ドラクエナンバリングタイトルはやったことのないちえです、こんにちは。
唯一ハマったのが「ドラクエモンスターズ2イルとルカのふしぎな鍵」でした。
モンスターを配合しながら育成していくというシンプルさで、ゲーム苦手な私でも楽しめました。
そして、まもなく発売になる「ドラクエモンスターズジョーカー3」。
3月9日に特別体験版がニンテンドーeショップとamazonで配信になりました。
※amazonはオンラインコードの配信となり、これを使ってニンテンドーeショップからダウンロードすることになります。

DQM-J3特別体験版配信決定

体験版をクリアすると、製品版でアイテムゲットできるプレゼントコードが貰えるとなると、やるしかないでしょ!
というわけで、早速やってみることに…。

…なにこれ、超楽しい。

体験版なので、まぁ、ちょっと体験できるだけだよね、と思ったのですが、すでに現在のプレイ時間21時間。
めっちゃハマっております。
一つの世界で遊ぶことができるのですが、最初はデフォルトのモンスター、イルカちょうちんとキラーパンサーの2体を持っていて、フィールドのモンスターをスカウトしてパーティを増やしていくことになります。
イルカちょうちんは野生のものもいますが、キラーパンサーは野生は居ないので注意です。
パーティはイルルカのときと同様に前線に4体(メガサイズの場合2ブロック消費)、控えに4体。それ以外はモンスター預り所に待機しています。



モンスター預り所がXキーを押すと出てくるメニューからアクセスできるようになり、パーティ組み換えのためにホームに戻る必要が無くなって楽ちんになりました。

モンスターに乗ることもできて、これをライドモンスターと言います。
十字キーの←↑→にそれぞれモンスターを割り当てることができ、これはパーティに入っていないモンスターでも大丈夫です。
モンスターには陸上、水中、空中タイプがいるので、それぞれ一つずつ割り当てておくといいでしょう。


飛べるようになるのは後半になってからですが、超気持ちいいです。

最初のボス?を倒して終わりかな?と思ったのですが、そのあとキングから出されるクエストが20個!
クエストをこなしていくと配合ができるようになったり、できることが増えていきます。
クエストをクリアするたびふくびき券がもらえ、それをくじ引きすることでプレゼントコードをゲットできる仕組み。
コードは100種類あるんだけど、ふくびきは40回まで引けるのでコンプリートするには人と情報交換が必要となります。
まぁ、ネットにコードが流れてるので調べるのが早いかな。
クエストを20個クリア後も毎日一枚ずつ10日間ふくびき券がもらえるので、毎日起動するのを忘れないようにしないと。
ちなみに、クリアした日時から数えて24時間ごとでカウントされるみたいなので、例えば夜11時にクリアしたら次の日の夜11時以降…って感じですね。日付ではないことに注意です。
なので、このふくびき券をもらい終えたころに発売日3月24日を迎えることになります。うまくできていますねぇ。

やってみての感想をざっくりと…。

1)ライドシステムが超楽しい

モンスターに乗れるライドシステムがとても楽しいです。ライドすると移動が速くなったり、ジャンプ力が大きくなったりして操作してて気持ちいいです。特に空を飛ぶのはとても爽快感があります。

2)地図にNEXTが表示されたりリアクターでモンスターを調べられて親切

クエストがあると、地図にNEXTと表示されます。道に迷いやすい私にはとてもありがたかったです。
ただ、地図は平面でフィールドは立体なので、思いもよらず迷うことも。
また、リアクターという機械を使うと、スカウト前にモンスターの特性を見ることができたり、フィールドに隠れているアイテムが入っているステルスボックスを見つけたりすることができるのも要素として面白いです。

3)モンスター預り所がメニューに入って便利に

モンスター預り所がメニューに入ったので、フィールドのどこでもパーティを組み替えることができます。わずらわしさが減って楽ちんになりました。

体験版ではモンスターの種類も限られているし、配合も一回までしか出来なかったりしますが、クリア後はモンスターをコンプリートすべく試行錯誤しているところです。(見落としがあって無理かもしれない)
しあわせのタネ(レベルを1上げるアイテム)を乱獲する裏技も知ってしまったので、無駄にレベルの高いモンスターだらけになりましたが、そもそもフィールドのモンスター自体がそんなに強くないので、最強のアークデーモンとダッシュランくらいしか手ごたえが無くなってしまうという弊害も。

そして、そろそろ別の世界も冒険したくなってきました。
製品版が本当に待ち遠しいです。

気になる方は特別体験版をプレイしてみてください!

コメント
コメントする