iPhone 11proを予約開始直後(9月13日21時)にApple Storeで予約したちえです。こんばんは。

普段は携帯は一括で購入する私ですが、今回は分割クレジットにしました。

キャリアで購入せず、Apple Storeで購入しましたが、分割クレジットなら24回払いまで金利0だったので、クレジットカードの分割よりお得かな、と。

ほうほう、キャリアみたいに、金利0で分割出来るんだな、便利だな、と軽い気持ちでした。

そしたら発送が遅れたよ、というお話です。

 

まず、分割クレジットとは何か。

Apple Storeの場合オリコでしたが、クレジット会社と分割契約を結びます。

Apple Storeで購入後、オリコのサイトにアクセスして、職場、年収、配偶者の有無、ローンの有無など細かく入力する必要があります。

自分の情報を入れたのですが、私、扶養範囲内で働くパート主婦です。

そもそも審査通るのか問題。

これ、旦那の勤務先情報のほうが審査がスムーズだったのかも。。。

 

そして、審査は丸一日かかりました。

承認されてから口座情報を登録、これが9月14日の出来事です。

この週、3連休で16日まで休日でした。

その間、Apple Storeのステータスは「お支払い待ち」の状態。

 

結局Appleから「ご注文を承りました」メールが届いたのは9月17日。

そのメールによると、発送に2〜3週間と書いてありました。

10月過ぎるじゃん!!!

 

お届け予定日: 2019/10/03 - 2019/10/10 : 通常配送

 

そして、メールの下には、

 

本書に表示されている消費税の金額は、2019年10月1日からの消費税率引き上げ(8%から10%)に伴い、変更される場合があります。

 

の文字が小さく書いてありました。

ローンを組んで、その金額で承認されているわけで、10月になって消費税が増えちゃうとどうなるんだろう?

メールには今の税率で金額が明記されてるのですが、そこがイマイチ分からなくてAppleに電話をしました。

 

お客様の場合、この金額で確定しております。

 

との返事を頂きました。

もしかしたら、今日時点でオリコからすでにお金を貰ってる、って事なんですかね。

それで営業日まで反映されなかったとか?

細かいことは分からないのですが、もう「お支払いは終わってる」ので、「消費税は8%」ということみたいです。

消費税の影響を受けないなら、まぁ良いか・・・気長に待ちます。

 

というわけで、初体験の分割クレジット。

携帯キャリアの分割の感覚で手を出すと、色々相違点がありましたよ、と言うお話でした。

携帯キャリアの分割は、一瞬で審査終わるし、あんま書かされないし、手軽感はあるよなぁ、と。

同じローンなんですけどもね。10万円以上だと審査落ちる人もいますし。

今回ドコモ回線のiPhoneを買い換えるので、別にキャリアで買っても良かったんだよなと今更思いましたが、何事も経験ですね。

非常に勉強になりました。

発売日にiPhoneを手元に欲しいという人には分割クレジットはお勧めしません。

信用情報に問題が無く、発送までの日数は急がない人にはいいかもしれませんね。

デルアンバサダーのモニターキャンペーンでXPS 13 2-in-1をお借りすることになりました。

先日製品が到着して、少しずつTwitterなどで使用感を発信していましたが、そろそろブログに書きたいと思います。

 

お借りしたパソコンのスペックは、以下の通りです。

 

<XPS 13 2-in-1プラチナ>

プロセッサー:第8世代インテルCorei7-8500Yプロセッサー

OS:Windows10 Home 64ビット日本語

メモリ:8GB LPDDR3 1866MHz

ストレージ:512GB PCIeソリッドステートドライブ(SSD)

グラフィックス:インテルHDグラフィックス615

ディスプレイ:13.3インチQHD+(3200×1800)InfinityEdgeタッチディスプレイ

本体サイズ:高さ8〜13.7mm/幅304mm/奥行き199mm

重量:1.24kg

 

 

本体はシルバーで、持つと大きさよりも重量感を感じます。

剛性は安心感がありますね。

 

