さて、4回目ですが・・・・・残念なお知らせが。
特集を組もうとしていた、通産4代目の携帯端末、出戻りのPHS、三洋レジェRZ-J700。
この機種を取材するにあたり、充電したのですが、接触が悪いのか充電されず、電源入れた写真が撮れず・・・・・。



外観の写真でお許しください・・・・。

ケータイ新製品SHOW CASE RZ-J700

不本意ながら、本家(?)のリンクを貼らせていただきました。
この機種は、大型TFT液晶搭載ということで、当時の携帯並みにキレイな画面でした。
洗練されたフォルムも気に入って、携帯を解約してでも戻りたくさせる端末でしたね。
この機種に変えた大きな理由が、ライトEメールの無料化にあります。
ライトメールですと、PHS同士でしか使えないので、周りが携帯化してきて、メリットが少なかったのですが、ライトEメールはどの機種とでも無料。
文字数は少なめに設定されてますが、用件を伝えるのには十分で、ほぼ事がたりました。
なので、使用料金がかなり抑えられましたね。
着メロは32和音。
PCM音源でキレイでした。
また、Trevaをつければカメラも使えましたし、マンボウ(サウンドマーケット用音楽プレイヤー)を使えば音楽も聴けました。
地味に「文字確認」という、文字を拡大してくれる機能が、漢字の弱い私にはありがたかったりしました(笑



マンボウの写真↑↑。





↑↑トレバで撮影した画像。(元データはBMP)

この機種はこよなく愛していたので1年以上使いました。
が・・・・・接触が悪く、急に電池が切れたりといった不具合が出てきたので、出張も控えていて、丁度よくいい機種もでたので機種変更したのでした。
コメント
コメントする