スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

身内のスマホ化計画に一肌脱いできた

うちは夫婦ともにスマホ、ケータイを複数台持っているガジェット一家であります。
が、親戚たちはスマホを持っている人が殆どいないんですね。
パソコンは皆さん持っていて使いこなしている方々が多いのですが・・・

そんな中、親戚が娘さんのすすめでスマホにすることになりました。
70を越えるような二人なので、当人は正直不安がっていました。
でも、ご主人はFacebookをしていたり、パソコンをバリバリ使っている人だったし、奥様もネットブックでメールやWebブラウジングはしている人でしたので、基本機能くらいならなんとかなるのでは、というのもあり、娘さんのすすめに乗って変更手続きに踏み切ったのでした。

電話とメールしかしないからスマホじゃなくても・・・。
皆さんそう言います。
じゃあ、電話とメールが普通に使えればスマホでもいいんですよね?ってとらえ方もできますよね。
と、いうわけで、購入してやったことをまとめてみました。

1)電話帳コピー
ドコモの端末で行い、係員の人のサポートで難なく終了

2)Googleアカウント設定
Gmailアカウントを使っていない二人なので、作成してもらいました。
アカウント名とパスワードを入力してもらいました。

3)メール設定
spモードメールを初回起動して、マイアドレスを取得し、アクティブな状態にしました。
それから、届いたメールを見る方法、メールに返信する方法、新規でメールを送る方法を教えました。
ソフトウエアキーボードの入力は、フリックの方法も教えましたが、とりあえずケータイ入力ができるよと教えました。
TOに名前の一部を入れるとアドレスを引用できることも教えました。
メールの引用返信は都度選ぶ設定にしておきました。

4)電話の発着信練習
お互いに電話をかけあって、電話を受ける、切るの動作を覚えてもらいました。

5)充電の仕方
卓上ホルダを組み立てて充電してもらいました。

6)必要なアプリを入れてホームをカスタマイズ
・乗り換え案内
・東京バスルート案内
・クックパッド
などを入れてみました。
マップもショートカットをホームに貼りました。
余計なウィジェットとか消しました。
Advanced Task Killer Freeを入れて、ホームにウィジェットを貼り、おまじないのようにたまにタップしてねと教えました。

とりあえずしばらくは電話とメールに不自由がないようにしてもらおうと思っています。
アプリをこちらで入れてあげれば使う事は出来ると思うので、その辺はサポートしてあげたいなあと思います。
近くに住んでいるので、しばらくはちょっと頻繁に遊びに行きついでに教えたり出来たら良いと思います。

色々教えていて思ったのが、パレットUIは一般ユーザーにはやっぱりいいものだ、ということです。
電話とメールがデフォルトでドックに置いてあるのは、説明していても分かりやすい。
長押しするとゴミ箱にドラッグアンドドロップしなくても、削除の選択項目が出てくるのもわかりやすい。
ホームからアンインストール出来ちゃうのも、使う人によっては分かりやすいUIだと思います。
デザイン性はちょっとなぁと思ったりしますが、コンセプト自体はそんなに悪くないかなあと私は思いましたね。

普段ガジェットが好きな人たちとばかり接していると見失いがちなのですが、通常のユーザーにとって大切なのは、まずは普通に電話として使う事なのだなあと実感しました。
「電話としての使い勝手」ってやっぱり重要で、そこに行き届いている機種がそういう層にとってはやっぱり名機なんですよね。
フリーズしたり、カクカクになったりってのは、使い方次第ってところもあると思います。

これから二人がどんな使い方をしてくれるのか、楽しみにしたいと思います。
使って良かったと思って貰えると良いなあ。

もし駄目なら、SIM差し替えでフィーチャーフォンにも戻れるしねw
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 21:00 | comments(2) | - |

【記事執筆報告】S-MAXでARROWS Kiss F-03Dレビューをしました


少し前ですが、S-MAXで富士通製スマートフォン「ARROWS Kiss F-03D」のレビュー記事を執筆しました。



コンパクトな女子向けモデル、という位置づけの端末としては予想以上にサクサクできびきび動く端末だなと思いました。
デザインのアクセントにもなっているボタンも非常に押しやすかったです。
ペンは開発機ということもあるのでしょうが、時に意図しない挙動をすることもあったのは事実です。
でも、慣れると写真のデコも細かくできますし、文字も書けます。
やっぱり「あったほうがいい」と思いました。
ペンに特化した手書きアプリも、結構作り込まれてて面白かったですよ。