裏面。XPSのロゴがあります。

 

 

左側面。先端に向かって細くなっていくデザインがスタイリッシュです。

電源を兼ねたType-C端子とイヤフォンジャックが配置されています。

 

 

右側面。

Thunderbolt端子、Type-C端子、microSDスロット、電源ボタンが配置されています。

 

 

液晶側をひっくり返すとタブレットスタイルになりますが、その時は少し浮きが出来ます。

 

 

右側のLAVIE Pro Mobileと比較すると、より狭額縁で、コンパクトな印象がありますね。

 

 

キーボードはこんな感じです。タッチパッドが大きめでとても手の滑りが良くて気に入りました。

 

 

指紋認証センサーも搭載されています。

液晶下には顔認証に対応したカメラも搭載されており、Windows Helloにも対応しています。

 

筆者は顔と指紋を設定して早速使ってみたのですが、設定が悪かったのか・・・認証せず・・・。

指紋も違うと言われ、画面が起きると顔認証が走り、そこでパスコードログインに移行するボタンを押したものの、また顔認証が走り・・・。結局、カメラ部分を物理的に隠して、やっとパスコードを入れることができました。

ログインできたらすぐに、Windows Helloの生体認証設定切っちゃいました。

何でだろう・・・設定した直後だったのに・・・。

XPSのせいなのか、私の設定が悪かったのかは分かりません。

 

 

ヒンジ周りはこんな感じです、

モバイル特化なので、Type-Aがないのは時代の流れでしょうが無いですね・・・。

 

 

とりあえずペンを使ってペイントで絵を描いてみました。

LaVie U買ったときもそうですが、お絵かきできるとテンション上がります。

上手じゃないけど、描くのは大好きなので。

 

 

ペン先は鉛筆みたいで描きやすかったです。

単6電池を入れるタイプなので、Apple pencilみたいに端子にぶっ挿すことはないです。

 

 

 

 

タブレットスタイルは、色んなブラウジングに役立ちました。

 

 

無料のメディバンペイントをインストールしたら、更にお絵かきが楽しくなりました。

これからモニター期間ガシガシ使っていきますね。

iPhone11予約祭りが本日21時から開始しましたが、私、完全スルーの予定で居ました。

でも・・・結論から言うとiPhone 11pro 256GBゴールドをポチってしまいました。

 

 

こんなことを昼間に呟いていたのに!!!!

なぜ?

なぜなんだぁあああああ〜〜〜(頭を抱える)

 

理由を話すともっと不可解になります。これぞガジェオタの病気と言うべきか。

 

iPhone11のカラーがカワイイ!

グリーンも綺麗!

パープルも、イエローも!

あっ、一番安いし、これでいいんじゃね?

 

と、カートに入れて悩むこと数分。

 

・・・ん?

iPhone11って望遠レンズないん?

と動作が止まりました。

iPhone11は超広角と広角レンズだけだそうです。

 

iPhone 8Plus使いの私、がーーーーーーん。

iPhoneの撮影で一番使ってるのが×2だったんですよ・・・。

結構望遠使っていました。

 

Reno 10x Zoomの10倍ズームでええやん・・・って昼間は思ってたんです。思ってたんですけども・・・iPhoneがメイン機なんですよね。なんやかんやでiPhoneでも写真撮ってるんですよ。

 

ボトムズiPhoneいっとく?

※ボトムズにiPhone11proが似てることから生まれた俗称。

となり、カートに入れたり出したりして価格と相談・・・。

Android大画面だし、iPhoneはちっちゃくても良いという結論になり、今、256GBを持て余してるので512GBは要らんと判断。

画面インチ数もPlusの時よりはアップしてますしね。まあ充分かなと。

 

てか、そもそもカワイイから11買おうってなったんじゃ無かったっけ?

私なんでボトムズを買おうとしてるん????

