宅配料金の値上げが話題になる昨今ですが、日本郵便では、「ゆうパックスマホ割」というサービスを開始しています。

 

https://www.post.japanpost.jp/service/you_pack/sumahowari/

 

日本郵便が配信する「スマホ割」アプリで伝票作成、クレジットカード決済することで宅配料が通常よりお得になります。

 

・ゆうパック基本料金より180円お得。

・アプリ限定割引

・年間10個以上発送すると次の発送で10%オフ

 

筆者も早速使ってみたので紹介します。

 

まず、アプリの利用にはゆうびんIDとクレジットカードの登録が必要です。

ゆうびんIDの取得は無料です。任意のメールアドレスで作成しておきましょう。

ここでは、ID、カード登録後の操作を紹介します。

 

 

<荷物を送る>

・あて名ラベルの作成

・アドレス帳

・作成履歴

 

 

まず、依頼主の情報を入力します。

自分の情報を入力したい場合は、「ご依頼主情報から引用」をタップすると自動入力されます。

 

 

お届け先も同様に入力します。

ご依頼主情報、アドレス帳から引用することもできます。

また、入力情報をアドレス帳に追加することもできるので、次回から入力が楽になります。

 

 

・予定サイズ

・品名

・荷物区分指定

・発送予定場所

・発送予定日

・お届け日時指定

・メール配信の有無

 

以上の内容を入力します。

今回筆者は明らかに小さくて軽い物を送ったので60サイズを指定しましたが、サイズ判定がきわどいものなどは郵便局で測ってもらってからその場でアプリ登録してもいいかもしれません。

配達予定場所は郵便局のみで、コンビニは不可です。

 

 

発送場所は検索機能を使うことができます。

GPS取得すると近くの郵便局がわかるので便利です。

 

登録が終わるとQRコードが表示されます。

スクリーンショットのQRコードは不具合が起こる可能性があるので、アプリ画面をスキャンしましょう。

 

 

郵便局のゆうプリタッチという端末にQRコードを読み込ませると伝票が出力されます。

この端末が無い郵便局でも窓口でQRコードを読み取ってもらうことができます。

 

あとは伝票と荷物を窓口に持って行って受け付けすればOKです。

クレジットカード決済しているので、窓口での支払いは不要です。

 

実際使ってみると、細かい伝票書きがアプリで出来るのは非常に楽です。

送信履歴もゆうびんIDに残るので、後から確認しやすいのも嬉しいポイントです。

送信履歴やアドレス帳から簡単に送付先を作成出来るので、使えば使うほど使いやすくなると思います。

ヤマト運輸で便利に使っていた伝票作成がゆうパックでもできるようになったことで、利用頻度が増えそうな気がします。

 

 

コメント
コメントする