自分撮り用のインカメラも130万画素で、かなり綺麗に撮れるのもポイントです。
盛り写メも結構楽しくて遊んでしまいましたw

フォントも可愛いフォントが多数入っていて、ハッピーNというフォントがお気に入りでした。

ただ、ユーザーメモリが300MBほどなので、すぐにメモリ不足になってしまいそうです。
きびきび動くだけに残念なポイントでもありました。
ストレージが潤沢だったら本気で購入を検討してしまったかもしれません。

いや、欲しいですけどね。
デザインはF-03D Girlsのほうが好きなので、そっちが出るのはまだ先、みたいですけど。
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 08:33 | comments(0) | - |

イーモバイルGS02ブロガーイベントに行って来ました

11月24日、AppComing様主催で開催されたイーモバイルより発売されるファーウェイ製スマートフォン「GS02」のタッチアンドトライイベントに参加してきました。

まずは腹ごしらえ、もぐもぐ・・・・。
妊婦矯正委員会指定の「ベジ」を自動的に渡される、の巻きw


いよいよイベントスタートです☆


まずは、ファーウェイ社イーアクセス担当の営業、佐々木様よりご挨拶。
ご自身もタブレットなどご愛用されているようでした。

次に、ファーウェイ社広報の天本様より商品概要の説明がありました。

冒頭でファーウェイ社の説明がありましたが、Visionのイベントレポで詳しく記載しているのでここはさらっとご紹介。

前回聞けなかったお話としては、爆発的大ヒットになったPocketWi-Fiの開発裏話がありました。
ファーウェイ様で当初提示していた商品は液晶では無くLEDライトのものでしたが、イーアクセス様の要求によりさらに機能アップし、支持されるモデルになったとのこと。
こういうお話は興味深いです。

将来的には日本で企画開発したものをグローバルモデルとして世界に発信したい!と、ファーウェイジャパン様の強い意欲が伝わってきました。期待しております(^^)

そして、早速GS02の商品説明へ。


■こだわりの大容量バッテリー

通話540分(9時間)、Pocket Wi-Fi330分(5.5時間)、待受時間500時間を実現した1880mAhの大容量バッテリーを搭載しているのが大きな特徴です。
これまでのルーターとAndroidを兼ねるタイプの機種って、みんなバッテリーに不安がありましたよね。これは嬉しい!

しかも、通常のAndroid OS2.3で稼働したときと比較して35%の省エネ設計にしているとのことで、これは実際どのくらい持つのかためしたいところ。

■通信も端末もサクサクにこだわる

・高速1.4GHz CPU搭載
→Visionでは若干もたつく部分もあったので、サクサクは正義だと思います!
・下り最大14.4Mbps対応の高速通信(イーモバイルの最高速に対応!)

■ルーター欲しいけど買えない、難しいと感じる人にも安心の簡単テザリング

イーモバイル製品ではおなじみの、定額料金据え置きテザリングにもちろん対応!
Pocket Wi-Fiウィジェットをホームに置くことでワンタッチでテザリングのオンオフができる!

大容量バッテリーなので、安心してガンガン使えるのも嬉しい☆☆

■ロック画面からスムーズに機能が起動できる!

ロック解除の手間を軽減するために、ロック画面に工夫が施されています。


ロック画面の鍵アイコンをタップすると・・・・


上:ブラウザ
左:カメラ
右:電話
下:ロック解除

フリックの方向だけで4種類の起動ができます。
この割り当ては残念ながら固定でカスタマイズは出来ないとのことでした。

■カメラも美しく!

・HDR機能搭載カメラ:ハイダイナミックレンジにより、明暗の差の大きいシーンでも白飛びしにくく、美しく撮影できる。

■持ちやすいサイズ


横幅を抑えたデザインで、ホールドしやすく設計されています。
幅61.5mmを実現し、一般的に幅広と感じられる目安である65mmを下回ることで持ちやすくなっています。
実際持ちやすいと感じました。


iPod  touchと重ねてみましたが、あまり横幅は差を感じず・・・。

そして、今回はGS02で搭載されている日本語入力ソフト「FSKAREN」の開発元である富士ソフト社より小川さんがお越しくださいました。


Visionの時にも反響が大きかったので、今回は直接聞けるチャンス!