 

(ほ、ほら、、、サンライズさんもボトムズケースやる気になってるみたいだし)

 

そもそもボトムズ知らんのに、ここ最近のTLで愛着さえ湧いてきたボトムズw

 

あとは、OPPOでiPhone Xライクなジェスチャー操作の設定にしてることもあり、割と慣れてきたってのもあります。

もしかしたら、TouchID卒業できる?

 

色々考え出したら、ボトムズ買う?買っちゃう?となってきちゃいまして。

そして、そろそろiPhone Xから二年、新しいUIに触れとく時期かなぁと思いまして。

色々言い訳を考え出しまして・・・

そうなるとブーストかかっちゃいました。

 

ポチ。

Appleストアの分割で買いました。(審査待ち状態ですが)

iPhoneに関しては、AppleCare入りさえすればキャリアにぶら下げる必要がないと判断しました。

なんやかんやで、2年ぶりのスマホ端末購入なんです。(それ以外の物は買ってますが)

OPPOさんにいただいた端末しか新しいスマホが無い状態でした。

そろそろ新しい風に吹かれようと思います。

 

やっぱりTouchIDじゃなきゃやだぁああああってもしなったら笑ってやってください・・・

 

 

 

「炎舞炊きお試しモニター」に参加して、象印製圧力IH炊飯ジャー炎舞炊きNW-KB10をお借りしました。

 

 

今回、5.5合炊きをお借りしました。

 

 

圧力IH炊飯ジャーなので、すごく重たい頑丈な蓋になっています。

 

 

お釜もずっしり。

かなりの高級感です。

 

お米の種類は白米、無洗米、玄米を選べて、食感、メニューなど細かく設定することができます。

これまで使っていたのがシンプルなマイコン炊飯ジャーだったので、凄い進歩です。

 

 

今まで水道水でといでたのですが、それってあんまり良くないんだそうです。

ボウルにお水を貯めて一気にいれるといいそうです。これは初耳。

 

 

付属のカップも、白米用、無洗米用で分かれています。

お米も保存容器に入れて冷蔵庫保存が基本だそうです。

常温で保存してたよわたし・・・(汗

 

 

お米も昔のようにゴシゴシととぐのではなく、水いれて2〜3回軽く回してから水を捨てて、優しく30秒くらいくるくると縁を沿うように手を動かして、すすぎ・・・を3回くらい繰り返して終了。とにかくここは手早く、が基本です。

 

 

ご飯が炊けました!

今まで食べてたご飯より甘い!

 

「わが家炊き」という機能を使って炊くと、食べ終わった後に感想を入力する画面になります。

 

 

かたさと粘りをそれぞれ選ぶと、登録されます。

 

 

次からはその感想を反映して炊き上がりが変わります。

我が家は、最初のご飯が少しもちもちすぎたので、粘り少なめ、かたさ堅めに回答したところ、しっくりくるお味になりました。

 

 

今日は玄米にも挑戦してみました。

いつもは圧力鍋で炊いていますが、これも美味しいです。

 

 

今はだいたい8万くらいかぁ・・・。

もう少し安ければ嬉しいんですけどね。

 

モニター期間、色々なメニューを試してみます。

NECの夏モデルモバイルノートLAVIE Pro Mobileの追加モデルとして、40周年限定プレミアムモデルが発売されました。

 

LAVIE Pro Mobile 40周年プレミアムモデル

 

 

実は夏モデルですでに発売されているこのパソコンのことをよく知らなかった情弱なのですが、先日、エンガジェット夏祭りで展示品のこのモデルとPC-8001のミニチュアを見ました。

 

 

 

このPC-8001のミニチュア「PasocomMini PC-8001」ですが、どうやらこの40周年記念500台限定のプレミアムパッケージを購入するともれなく貰えたそうです。

それ以外だと、LAVIEのどのパソコンでもいいので、購入して応募すると2,000名様に当たるそうで。

ただ、情報初出時にはそこまで興味が無く・・・。

だって、私、Windows98デビューなんだもの。。。。

 

