docomoの冬モデルリリースがあったというのに、モチベーションが全くあがらなくてごめんなさい。
理由は、11月4日に小室哲哉氏が逮捕されたこと。
中高生の頃に、狂ったように小室系を聞いていたもので・・・・・。
そして、TM NETWORKも大好きで、今も応援し続けていただけに・・・・。

TMの25周年記念アルバムも発売中止、globeの新曲もお蔵入り。
しかもこれまでの楽曲も配信停止。
ラジオ、有線では小室さんが参加してるユニット(TMとglobe)の放送自粛という動きもあるとか・・・。

かつての勢いはありませんでしたが、ここ最近の曲は「味のある」曲を出していたと思います。あれだけの「売れる」というムーブメントを感じてしまった小室さんにとっては、今も根強くついてきているファンのことは見えていなかったかもしれませんけどね。

かつてTMNを終了するときにファンのことを「15万個の消しゴム」として例えたことがありました。
どんなに駄作を作っても買ってくれる盲目的なファンのことです。
マニアに売れるより、一般に受け入れられたかった。
そういう気持ちが、小室さんを売れる音楽へ執着させたのだと思います。

でも、今残っているのは「消しゴムファン」だと思います。
15万が1万に減ったかもしれない。
だけど、確かにファンは残ってる。
こういうことになってもなお、音楽を愛し、待ち続けているファンは居るんだと。

少しでもそういうファンが見えていれば、犯罪に走らなかったんじゃないかなと思えてなりません。

今、彼の功績をたどるように、過去のヒット曲をひたすら聴いています。
売れない時代、私も理解しきれずにあまり聞いていなかった。
だけど、改めて聞いてみます。
「消しゴムファン」として・・・・・。





ほとぼりが冷めたらデジモノ話に戻るので、少しだけ、今は感慨に浸らせてください。
コメント
コメントする