ちなみに、Visionに搭載されていたものとソフトウエアのバージョンは変わっていないそうです。

特徴は・・・
・パフォーマンスの早さにこだわっている。
・ほとんどの切替操作をフリックで行える
・QWERTYでもフリック可能。大文字も上フリックで楽に切替
・漢字の手書き入力にも対応
・フリック、トグル、ツータッチ、QWERTYの4種類の入力形式に対応。

このあたりはVisionレビューでも触れてるので是非。

そして質疑応答。
気になっていた英数字の大文字変換について・・・・

・QWERTYモードだとShiftを押すことで大文字ロックされるが、フリックモードではShiftロック出来ない。
→QWERTYでシフトロックしてからフリックモードに戻すと大文字固定になっている様子・・・。フリックでも大文字固定設定できるようにしてほしいと要望。

・英数大文字変換候補については要望としてお伝え。

Visionの場合、液晶がラウンドしているためか画面の下が反応しづらかったのですが、そのあたりはGS02では改善されており、端末のパフォーマンスもアップしているためサクサク入力できると感じました。

富士ソフトさんはFSKAREN以外のソフトも手がけており、Appstoreで人気の「Refills」というスケジューラーアプリのAndroid版「Refills for Android」も提供を開始したそうですので、興味のある方は是非。

最後に、GS02の価格についてご案内。
12月1日発売で、各種キャンペーン適用後の価格が購入時負担額100円!月額5,395円だそうです。

続いてタッチアンドトライの時間。


正面


左側面。
上の方に音量キーのみ配置。


上部。
3.5mmイヤフォンジャックと電源キーが配置。
「側面のほうが電源キー押しやすい」という意見はVisionの時にフィードバックしているので、今後は参考にさせて貰いたいとのことでした。


右側面
なーんにもありません。
ストラップホールは次は是非!!!


下部。
microUSB端子が配置されています。


背面。


カラバリは二色!
おなじみのピンク。やっぱりかわいい!!


ホーム画面を切り替えるときに立体的なエフェクトがかかります。
何かおしゃれ。
こういう重い動作をしてもサクサクなのはCPUの力?


ホーム画面のサムネイルが表示できます。


アプリ一覧。
右下のアイコンをタップするとアプリアイコンが移動可能な状態となるので、好きな順番に並べ替えが出来ます。


ホームキー長押しでは最近使ったアプリ一覧が表示。
国産モデルのようにタスク機能つけてほしいなぁ・・・・。


ホーム画面でメニューキーを押下したときのメニュー。
ホーム設定でテーマを変えられます。


テーマ切替画面。


通知画面では画面回転オンオフもついて分かりやすい使い勝手になっていました。


空き容量はそこそこ余裕がありました。


現時点でのバージョンは2.3.5のようです。


おなじみのテザリング設定メニューがあります。


Pocket Wi-Fi設定。


ここからSSIDやパスワード、セキュリティ形式の設定ができます。


セキュリティ形式はオープンネットワークとWPA2PSKの二種類。
WEPはないんですね・・・・。


今回は端末レンタルをしないので、短い時間で限られたポイントしか見ることができませんでしたが、動作は非常にきびきびしてました。
これまで、Androidのスペック的にはミドルレンジかエントリークラスだったPocket Wi-Fi機能付きのAndroidスマートフォンに不満を持っていた人にはお勧め出来るモデルだと思います。


AppComing様、ファーウェイジャパン様、ありがとうございました。
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 18:32 | comments(0) | - |

マイクロソフト主催Fun Lounge produced by Windows Phoneに参加してきました

auより8月26日に発売された日本初WindowsPhone 7.5搭載スマートフォンIS12T。その発売を記念してファン向けのイベントがマイクロソフトにて開催されました。
Fun Lounge produced by Windows Phone」というイベントです。
事前応募制だったのですが、幸運にも当選させていただいたので、8月28日に品川のマイクロソフト本社に行ってきました。
マイクロソフトが新宿から品川に移転してから、訪問するのは初になります。

はじめに、マイクロソフト石川大路さんより、オープニングセッションがありました。
今回のイベントは勉強会とかではなく、パーティとして皆さんに楽しんでもらうことが趣旨です!!と。
そんなわけでゆるゆるモードで簡単なWindows Phone 7についての概要についてのセッションでした。


