROに電話したくなってきたorz


ソフトバンク、「新スーパーボーナス」は頭金0円の分割払い

1)頭金が0円になる
2)分割金が特別割引で相殺されるか割り引かれる
  ※705SHのような安価な機種では0円に、905SHでは月390円ほどの負担があるとの事。
3)11月10日からは、2年コースだけでなく1年半、1年コースも追加
  ※詳細は後日発表との事。
  当然だが、期間が短くなれば割賦金は高額になり、月々負担するのはしんどい・・・。
4)継続割引は廃止の模様
  ※継続割引解除料は免除される、との記載があるので・・・

ちなみに、LOVE定額、家族通話定額は今後の申し込みは出来なくなるそうです。
またもや詐欺ですね・・・
勝手なサービス終了。
普通のプラン+315円で通話&メールし放題なのと、嘘大げさ紛らわしいゴールドプランでは天と地の差があるというに・・・

本当に、本当にこの記事は携帯に無知な人に読んで欲しい
きちんと広告の隅から隅まで読んでください。
きちんと見抜いてください。
先日は、よく理解もしないで、勢いに任せて記事を書きました。
いろいろ調べたら、ソフトバンクのうそ大げさ紛らわしい、JAROに訴えるべき内容がちらほら出てきましたので、ちょっと冷静にまとめてみます・・・。

<予想外割の嘘>
1)2880円で定額になる、の嘘
■基本使用料
2880円(通常9600円の70%off)

■必ず契約しなければならない S安心&S便利
合計996円

■S!ベーシックパック
315円

■デュアルパケット定額
最少1050円〜最大4410円
=合計(パケット最大)約8,600円

→何気に今までよりパケット定額の上限が上がっていることにお気づきでしょうか?

※ソースはmixiの某コミュ※

2)通話定額の嘘
21時〜24時59分までの通話は月200分を越えると、1分あたり約42円の通話料が発生するそうな・・・。
というか、この時間にかけなかったらいつかけるんだ???
知らないで契約して、アボーンしている人多そう・・・。

3)他社携帯へは割高
→ソフトバンク以外に知り合いが居ないわけがないじゃないですか。
ちょっと用事があってかけただけで何千円・・・
結局支払いであぼーーん

結局ですね、ウイルコムはEメール+ウイルコムへの通話が定額で、2900円なんですよ?
パケットを上限まで使っても、+3800円で6,700円なんです。
そして、携帯への通話料も、同一会社同士並に安いです。
・・・・明らかに、真実を隠していいとこだけ報道した、JAROに訴えるべき発表ですね。

======================================

ケータイWatchはおそらく、安置ソフトバンクらしい。
早速こんな記事がw
ソフトバンクの「予想外割」は本当に安いのか

これを読んで思いました。
まず、素人はこんなimpressなんか読まない。携帯雑誌なんか買わない。
契約してから請求書見て驚愕して解約しようにも、2年縛りのスパボ。
違約金は法外。
プラン変更すると、もう通話定額をキャンペーン価格で契約できないから、何も特徴の無い痛いプランで悶々とする・・・。
筋書きは見えましたね。

ついでにもういっちょ。
ソフトバンク、「新スーパーボーナス」で何が変わる?

新スパボでは継続割引が終了。
ただし、ゴールドプランでは継続割引がある。

「新」に移行すれば先にプレスリリースされたプランに契約できるそうだが、「新」のサービス内容がわからない・・・
どんな恐ろしい規約があるのか・・・orz

現ユーザーは現状維持をお勧めします。
でも、機種変更できないのか???


・・・・MNPお勧めします





いい加減ソフトバンクから苦情がきそうだけど、続けます。
ソフトバンク、通話とSMSが0円の「ゴールドプラン」と「予想外割」を発表

ゴールドプランは、「新スーパーボーナス」に契約したユーザーのみが加入できる、月額基本料9600円の料金プランで、無料通話はなし、ソフトバンク携帯間の通話やSMSが無料という特徴を持つ。他キャリアへの通話には所定の通話料がかかるほか、S!メールやパケット通信料も別途かかるなど、単体で見るとそれほど大きな特徴はないが、この料金プランでは2007年1月15日までの期間限定で「予想外割」が利用できる。

ソフトバンク同士の通話、メールが定額なプランの基本料金は9,600円。
でも、1月15日までの間にスパボに加入すれば、2280円(割引適用後11年目の額)で通話し放題という、ウイルコムに喧嘩を売ったサービスなのだ。
1月15日までの間に加入しなきゃいけないのと、スパボ加入が必須。
スパボ加入=2年契約が必須。

