さて、京ぽんを解約し、二度目のDocomoの契約をしまして、通算7台目の携帯端末、通算2台目のDocomo携帯であるSH505iSを手にしました。



凄くスタンダードなデザインです。
パールホワイトが気に入ってました。
この機種の特徴は、AF付き200万画素カメラ搭載、横撮りスタイル、2.4インチポリシリコン液晶、という感じですかね。
私は、携帯カメラにハイスペックは求めていなかったのですが、液晶が物凄くキレイだったのでこの機種を0円で入手しました。



開くとこんな感じ・・・・。



とにかく発色が鮮やかな液晶でした。



メインメニュー1



メインメニュー2



メインメニュー3



メインメニュー4

とにかくグラフィカルなデザインでした。
今見ると結構目がちかちかしますが、京ポンに比べたら断然見やすい(笑
SHシリーズおなじみのマネーカルクもこのころから搭載されてました。
Nancy形式で動画を撮影できたのですが、互換性が無く、あまり活用する機会が無かったように思えます。



メロディは30件しか保存できませんでした。
泣く泣くどれかを削除しなければならなかったのがつらかったなぁ・・・・。
他の機種とかはもう少し保存出来ていた気がします。



メールメニュー。



文字入力画面。まだ変換候補は表示が少なかったです。



背面はこのようになっており、横撮りしやすいようにグリップもついていました。
ちょっと電池蓋が壊れててシール貼ってるので、ぼかし加工してます(笑



閉じたままある程度の操作が出来たのもこの機種の特徴です。
カメラ起動、リモコンアプリ起動、新着メールチェックが出来ました。



メモリーカードはminiSDに対応しており、スロットはこんな感じでした。
ゴムじゃなくてパカッと開くところが気に入ってました。901以降は全てゴムになってしまい、開閉しずらくなってしまったので><



カメラを起動すると、何故か上下に帯が入ってしまい、表示エリアが少なくなるのが困った仕様でした。
Viewキーを押すと全画面表示になるのですが、面倒でしたねぇ・・・・



横撮りのときはサブディスプレイがファインダーになります。
少々見づらいです・・・・。

最後に写真の作例を載せておきます。


コメント
コメントする