そういえば、きちんとしたWindows Phone 7の説明って聞いたこと無かったので興味深かったです。


・基本ソフトにSNS組み込み
・動作、ブラウザなど軽快
・メトロデザインで使いやすい

よく聞くキーワードですが、実際使ってみないとわからない部分。
と、いうわけで、石川さんの実際利用しているWindows Phoneを使ってのデモが行われました。
店頭のホットモックをいくらいじったところで、自分のアカウントを入れられるわけじゃないし、実際の使用感って伝わらないと思うんですよね。なので、こういったデモンストレーションは本当にわかりやすい。
タイルとかヌルヌル感ならわかるんだけど、電話帳の入っていないデモ機だと、基本ソフト(OS)にソーシャル機能がついてると言われても「なんじゃらほい?」って感じ。

Peopleの「すべて」がいわゆる電話帳にあたるのですが、個人個人にSNSを紐づけることでその人のSNSの最新情報がわかるんです。
コメントをつけたり、投稿画像を確認するのはここからできちゃう。
これ、どんな場面で生きるかっていうと、Peopleにグループを作ったとき。
SNSに登録している友達って、あまり興味ない人も正直いるよね?(苦笑)
ってことで、興味のある人だけでグループ作っちゃうと、その人たちだけの最新情報が一気に確認できちゃう。Twitterのリスト機能やGoogle+のサークルにちょっと似てるかな。
しかも、人によって登録しているSNSが違ったりしても、「人」ベースで一気に確認できちゃう。
ホームにグループで張り付けておけばワンタッチで開ける。
これは結構便利そう!!!
自分を張り付けると、自分の登録しているソーシャルを一気に確認できちゃうのも使えそう。

ただし、専用ソフトを使わなきゃできないこともあるので、そこは使い分けになりそうですけどね。Android端末でもメーカーカスタマイズ電話帳でソーシャル連携してるものがいくつかあるけど、グループで統合して管理とかはできなかった気がするなあ・・・・。

カーブフリックについてのデモも行ってましたが、結構失敗しちゃってたのはご愛嬌。
コツをつかめばかなり早く、ってことみたいですが、慣れるまで頑張れるだろうかw


このあとのスケジュールはフリータイムになります。
それぞれが見たいものを選んでいく形。

・Lifestyle Session 13:30-14:00
・先行モニター体験談  14:10-14:40
・Technical Session  14:10-14:40
・Windows Phoneオリジナルグッズ抽選会  14:45-15:00

そして、フリータイムで、以下の3つのブースが楽しめます。

・IS12Tタッチトライ
・Xbox 360 Kinect体験
・Windows Phone Cafe

Windows Phoneひとこと選手権といって、Windows Phoneについてひとこと付箋紙に書いてボードに貼り付けると抽選会の抽選券がもらえます。


イベント参加レポートを募集しておりました。
と、いうわけで参加者はブログに書くと抽選で当たるかも?みたいですよ!!


思わず会場に笑いが起こった一コマ。
すでに購入済の人も多く、「えーーーーーー!」って声が聞こえてきました。
実際は5千円引きだったようです。


IS12Tタッチ&トライコーナーは大盛況。
担当さんも積極的にお客さんに感想とか聞いてましたよ。


目を引く風船。
帰りにもらって帰っている人を多数品川駅で見かけました。
ちょっと欲しかったですw


S-MAXの取材?の時にかなり触ってたので、タッチ&トライはさらりと。
アカウントが入っているものを展示していたので、新着情報一覧が見れたのはよかったです。
流し読みするのによさそうですよね(^^)ノシ

自分、一応妊婦なので、歩き回ると疲れるということで早々にカフェで休憩。
ここではドリンクとスイーツが食べ放題でした。


マンゴーソーダー。
よくかき混ぜないと甘ったるかった。でもおいしかったよ!!


欲張って取ってきちゃいましたw
お昼ごはんあまり食べてなかったから、おいしくいただきました!


こんな記念撮影用パネルも展示されていました。
枠から手を出して3D風に撮ってる人が多かったですよ!!

