1月の携帯・PHS加入者数、各社純増もドコモは苦戦

事業者   純増数    累計
NTTドコモ   7,000 52,220,800
KDDI    208,400 27,433,900
ソフトバンク 164,000 15,660,50


auは相変わらず好調ですね。
ソフトバンクモバイルの純増は、2台持ちユーザーの急増が原因と思われます。

<MNPを利用した1月の契約者数>
ドコモ・・・9万8,500人のマイナス
au・・・11万5,500人のプラス
ツーカー・・・7,100人のマイナス(転入を受付けていない)
※KDDI全体では10万8,400人のプラス。
ソフトバンク・・・転入8万2,300人、転出9万2,300人で1万人のマイナス


このデータからも分かるように、ソフトバンクはMNPでは負け続けてるんですよね。
つまり、auの一人勝ち。
ソフトバンクのプランでは、乗り換えるというよりも利用方法を限定して二台持つほうがお得と考えられたのでしょうね・・・
(実際は、スパボのサービスは基本料に依存するため、端末購入価格などに響いてくるらしいのですが・・・基本料にローン価格を加算すると決して安くない、という落ちですね。)

ドコモはこの結果を受けて、機種のスペックアップに本腰を入れるようですので、今後の動向に注目ですね

ちなみに、ウイルコムは4万の純増でした。
コメント
コメントする