ですが、エンガジェでこのLAVIE Pro Mobileが展示されていて触ったんですね、すると、LAVIE Hybrid ZEROで感じていた弱点が改善されていて。手触りもさらさらしてて、キーボードも好み。

途端にこのモデルに興味を持ったわけです。

LaVie Z、LaVie U、LAVIE Hybrid ZEROと渡り歩き、現在はMac Book Airをメインで使っているのですが、この筐体なら愛着が湧きそうだな、と思いまして。

 

帰宅して、500台プレミアムモデルをポチろうと試みると・・・まぁ、売り切れてますよね。

ただ、PC-8001カラーのLAVIE Pro Mobileは普通に買えるので、散々悩んでそれを購入することにしました。

旧NECのロゴ、プレミアムステッカーが付くとのことで。

PC-8001は届いたらダメ元で応募します。

 

ぶっちゃけると、私自身1979年生まれで、40周年というところでツボりまして。

 

あれやこれやBTOして注文すること10日。ついに届きましたー!

 

 

落ち着いたカラーが良いです。

手触りさらさら。

 

 

ヒンジは180度まで開くタイプで、チルトするのでタイピングしやすいです。

 

 

指紋認証がついていますが、正直ボタン形状が指に合わないので認識そんな良くないかな・・・と。

 

 

キーボード配列。

ファンクションキーがゴールドカラーになっています。

キータイプ音は静か。個人的にはタイプしやすいです。

 

まずやったこと。

 

・Chrome入れる

・Dropbox入れてスマートシンク

・Office365のアカウントでOfficeインストール

・ATOK PassportのアカウントでATOKインストール

・MacのBootcampで使ってた筆王移植

 

とりあえず、Macを退役させるわけじゃないんで、iPhone周りのことは引き続きMacでやろうと思っています。

NAS使い始めたので、ファイルの受け渡しも楽になりました。

 

これから活用していきたいと思います。

 

 

 

OPPO製品はFind XとReno 10x Zoomを所有しているちえです、こんばんは。

Find Xは半年ほどじっくり使っていてかなり気に入っておりました。

7月12日に発売された新製品Reno 10x Zoomはどこが変わったのか、チェックしてみました。

 

※クリックで拡大します。

 

Reno 10x Zoomは、

・プロセッサ、OSが最新

・SDカードに対応

・トリプルレンズ

・バッテリー容量が大きい

 

Find Xは、

・軽量コンパクト

・画面占有率が高い

・インカメラが2500万画素と高スペック

 

ざっくりと見るとこのような違いがあります。

確かにインカメラの画質は画素数だけでは測れませんが、Find Xのほうが綺麗と感じます。

とはいえ、どちらも充分ハイスペック。

Find Xは発売当初はかなり高額でしたが、今は8万円台で購入できるみたいですよ。

 

 

スペック以外の部分では、カメラ周りが大きく変わっています。

 

 

メニューは、上段が左から

・フラッシュ

・HDR

・広角切り替え

・幻惑色切り替え

・フィルター

・設定

 

下段のタブが、

・動画

・写真

・ポートレート

以上の3つです。

 

 

その他のカメラモードはメニューに移りました。

・夜

・パノラマ

・エキスパート

・タイムラプス

・スローモーション

・Google Lens

 

Find Xのカメラメニューはこちら。

 

 

下段のタブに全てのモードがあります。

 

・タイムラプス

・スローモーション

・動画

・写真

・ポートレート

・ステッカー

・パノラマ

・エキスパート

 

最初、Reno 10x Zoomで他のモードないの?と探してしまいました。

慣れるとリストの方が見やすいですね。数多いと切り替えるの面倒ですし。

 

SNOWのようなスタンプを合成できる「ステッカー」はReno 10x Zoomにはありませんでした。

娘が凄く気に入ってたので、そっとSNOWをインストールしておきました。

アバター機能Omojiも無いですね。

 

Find Xでは、顔を3D登録してカスタム美化することが出来たのですが、Reno 10x Zoomではそのモードは無くなっています。

Reno 10x Zoomでは、

 