Kinectはちょっと体動かすのが億劫なのでやめときました(^^;


唯一参加したセッションがこちら。
ジャーナリストのイケダハヤトさんと、読者モデルの上野真紀子さんがIS12Tを事前にモニターした使用感などを話すというテーマ。

「女子力向上宣言!」ってタイトルがすごいw

イケダさん
・ヌルヌル感はiPhoneより上
・foursquareアプリはサクサク。Facebookアプリはもうちょっと頑張ってほしい。
・ソーシャルは10個くらいアプリ使ったりしているので、Peopleハブで人ベースが便利。
・パワポの閲覧は問題ない。Excelやパワポの画像挿入は厳しい。ワードは文字ベースだから問題ない。


上野さん
・REGZA PHONEを利用していて画面の切り替えなどで感じるストレスがIS12Tでは全くない。
・ハッピーOLグループハブを置いている。女子会に便利!
・メーラーが使いやすい
・画像共有が便利。


写真がぶれちゃった・・・・><
マイクロソフトの人がデコった端末も展示されました。
これは、デコ職人さん、ぜひやってほしいです!!!


コラボのケースもかわいいのがずらり・・・・・。
かわいいアイテムが出てくるとそれだけでわくわくしちゃいます。
「女性」を意識したものが出てくるようになったのは純粋にうれしいところです。

最後に抽選会が行われましたが、残念ながら外れちゃいましたorz
62番を持っていたんですが61の人と63の人が当たってた。悔しい・・・


本日のお土産。
上のポストイット2つは、一階のauショップの来店記念品です。
ボックスティッシュと浄水機能付きボトルはマイクロソフトさんでアンケート回収時にいただきました。

マイクロソフトさん、楽しいひと時をありがとうございました。
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 10:06 | comments(0) | - |

Windows Phone 7搭載IS12T発表

7月27日10時から、KDDI、Microsoft、富士通東芝の三社による共同記者会見が行われました。
発表された内容はもちろんWindows Phone 7。
詳細はMicrosoftのプレスリリースより。写真もそこからお借りしました。


  
ブラック
  
マゼンタ
 
シトラス

写真を見ての第一印象は・・・・・派手!!!!
いちいち目にまぶしいですよ。蛍光ペンのピンクとイエローですか????

カメラ:1320万画素
内蔵メモリ:32GB(SDカードスロットは無い)
防水・防塵(IPX5/IPX8、IPX5X相当)
サイズ:約(W)59×(H)118×(D)10.6mm
重量:約113g

このあたりは公式資料からの抜粋です。
今回は会場には行かなかったのでUstreamを見ていました。

以下、私の雑感を・・・・

・IS02がWindows Mobileであり、IS12TがWindows PhoneであることをKDDI社長は強調していたが、IS02のころからWindows Phoneブランドは名乗っていたような・・・この辺が混乱する要因かも。まぁ、OS名という点では間違ってないですけどね。

・タイルには情報も表示される(ライブ・タイル)のは何気に便利そう。

・赤外線、おサイフなどの日本的な機能に対応する用意は現状では無い・・・・これじゃ日本では普及しないな、と残念に思ってしまいます。MSがんばれ。

・アプリは審査をしっかりするのでセキュリティ面で安全というけど、柔軟にスピーディに認可してほしい。結局敷居が高くなると良いアプリが開発して貰えなくなるので・・・。スマフォってOSよりもアプリの充実度で選ばれてしまうことも多いのでMSさんお願い!

・カーブフリックは濁点もワンストロークで入力できる自慢のIMEとのことで、これは是非体感してみたい!

・検索がbingだったり、ハブで連携するサービスがTwitterとFacebookだったりと、Microsoftは独自サービスにこだわりすぎな気もしたり。Googleサービス使ってる人に使いづらい端末になったら、きっと現状では厳しい気がする。

・Officeを売りにするなら、物理キーボードがやっぱり欲しかったなぁ…っていうのが本音。

明日、7月28日からKDDIデザイニングスタジオで実機を触ることが出来るそうです。
いくら記事やカタログスペックで見たところで、実機を触ってみないことには何とも言えない!
と、いうことで暇を見つけてさわりに行けたらと思います。
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 12:07 | comments(0) | - |