あまり加入者を増やしたくない意図が見え隠れしてます。
そして、MNP以外のユーザーを明らかに軽視している・・・・。

これを目当てに乗り換えるくらいなら、ウイルコムにしたほうが幸せになれます。

ソフトバンクは、インセンシティブを排除するためにスパボにし、機種変更に制限をかけたくせに、目先のMNPにやっきになって無茶なサービスを次々に打ち立て・・・自滅するのが落ちですよね。
au、ドコモの経年割引を引き継げます──ソフトバンクがMNP向け料金プラン

スパボで失った信頼を回復しようとでも言うのか、今までのユーザーを馬鹿にしているのか・・・ソフトバンクがこんなサービスを打ち出しました。
オレンジプランとブループランだってさ、アハハ。

10月26日から2007年1月15日の期間中を「ソフトバンク大創業祭キャンペーン」とし、同期間中にスーパーボーナスに加入したユーザーには、移動前のキャリアの経年割引を適用する。初年度から移動前キャリアの利用年数に応じた基本料金の割引率が適用される。

↑ここがポイントね。
スパボ加入が必須です。
スパボに加入すると、機種変更が2年出来ません。
ここ、重要。
2年も同じ端末なんてありえないです。
そして、この場合、年間契約がリセットされる・・・なんてことは無いだろうね(苦笑

あのね、MNPで乗り換える人は自由にどうぞ。
他社のプランより200円引きだから、今より安くなるかもしれないしね。
ただね・・・今まで大事に使ってきた人を平気で裏切るキャリアなんだよ?

そして、分からないのは割引率。
今までのプランマイナス200円で利用できる、としているけど、年間契約の割引率は旧キャリアのそれなんだろうか・・・?
それともスパボの割引率が適用されるのか???

意味が分からない・・・
どこまで分かりにくいんだ、ソフトバンク。

ソフトバンクに乗り換えたい人、下の記事をきちんと読んでください。
それでもいい人は、乗り換えましょう。
私はいやです


↓↓

ソフトバンク、「スーパーボーナス」で予想外の混乱
HSDPA、光学3倍ズームの500万画素カメラも──ソフトバンク、13機種54色の新モデル

2年契約前提のソフトバンクなので、この数で1年間引っ張るつもりなのかもしれない。

910SH 光学3倍ズーム、AF付き500万画素CCDのデジカメケータイ
910T 内蔵メモリ1Gバイトの音楽ケータイ
810SH ブリリアントフェイスのエレガントケータイ
811SH シンプルデザインのVGAケータイ「811SH」
810T ニーズに合わせた必要最低限のメニューを表示
811T ポップなボディにGPSと320万画素カメラ
705N 気分に合わせてメニューを着せ替え
705NK ストレート型ボディにカールツァイスのレンズ
705P ソフトバンクの“P”は、スリムケータイ
705SC スライド型で世界最薄の12.9ミリ、翻訳機能も装備
706SC 折りたたみ最薄の12.3ミリ
X01HT Windows Mobile搭載のQWERTYキーボード付きPDA、HSDPAにも対応

注目は、初のソフトバンク機となるパナソニックの705P
薄さ14.8ミリで、お得意のワンプッシュオープン機構がついている。
プロソリッドより薄いのが気になる

サムスン製の705SCはスライドなのに12.3ミリ。いったいどうなっているのか興味深い・・・。
そして、X01HTは明らかにZERO3を意識している。
上限1万290円でパケット定額ができるのが売り。
この機種でZERO3より勝っているのは、通信速度くらいかな〜?

・・・数は多いけど、905SH、705SHのような引きの強い端末はない。

サービスとしては、ポータルサイトがYahooになるのを大きく売りにしている。だが、メッセも現在アプリで対応しているし、Yahooモバイルもあるし、フルブラウザならすべてのサービスを利用できる。メリットはどこにあるのか見えない。
デコメ、プッシュトークなどを新規に始めるのは、キャリア格差をなくすのが狙いか?
また、iチャネルと同じようなサービス「ライブモニター」も始める。

ソフトバンクにしかないサービスが見えてこない。
結局穴を埋めただけ?

スーパーボーナスのせいで、せっかくのいい機種を出してもかすんでしまう。
ユーザーを無視しているように見えてならない。
ソフトバンクはどこに行くのだろう