・美肌

・ほっそり顔

・小顔

・顎

・デカ目

・小鼻

・タッチアップ

・3D

 

この項目をカスタマイズして自撮りすることができます。

 

ポートレートモードも変わっています。

Find Xでは照明エフェクト機能がありましたが、Reno 10x Zoomではフィルター効果に変更されています。

照明エフェクト機能結構好きだったんですけどね、背景だけグレーアウトしたり、後から効果を変更したりできたので。

 

カメラ周りは結構変わっているのでチェックしてみてくださいね。

 

まだどこにも出かけられてないので、休みの日にズームレンズ試しに行きたいなぁ、と思っています。

 

先日、ブロガー向けイベントである”【OPPO「Reno 10x Zoom」タッチ&トライ】 sponsored by ひかりTVショッピングユーザーイベント”に参加しました。

ブログ記事を書いたところ、抽選で10名様に当たる「Reno 10x Zoomを無料で購入できるクーポン」に当選いたしました。

じゃんけん大会も敗退したし、半分諦めていたのですが、これは嬉しい!

そんなわけで、ひかりTVショッピング様で、クーポン適用のうえ、0円でReno 10x Zoomを購入しました。

オーシャングリーンに心惹かれつつ、在庫のあるジェットブラックにしました。

翌日には在庫復活していたそうですが、ケース付けるからいいんだ・・・と自分に言い聞かせ。

 

注文から2日、無事届きましたので、開封してみました。

 

 

Reno 10x Zoomの箱は縦長。iPhone 8Plusと並べると結構大きいです。

 

 

蓋を開けると冊子が入ったスリーブケースが。

 

 

その下に端末が収納されています。

 

 

本体を出して、内蓋を開けると・・・

 

 

スマホケースが入っています。

裸運用が心配な人には嬉しい仕様ですね。

 

 

ケースはザラッとした肌触りで滑らない素材になっています。

 

 

最下段には、イヤフォン、USBケーブル、ACアダプターが入っていました。

 

 

イヤフォンはType-C対応のもので、カナル式イヤフォンでした。

Find Xでは、iPhone付属のイヤフォンのような形だったので、カナル派の私には嬉しい仕様変更。

 

 

ACアダプターはかなり大きめ。挿すコンセントを選びそうな形状です。

ケーブルはUSB Type-Cです。

 

次に本体を見ていきます。

 

正面。

 

右側面。電源ボタンがあります。

 

本体上部。

ピポッドライジングカメラの可動部があります。

 

左側面。音量ボタンがあります。

 

本体底面。SIMトレイ、USB Type-C端子、スピーカーがあります。

 

背面。上品なつやのある仕上げになっています。

 

3つのカメラがフラットな面に配置されています。

 

SIMトレイは両面あり、nanoSIM2枚、もしくはnanoSIMとmicroSDカードを収納できます。

 

SIMも入れたので、これからカメラ機能を中心にガンガン使っていきます。

 

OPPO取り扱いキャンペーン|ひかりTVショッピング

OPPO Reno 10x Zoom(オーシャングリーン)|ひかりTVショッピング

OPPO Reno 10x Zoom(ジェットブラック)|ひかりTVショッピング

 

購入の際には、ポイントがお得になる下記のクーポンを是非お使いください。

OPPO取り扱いキャンペーンで10,000PTのところが11,000PTになります。

 

OP298AF

※有効期限2019年7月31日

 

昨年の楽天モバイルのFind XイベントでFind Xをいただき、愛用しているちえです。

 

最近、付属で付いていたケースが壊れてしまい、裸運用も不安なのでケースを買ってみました。

 

 

 

 

 

付けてみると、バンパー部分の青が凄く良い感じです。

背面はクリアタイプなので、本体の色が生かされるのも良いです。

 

 

カメラのスライド部分はこのようになっていて、青の縁取りが又お洒落。

 

 

こんな感じでスライドして入れるタイプのケースです。

 