2010年のスマートフォンを振り返る By私

S-MAXさんの年末企画、「2010年のスマートフォンを振り返ってみる」企画が面白そうだったので、私なりに語ってみることにしました。

2009年はAndroidというとHT-03Aしかありませんでした。
iPhoneの完成度が高く、Androidはマーケットも端末もまだまだ未熟、というのが一般的なイメージでした。
それを変えたのがXperia。
私は購入しませんでしたが、この機種の登場がビッグウエーブを起こしました。
30万台も売れたと言われていますが、そのため、アクセサリーも多数発売されました。
マーケットのアプリも、日本国内向けの商用アプリが増え、一気に厚みが増しました。
Androidを急速に進化させたのは、間違いなくXperiaだったのだと思います。

そして、Androidがメジャーになったことで、多くのメーカーがAndroid端末を開発し、それが開花したのが冬モデル商戦。
いろんな味付けがしやすいAndroidだけに、いろいろな個性の端末が登場し、選ぶのが難しい状況に。仕様が乱立していて、機種によって動かないアプリがあったり、Androidのバージョンもバージョンアップするか否かの問題も注目の話題の一つでありました。

現在、Androidは大きな過渡期にきていると思います。
この先、ある程度の仕様の統一が図られるのか、フィーチャーフォンと淘汰された端末ができていくのか、ますます多様化するのか・・・・・
しばらくは動きから目が離せない状況が続きそうですよね。

私は「ガラロイド」と呼んでいますが、フィーチャーフォンに近い機能を盛り込んだ国産Androidはこの先主力になっていくようにも思います。
個人的には、海外の味付をあまり変えないままの純粋なAndroidが楽しめる端末も並行して発売し続けてもらいたいですね。
選べる市場が成長してきたのは嬉しい限りです。

一方で、iPhone4、iPadというビッグウエーブを生み出したAppleの動きも目をみはるものがありました。
iOS4により、今までウイークポイントであったマルチタスクに対応し、快適さがアップしました。
私個人では最近iPadを購入しましたが、デバイスとしてはタッチパネルがとても快適なのでタブレットとして使っていてストレスがほとんど無いのが素晴らしいと思いました。
やはりApple製品には人を惹きつける魅力があると感じました。

市場ではiOSとAndroidの2強という様相が強くなってきましたが、私はWindows PhoneもBlackBerryも利用しています。
Windows Phoneは感圧式タッチパネル×前面QWERTYのSC-01Bと、静電式タッチパネル×スライドQWERTYのT-01Bの2機種を使っています。
SC-01Bは従来のWindows Mobileと近いUIを持っていて、ずっとWMを使っていた人には馴染みやすい端末でした。
T-01Bは、東芝UIによりAndroidのホームに似た操作性を実現し、新しい感覚を体感させてくれました。
とても工夫されていますが、Windows Phoneを使い慣れている人には戸惑うところもあり、まさにWindows Phone7への過渡期を感じさせる端末だと思いました。
Windows Phone7待ち遠しいです!!!

BlackBerryは、Bold9700と廉価版のCurve9300が発売され、12月からはBlackBerry Internet Service(BIS)も値下げされ、spモードメールにも対応しました。
これまで独自色が強く、値段が高かったため特別なものというイメージの強かったBlackBerryですが、廉価版Curveが発売されたことからも、普及したいという意図は伺えます。
有料アプリも日本で購入できるようになっていたり、細かい使い勝手はだいぶよくなってきているのですが、いまいちまだ周知されてないかなぁ・・・・という印象もありますね。
ドコモマーケットで販売とまで言わずとも、アプリサイトでの紹介など、少し力を入れていただければうれしいなぁ・・・・というのはユーザーからの願いであります。
使ってみれば良さが分かってもらえるはず!!

各OSごとにいろいろ語ってきましたが、独断と偏見で書いていますのでご了承ください。
そして、なんといってもspモードなどのキャリアメールへの対応。
メールの問題から乗り換えられなかった層にも浸透し、一気にスマートフォンへの乗り換えが進んだのは事実です。
まだまだフィーチャーフォンのメールの使い勝手にはかないませんが、メールが送受信できるだけでも十分嬉しいですよね。

1年後、スマートフォン市場はどうなっているのでしょう?
今よりも安定して、使い勝手はよくなっていると思います。
楽しみですね。

posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 03:28 | comments(0) | - |

タブレット系が無性に欲しい日

今日、母の命令により32型テレビを購入に家電量販店へ。
すると・・・・・・あいつがいましたっ!!!

iPad!!!

