Galaxyは圧倒的にNote派のちえです、こんばんは。

 

先日、エンガジェット日本版のイベントに参加いたしまして、Galaxy Harajukuで行われたGalaxy FoldとGalaxy Note10+の魅力を存分にプレゼンしていただきました。

折りたたみ式スマホ「Galaxy Fold」は、確かに先進的。

でも、24万するんですよね・・・。

自分は、Galaxy Note8使いだったので、Note10+に変えて素晴らしかったという太田百合子さんのプレゼンが心に刺さりまくったのでした。

そのあたりはツイートしているのでご興味があればご覧ください。

 

https://twitter.com/search?q=chakorin0901%E3%80%80%EF%BC%83GalaxyFold&src=typed_query&f=live

 

実はイベント前からauオンラインショップでGalaxy Note10+を予約しておりまして、発売日に入手することができました。

ざっくりと開封レビューいたします。

 

 

購入したのはau限定色オーラグロー。

ペンが青なのがまた良きかな。

 

 

箱の中身はこんな感じ。

 

 

小箱にはなんとNote10+のクリアカバーが入ってました。

本体にも保護シール貼り付け済み。至れり尽くせりですね。

 

 

書類関係はこの3部。

 

 

Sペンのペン先交換キットも付いています。

Note歴長いけど、まだSペンのペン先変えたことは無かったりします。

 

 

Type-C to Type-Cケーブルが付属。

Smart Switch Mobileに使います。

 

 

Type-C端子のAKGイヤホンが付いてきました。

 

 

撮影者泣かせのオーラーグロー背面です。

凄く・・・映り込むしまぶしいです。

虹色が派手!

 

 

Type-CケーブルをNote8とつなげてデータ移行もスムーズにできました。

 

 

カメラはクアッドカメラです。

 

 

光が当たると背面の色味が凄い。

 

 

端末右側面には何も配置されていません。

 

 

本体上部には本体上部にはSIM、microSDスロットが配置されています。

 

 

本体左側面には音量ボタンと電源ボタンが配置されています。

 

 

本体下部にはSペンとType-C端子が配置されています。

 

Smart Switch Mobileのおかげであっという間に環境移行も終わり、ガシガシ使っていきます。

ただ、Note8がAndroidアップデートしたものと、そこまで変わりが無いのも事実。

カメラくらいですかね、目立った違いは。

Galaxy Noteアプリも同等になりましたしね。

でも、指紋認証と顔認証両方設定できるのはとても便利!

カメラも広角が追加され、ライブフォーカスのエフェクトも増えたので楽しくなりましたよ。

純粋に進化してるなぁと思います。

 

エンガジェットのイベントでGalaxy Fit eもいただいたのであわせて使っていきたいと思います。

 

 

 

コメント
コメントする