通販で購入したのであんまり期待していなかったんですが、かなり好みのケースでした。

これでますますFind Xちゃんを愛用しようと思います。

 

そしてそして、

先日のOPPO Reno 10x Zoomのイベントでブログ記事を書いたところ幸運にも無料で購入できるクーポンを頂きました。

来週にはきっと届く予定なので、Find Xと比較しつつこのブログで紹介していきますね。

このたび、ブロガー向けイベントである”【OPPO「Reno 10x Zoom」タッチ&トライ】 sponsored by ひかりTVショッピングユーザーイベント”に参加しました。

 

イベントとタッチアンドトライの感想については以下に記載しています。

是非併せてお読みください。

 

OPPO Reno 10x Zoomタッチ&トライイベントに参加しました

 

 

OPPO Reno 10 Zoomは、

・トリプルカメラ搭載で10倍ズームに対応。

・可動式のピポッドライジングカメラを搭載し、インカメラを収納できる。

・画面占有率93.1%のノッチのないパノラマスクリーン

 

このような特徴を持つハイスペックモデルです。

タッチアンドトライイベントで存分にOPPO Reno 10x Zoomの魅力を実感した後、最後にイベント協賛のひかりTVショッピング様からのプレゼンがありました。

 

 

ひかりTVショッピングはこちら。

 

https://shop.hikaritv.net/

 

私も初めて知ったのですが、ぷららで通販サイトをしていたのですね。

デジタル関係だけでなく、生活用品まで幅広く取り扱っているそうです。

 

 

そのひかりTVショッピングで、なんと、Reno 10x Zoomを販売することになりました。

併せて、お得なキャンペーンも展開するとのことです。

 

 

もっとわかりやすく言うと、

 

 

 

ポイント還元という形が多いですが、

 

実質35,477円になるそうです。

※OCNモバイルONE契約時の最大金額のようです

 

会場で、更にお得になるクーポンコードが紹介されました。

 

 

クーポンコード

OP298AF

 

このクーポンを使うと、OPPO取り扱いキャンペーンの10,000PT→11,000PTになるそうです。

1000PTお得になりますね。

※OPPO取り扱いキャンペーンの配布クーポンの代わりにこのクーポンを使うと適用されます。

 

キャンペーンの詳細はこちら。

OPPO取り扱いキャンペーン

https://shop.hikaritv.net/shopping/app/customer/campaign_entry/init/201906_ocnsim1p/?sid=ascii_ad_201907

 

ほぼポイント還元なのですが、ひかりTVショッピングでは食品、お酒など日常のお買い物も出来ますので、サクッと使ってしまえば良いと思います。

興味のある方は是非。

 

会場では、3人の参加者にじゃんけん大会でReno 10x Zoomのプレゼント企画をしました。

私は一回戦では最後まで残ったのですが、残念ながら負けました><

そして、イベント参加者全員には半額クーポンが配布されました。

あとは、ブログの内容次第で、10人には無料クーポンが当たる・・・かも?

 

と、会場がざわつきました。

 

Reno 10x Zoomは、本当に良い端末なので、一度手に取って体験して貰えればと思います。

このたび、ブロガー向けイベントである”【OPPO「Reno 10x Zoom」タッチ&トライ】 sponsored by ひかりTVショッピングユーザーイベント”に参加しました。

OPPO製品は、以前にOPPO Find Xのイベントに参加しまして、その際には幸運にも端末をいただくことが出来ました。

思わぬ幸運でしたが、その後SIMを入れて半年間愛用しております。カメラの品質が良く、SNS投稿はもっぱらFind Xを使うくらいに気に入っておりまして、新製品「OPPO Reno 10x Zoom」が発表されたときに是非触ってみたいと思っておりました。

今回はFind Xとの対比をしつつ、ブロガーイベントをレポートしていきます。

 

○豪華なケータリング!!

