<< nintendo Switch個人的雑感 | main | MacのWordで文字入力がおかしくなった対処法 >>

家族がiPhoneアップデートに失敗して四苦八苦した話

私の話では無いのですが、家族がiPhone 7 Plusをオンラインでアップデートしようとしたんですね。

そしたら、リカバリーモードになってしまったんです。

 

 

とりあえずUSBケーブルでiTunesに繋げと書いてあるのでその通りにしてみます。

我が家のiPhoneのホストにしているデスクトップPCは、iPhoneの同期くらいにしか使っていなくて、起動のたびに恐ろしくWindowsアップデートが走り、とてつもなく動作が重たくなります。

そんなわけで繋いでみたのですが、認識するも更新をかけるとデバイスが見つかりませんと出てくる。

そうこうしているとまたWindowsアップデートがかかるので、一旦iTunesを落としてアップデートを完了して・・・

といった事を繰り返していたらその夜は早朝まで寝れなくて・・・。

翌日も引き続きパソコンに向かい、何とかWindowsアップデートはクリアして、再度更新をかけるも、またもや失敗・・・。

心も折れそうな状況に・・・。

 

結局、復元はすることができたので、復元をすることに。

昨年、iPhone機種変更の時に取ったバックアップしかなくて絶望・・・。

仕方ないので昨年10月にiPhoneがタイムスリップ。

半年間よ、さようなら。

 

一応iCloudは50GBプランに入っているので、画像をバックアップ取っていることを願うしかないですね。

Apple PayとかLINEとかあれやこれやと、設定のやりなおしでございます。

 

こんなことがあったので、次回からはアップデートの前にバックアップを取ることを強く心に決めたのでした。

ちなみに私はアップデートに成功したので、胸をなでおろしております。

私の場合iCloudバックアップなので、実害はそこまで大きくなさそうですが。

 

みなさんもお気を付けくださいませ。

 

 

posted by: ちえ | iPhone | 22:38 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 22:38 | - | - |
コメント