唐突に、自分の持っている東芝dynabook TX66Jと、モニター中のThinkPad Edge 13"を比較してみました。


★CPU
dynabook:インテルCore2Duo CPU P8600 2.40GHz
ThinkPad: AMD Turion 1.60GHz(tm) Neo X2 Dual Core ProcessorL625

★メモリ
dynabook:4GB(最大4GB)
ThinkPad:2GB(最大4GB)

両方デュアルコアで、快適に使えています。
が、ThinkPadはAMDなので、音が結構したり、ちょっと熱くなったりすることはあるかなぁ。CPUの差は感じます。
でも、許容範囲内です。
また、メモリも4GBに増設すれば今よりも快適に使えると思いますので、普段使いには十分。相当グラフィックいじるとかない限り、dynabookのスペックはいらない。

★ディスプレイ
dynabook:16型WXGA液晶
ThinkPad:13.3型HD TFT液晶

dynabookからThinklPadに乗り換えると小さいと感じたりはしますが、正直13.3型で十分だと思います。DVDも見ないし・・・・

★HDD
dynabook:400GB
ThinkPad:320GB

ThinkPadの320GBはかなり頑張ってると思いました。

★OS
どちらもWindows 7
※dynabookはあとからアップグレードした。

★本体重量
dynabook:2.8kg
ThinkPad:1.64kg

★無線LAN
どちらも搭載

★Bluetooth
ThinkPadのみ搭載

★Webカメラ&マイク
ThinkPadのみ搭載

★光学ドライブ
dynabookのみ搭載

初めインストールするのに不便で愚痴ったものの、ほぼ使っていないことを考えると、外付けを買っておいて普段外すほうが建設的だと思うようになりました。
これもThinkPadへの愛ゆえでしょうか?

★バッテリー寿命
dynabook:1.3時間
ThinkPad:3.5 3.9時間(※誤っていたため修正しました 6/14)

★タッチパッド
dynabook:タッチパット(シングルタッチ)
ThinkPad:タッチパット(マルチタッチ)+トラックポイント

****************************

と、いうわけで、スペック上はこれくらいの差があります。
まあ、価格帯も全然違いますし、狙ってるポジションも違うからここを比較するつもりはありませんが、後半に注目。
BluetoothやWebカメラなどの、モバイルノートに必須機能はきちんとThinkPadもおさえています。
これ、とてもうれしかったりする。
バッテリー寿命が3.5時間なのは心もとないけど、1.6kgならACアダプター持参で持ち歩ける重さですよね。
dynabookの2.8kgはさすがに据え置き専用です><

そして、その差を大きく感じたのはタッチパットの存在。
dynabookのタッチパットを久々に起動してみたら、シングルタッチだし、スクロールは厳しいし、とても使えたもんじゃない。
それもこれもThinkPadのトラックポイント&マルチタッチのタッチパットに慣れてしまったせいだと思います。
それほどに快適。
マウスを持ち歩く必要が無いというのもいいですね。

あと、スペックには表れないところですが、キータッチは圧倒的にThinkPadがいいです。
dynabookはパシャパシャうるさくて安っぽい感じがする・・・。


普段使いとして十分なスペックを持ちながら、モバイルにもきちんと対応する。
そんなEdgeなThinkPad。赤い天板も含めて愛おしくなってきました♪
コメント
コメントする