 

4種類のウエルカムドリンク(ノンアルコール)をいただいて、ケータリングのお食事をいただきました。

 

 

 

以下、タッチアンドトライさせて貰っているReno10x zoomの作例です。

 

 

 

なかなか飯ウマに撮れているのではないでしょうか。

このケータリングはかなり量も用意されていたので、後半のタッチアンドトライの合間にもお代わりをいただきました。

ごちそうさまでした。

 

○Reno 10x Zoomのプレゼンテーション

 

では、Reno10x zoomについてのプレゼンテーションを紹介します。

 

 

Reno 10x Zoomのポイントは大きく分けて以下の3つ。

・デザイン

・カメラ

・パフォーマンス

 

それぞれについてポイントを紹介していきます。

 

<デザイン>

 

 

背面は、

・トリプルカメラ

・3D局面ガラス加工

・第五世代ゴリラガラス

・O-DOT

 

以上の4点がポイントです。

 

 

O-DOTとは、この緑のポッチのことで、この突起がデザインとカメラ面の保護に役立っています。

 

次は表面です。

 

 

・パノラマスクリーン:画面占有率93.1%

・ピポッドライジングカメラ:可動式のインカメラ

 

やはり、Reno 10x Zoomというと、このピポッドライジングカメラが大きな特徴ではないでしょうか。

Find Xも収納式のカメラがありましたが、その時は上面全体が動き、インカメラ、アウトカメラ両方を備えていました。

 

 

このように、斜めに動くのが特徴です。

 

 

また、Find Xでは顔認証を採用していましたが、今回はディスプレイ指紋認証を採用しています。

R17シリーズなどでも採用していた方式ですが、その時よりも28.5%速度アップしているそうです。

筆者も試しに登録して試してみたのですが、凄く速かったです。

 

 

<カメラ>

 

Reno 10x Zoomの大きなポイントが10倍ズームです。

 

 

トリプルレンズを搭載しており、それぞれの画素数は以下の通りです。

上から、

 

・4800万画素(標準)F1.7

・800万画素(超広角)F2.2

・1300万画素(望遠カメラ)F3.0

 

それぞれのカメラがスムーズに切り替わり、ズームでのカクツキはありませんでした。

ズームは倍率切り替えも出来ますし、自由な倍率で切り替えることもできます。

 

 

カメラは、ペリスコープ構造になっています。

この構造を使うことで、端末の薄さも実現できるとか。

 

10倍ズームは、デジタルズームと違い、劣化しないズーム画像が撮れます。

細かいディティールまで写るのが凄いです。

 

 

ウルトラナイトモードでは、夜とは思えないほどの明るい写真が撮れます。

 

ポートレートモードでは、雰囲気のある効果をつけることができます。

Reno 10x Zoomの作例はこちら。

 

インカメラは、ピポッドライジングカメラでになっていて、使っていないときは本体に収納されています。

1600万画素で、自撮りも満足な品質で撮影できます。

 

<パフォーマンス>

 

カメラだけでは無く、パフォーマンスにもこだわっています。

Snapdragon855、RAM8GB、ROM256GBと非常にハイスペック。

サウンドシステムも要望の多かったステレオスピーカー、ハイレゾ、DOLBY ATOMSに対応しています。

 

 

気になるのは、デュアルバンドGPS。今流行の位置情報ゲームの精度が上がるのなら嬉しいですよね。

 

 

本体を冷却するのに、水冷式を採用しています。

昔、MEDIAS Xがやっていたような・・・。

どれほど効果あるか気になりますね。

 

ゲーム向けの機能も充実していて、OPPO製品にはゲームスペースという機能があります。

ゲーム中に着信を拒否したり、細かく設定できます。

他にも、

・ハイパーブースト:スマートフォン性能を大幅に改善

・タッチブースト:タッチしてからのレスポンス速度の向上

・ゲームショック・振動するリニアモーターが臨場感を演出

・フレームブースト・カクつきを防止し、描画向上

 

といった、ゲームのパフォーマンスを向上させる機能があります。

筆者はゲームはほとんどしませんが、通常の利用でもパフォーマンスが向上するのならば期待したいと思います。

 

