アジャイルメディアネットワーク(以下AMN)様のモニターキャンペーンで、ドキュメントスキャナCANON ImageFORMULA DR-150をお借りすることができました。

届いたので早速開封の儀式〜★


大きさの参考のために箱の上にSC-01Bを置いてみました。
結構小型ー。
プチプチでダイレクトに包むという大胆な梱包で到着いたしました♪


さっそく開封・・・・・わくわくw


・ドキュメントスキャナ本体
・給電用USBケーブル
・USBケーブル
・取り扱い説明書
・CD-ROM

以上が中に入っていたものです。
取り扱い説明書を真っ先に開封〜。


CD-ROMには、名刺管理ソフト「やさしく名刺ファイリングエントリー」、家計簿ソフト「やさしく家計簿エントリー」、文書ファイリングソフト「PaperPort」が収録されています。
スキャンするだけならドライバのインストールはいらない、というのが素晴らしいところ。


このような小さな部品が付属されてきます。これは「分離パッド」というそうです。
これを、まずはフィーダーカバーに取り付ける必要があります。



本体は片手でも持てるくらいのサイズです。
コンパクトなのがいいです。


机の隅っこにさりげなく置けます。


開くとさりげなくなくなりますw
でも、使うとき以外はコンパクトなのがこの機種のいいところですね。


本体の後ろに端子口があります。
USBはバスパワータイプなので、USB一本でも動作しますが、高速で使いたいときは給電用USBと普通のUSBを2本個使いすることもできます。

AutoStartスイッチがオンの時は、スキャナに内蔵されているスキャン用ソフト「CaptureOnTouch」でスキャンすることができます。
「CaptureOnTouch」をPCへインストールして使う場合には、このスイッチはオフにしてください。

パソコンにインストールの必要が無いということは、人のPCを借りても使えるということで、シーンを選ばないのが嬉しいです。

USBをPCと本体に接続し、給紙トレイを開くと自動的に電源がオンになり、ドライバーがインストールされます。
自動再生でCaptureOnTouchが立ち上がります。


本体のボタンを押すか、ソフトの「スタート」をクリックするとスキャンが始まります。


名刺を読み取ってみました。
縦に読み込んでしまったので、左回転をかけます。


名刺をまとめて読み取ってPDFで保存すれば、ちょっとした名刺のデータベースの出来上がりです。
Jpeg、TIFF、BMP、PDFで保存出来ます。

使ってみて、ソフトウエアの使い勝手はとてもいいと思いました。
手軽に読み取って、ささっと補正して保存。
これ、結構快感です。
使い終わったら給紙トレイを閉じるだけで電源OFFになります。とても直感的な操作がいいですねー。

ただ、給紙方式の読み取りのため、写真などの読み取りには適さないと思います。
結構キイキイ言います。
くたびれた用紙などは、詰まりやすいです。
フィーダーカバーが開くので,詰まった用紙は簡単に取れますが、原稿を切らしたりするとちょっとへこみます。

紙媒体で保存しているものをかたっぱしからスキャンしたら便利だな、などと考えております。1ヶ月間お借りしますので、面白い使い方を模索してみようと思いますー。
コメント
コメントする