<< Mac Book Airが充電不良になりました | main | ドコモ版iPhone 8 Plusを敢えて予約した理由 >>

Mac Book Airが修理に旅立ち、Windows10パソコンをメインに復活

充電不良になってしまったMac Book Air 13インチが、ヤマト運輸によって回収されました。

梱包は業者が行うので、本体をそのまま手渡すだけでした。

無事帰ってきておくれよ・・・。

 

そんなわけで、Macが無くなってしまったので、しばらく使っていなかったWindows10パソコンを復帰させることにしました。

LAVIE Hybrid ZEROを数ヶ月ぶりに起動しまして、Windowsアップデートを当てました。

一度終わって再起動すると、またアップデートが見つかりアップデートを繰り返していました。

Windows 10 Creators Updateも適用させました。

アップデート中、ストレージが足りなくなりまして、Dropbox(デスクトップアプリ)を選択型同期に変更し、なんとかアップデートを続行できました。

アップデート後、すぐに古いWindowsのバージョンを削除しました。

 

LAVIE Hybrid ZEROはSSDが128GBなので、Dropboxプロで使っているとかなり容量が食われてしまいます。

なので、基本的に仕事で使うフォルダのみを選択型同期にして、ほかはWindowsストアのDropboxアプリで対応することにしました。

 

ここで知らない人のために、Dropboxのアプリについて簡単に説明します。

 

Dropboxにはデスクトップアプリとストアアプリの二種類があり、それぞれあるいは両方をインストールして使います。

デスクトップアプリは、エクスプローラー内にデータをダウンロードして保存するため、ストレージ容量を消費します。

一方、ストアアプリは、オンライン上のデータにアクセスするため、パソコン本体のストレージは消費しません。使うファイルのみダウンロードすれば利用することができます。

 

デスクトップアプリはすぐにファイルを開き、編集、保存することができ、状態が即座に同期されるので、パソコンの容量に余裕があるときは迷わず全同期で問題ないでしょう。

ストアアプリは、カメラアップロードなどで必要な画像を閲覧したりダウンロードするときには便利です。

ダウンロードしたファイルを編集した場合、編集後のファイルを手動でアップロードする必要があるので、常に編集するような場合はあまり向きません。

 

と、Dropboxの宣伝のようになりましたが(笑)、ストレージ容量をクリアするにはDropboxで上手にデスクトップアプリとストアアプリを使い分けるのが効果的だとわかりました。これで、ひとまず仕事もできるようになってきたかな、と。

 

去年Macを買ってからしばらく触ってなかったWindows。

よくタッチパッドを左右にスワイプしてしまうのですが、その度に我に返っています。

Windows歴の方が圧倒的に長いのに、なんか体に染みついているんだなぁ・・・。

でも、しばらくまたWindowsを使うので、すぐ慣れると思います。

OfficeはやっぱりWindowsのほうが使いやすいですね。(ここ、負けたらMicrosoftどうなのよ、って感じですが)

 

とりあえず、我が家にはパソコンが複数あって助かりました。

早くMacも戻ってきますように。

 

 

posted by: ちえ | 日常 | 21:06 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 21:06 | - | - |
コメント