なんで今更?
なんで今なん?
忘れた頃の秋田上陸です。
今まで取扱店がなかったという、秋田は悲しい鎖国っぷりだったんですが、ようやくですよwww

ってことでデモ機いじってきました。
でかい・・・・
でかいけど感動!!!
写真を全画面表示させると感動w
ピアノアプリとかすごい感動w

ソフトバンクプランのやつだったのでスルーしましたが、やっぱりこれ欲しいんですよねw

そして、帰りにドコモショップ。
Galaxy Tabのコールドモックありましたよw


iPadよりはコンパクトだけど大きいね。
Androidがそのままでかくなったような感じw


厚みは1cmくらいかな。
重量感もありました。

実際のモック触ってヨサゲなら欲しくなるかもなあ。
でも、デバイスそのものはきっとiPadのほうが素敵なんだろうと思います。
悩ましい・・・・・。

Galaxy Sに行ってしまう可能性も否定できませんけどねwww
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 18:04 | comments(0) | - |

新感覚ブログメディア「エスマックス(S-MAX)」OPEN!

ライブドアにて、スマートフォン活用をコンセプトとしたブログメディア「エスマックス(S-MAX)」がオープンしました。




 ライブドア、スマートフォンやiPadをもっと楽しく使えるブログメディア モバイル・スマートフォン活用ブログメディア「エスマックス(S-MAX)」をオープン 〜これまでよりもワンランク上の活用法で日常生活をより豊かに〜

以下、記事抜粋です。
 インターネット事業会社である株式会社ライブドア(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:出澤 剛)は、運営するポータルサイト「livedoor」に て、iPhoneやAndroidなどで人気のスマートフォンの活用と「もっと自由なモバイル」をコンセプトとしたモバイル・スマートフォン活用ブログメ ディア「エスマックス(S-MAX)」をオープンしました。

 今回オープンした「エスマックス(S-MAX)」は、通話だけでなく、インターネットの利用や楽しく便利なアプリケーションを追加できる高性能なモバイ ル機器として定着したスマートフォンを初め、電子書籍やビジネス、あらたなコミュケーション端末として期待されているiPad、日本独自の進化した携帯電 話などの最新情報をはじめ、これらのモバイル機器をさらに活用するための情報を提供しています。iPhoneやAndroid、iPadなど話題のモバイ ル機器は手に入れたけれど、「まわりの人のようにうまく使えていない」「自分にあった使い方がみつからない」など、活用方法に悩みを抱えているユーザーを 対象に、便利な活用のしかたや、日常の生活の中でいかに実用していくかをわかりやすく解説します。スマートフォンやiPadなどのモバイルデバイスを通し て、これまでよりもワンランク上の活用法を提供することで、ユーザーがそれらのデバイスを上手に活用し、日常生活をより豊かにできるような環境提示を目指 します。
ニュースサイトというよりブログという形で、とても親しみやすいサイトになっています。
便利な情報も豊富なので、私もちょくちょくのぞかせていただこうと思っています〜♪

エスマックス(S-MAX)はこちら!
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 14:56 | comments(0) | - |

T-01Bのホットモックを触ってきました

会社が定時で終わったので、ドコモショップへ行き、6月18日発売のT-01Bを触ってきました。




白と黒の2色展開ですが、私は白が好きですw

・静電式4.1インチ有機ELタッチパネル
・スライド式QWERTYキーボード搭載

WMといえば感圧式じゃんw
ってのは、SC-01Bのプレゼンの時にもお話したんですが、静電式だと細かい操作が出来ないのでWMのUIに向かないと思ったのが大きな理由でした。

でも、東芝独自のインターフェース「NX!」はそこそこよく出来ていて、タッチの反応もよく、使い勝手は良い感じです。
ボタンが大きく設定されているため、タッチ操作もしやすくなってました。
(まだ細かいところを指定しなければならない場面もありますが、このあたりはUIを煮詰めて欲しいところでもあるかな)

そして、有機ELの発色良すぎ!!!
色が鮮やかすぎて惚れました///

前面QWERTYラブな私にとって、スライドのキーボードは横に長いため若干打ちづらいんですが、ここはしょうがないのかなと。
エンターキーが他のキーと全く同じ形状で、大きさも同じなので、押し間違えが多発しそうな感じはありました。
W-ZERO3みたいにEnterは大きくして欲しかったなぁ・・・。