○山根さんとOPPOエンジニアのトークセッション

 

携帯電話研究家の山根康宏さんとOPP0のエンジニアの方でトークセッションがありました。

 

 

 

こちら、Reno 10x Zoomの作例です。

10倍ズームを味わってしまうと、実はブロガーイベントこれ1個で行けるのでは・・・。

 

内容は中国語で翻訳しながらの進行でした。

まず、驚いたのは、かなり専門的に突っ込んだ話までしてくださったこと。

私はエンジニアの話にはちょっとうといので、100%理解できなかったのが歯がゆい。

 

なので、印象に残ったことを箇条書きしますね。

 

・カメラのズームのスムーズさにはこだわっている。

・自撮りのOPPOと言われるが、アウトカメラもこだわっている。

・ステレオスピーカーは要望に応えて入れた。ユーザーからのレスポンスを開発に生かしている。

・オススメ機能と聞かれると、色々使ってみて欲しい、と。意見も聞かせて欲しいと。

 

○タッチアンドトライ

 

次に、タッチアンドトライの時間を設けました。

 

 

ポートレート自撮りしてみました。

めっちゃ明るく撮られた印象。

普通のカメラで撮るとここまで髪の毛赤くありません。

美肌補正などが効いていますが、顔そのものはあまり変わってないかと。

 

ちなみにこれはFind Xの自撮り。

OPPOの人とお話しましたが、自撮りが綺麗なのはFind X。Reno 10x Zoomは、補正は程々でナチュラルさに振っているそうです。

 

 

スーパーナイトモードで撮影した夜景です。

細かいところまで綺麗に写ってるんですが・・・目で見たのと違って明るいです。

この辺は好き好きなのかなぁ・・・

 

 

もう一回撮るとすこし空が暗く写って良い感じ?

 

ちなみにこれが、Find Xでの作例です。割とおんなじように綺麗に撮れました。

Find Xもスーパー内とモードには対応しているそうです。(OPPOの人談)

 

 

こちらのミニチュアは、10倍ズームで撮った物です。

やっぱ綺麗だなぁ・・・。

 

ピポットライジングカメラ裏面にはモバイルライトが付いています。

 

FindX(奥)と並べてみました。

やっぱパノラマスクリーンは綺麗ですね。

 

私はジェットブラックをお借りしてたのですが、オーシャングリーンも撮影させていただきました。

この落ち着いた色味素敵です。

 

持っていると、カメラ部分がフラットなのですごく手に馴染みました。

Find Xとはポートレートの作りがまるで違うので驚きました。

Find Xは、照明エフェクトがあり、自然光、ローカルライトなど様々なモードに切り替え、撮影後に変更することも出来ました。

Reno 10x Zoomは、フィルターをかけるようなイメージですね。

ガラッと変えてきたのはちょっと驚きました。

 

自撮りも、Find Xは顔を登録して、AIで美顔効果をかけていましたが、Reno 10x Zoomでは、美顔などの度合いを変更するメニューがあるだけでした。

なんで3D効果辞めたんでしょうね。

 

Reno 10x Zoomの私的アドバンテージは、

・可動式レンズがインカメラのみで、認証も指紋なので、カメラ動かす回数が圧倒的に減ったので耐久性的には安心。

(Find Xはロック解除の都度カメラが動くので若干煩わしかった)

・ROM256GBに加えて、microSDも使える

・10倍ズームカメラ

 

以上の3点ですね。

手にもなじみ、デザインも落ち着いていて、使いたくなる端末でした。

 

最後に、イベントを協賛してくれたひかりTVショッピング様からのプレゼンがありました。

お得な情報満載で絶叫の嵐。

 

・・・ですが、長くなってきましたので別記事に書きますね。

この記事にもリンクを貼りますので併せてお読みください。

 

ひかりTVショッピングでOPPO Reno 10x Zoom販売!お得なキャンペーンも