ただ、文字変換がATOK標準搭載なので、ちょっといじった感じでも変換がいい気がします。
文字もくっきり見やすくて、これならWord文書やメールもサクサク作れるなあ・・・・なんて思ったりしました。

本体のマットっぽい質感に乗ったパールが綺麗。
所有欲をそそります。
薄さもいいですねーーw

電話として使うならちょっと大きいので、そのあたりはSC-01Bに軍配があがります。
電池持ちもおそらくSC-01Bの圧勝でしょうねえ。
でも、何だかT-01Bも欲しくなっちゃったりしたのでした。

BBB9700までぐっと我慢です、我慢、我慢。。。。。

posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 21:24 | comments(0) | - |

結局お勧めのスマートフォンはなに?というお話

 私は今、Android端末HT-03A、Windows Mobile端末SC-01B、BlackBerry Bold9000、iPod touch(iPhone OS)を使っています。
そんな私を見て、いろんな方が同じ質問をされます。

「結局どれがよいの?」

ぶっちゃけて言いますと、どれがよいか決められたら複数台持ち歩いたりしていないのですがw
でも、それぞれを使ってみた私の率直な感想を述べたいと思います。

現在、メインSIMはBlackBerry Bold固定です。
これは、BlackBerry Internet Service(BIS)が無いと、BlackBerryがほぼ使い物にならないという要因が大きいのですが、メールやTwitter、メッセンジャーがプッシュで届く安心感は、メイン電話回線にはふさわしいのかなって思っています。
しかし、BlackBerryはアプリが少なく、日本語アプリも少ないので、導入が難しい部分があります。
そして、仮にアプリを入れたとしてメモリがものすごく小さいので、すぐに固まります。
また、内蔵カメラの質も悪く、あまりTwitterアップには使いたくないのが本音です。
メモリとカメラについてはBBB9700で改善しているので、こちらを購入すればだいぶ状況は良くなると思いますが、アプリの種類はもっと増えてくれないと厳しいかなぁ。

現状の契約端末になっていて、現在はほぼWifi運用しているのがHT-03Aです。
Wifi環境でも3Gと同じことが出来るのがこの端末のいいところです。
Androidは楽しくて、いろいろアプリを入れ替えて楽しんでいます。
クラウドサービス、Googleとの相性は抜群で、カメラアプリが豊富なので楽しいです。
Google同期には絶対の信頼度がありますが、Donuts(OS 1.6)なのと、HT-03Aが非力なマシンのためもっさり感じてしまうことがあり、メインで使うには若干ストレスになることがあります。
そして、BBBを使うようになってから、メールの類はQWERTYキーボードを使いたくなりました。
そんなわけでHT-03Aは通信せずにPDAとして、お家ではアプリを入れて遊んだりといった使い方をすることが多いですね。
XperiaやDesire、そして秋に控えるGalaxyが手に入ればメインに返り咲くかもしれませんw

そして、モニターとしてお借りしているSC-01B。
かれこれ2ヶ月半使っておりますが、ある程度アプリも固まり、安定して使っております。
Wifi中心で使っていたのですが、外でも使いたくなり、現在はb-mobile SIMを入れて運用しています。
Microsoft My Phoneがものすごく便利なのと、Officeをたまに使うこともあるので、その際には大活躍。プレゼン前にはパワポの最終チェックなどもしていました。
感圧式タッチパネルということで、お絵かき端末と化してますw
いろんな方のアイコンがこの端末から生まれましたw
Microsoft ExchangeでGoogle同期もできますし、実用性は十分です。
ですが、BBBと同様、アプリがちょっと足りないかなと思います。
ここはMarketPlaceの拡充を早急にお願いしたいところですね。

現状では、使いたいアプリをすぐに試せるという欲求を満たしているのはAndroid端末のHT-03A、出先でもきちんとメールが出来る便利な端末がBlackBerry、ビジネス文書編集、PCとの親和性、お絵かき(笑)に長けているのがSC-01Bなのかなって思ってます。

それぞれに良いところがあり、使いたいことに合わせて端末を乗り換えているのが今の私ですね♪
posted by: ちえ | スマートフォン/PDA | 12:09 | comments(0) | - |