<< UPQ Phone A01が返送されました | main | iPhoneでSmartBand 2 SWR12を始めます〜SmartBand SWR10とサクッと外観を比べてみた >>

今更UPQ Phone A01にSIMを入れてみて、苦戦した話

ようやく我が手元に戻ってきたUPQ Phone A01ですが、楽天モバイルのSIMを試しに入れてみました。
SIMスロットは2つあり、どちらもmicroSIMなので、とりあえずSIM1に入れました。



無線とネットワークの設定の「もっと見る」をタップします。



「モバイルネットワーク」をタップします。



「アクセスポイント名」をタップします。



デフォルトで入っているAPNはこの2つ。
右上の+アイコンをタップすると新規でAPNを登録できます。

私は2015年10月5日以前に申し込んだので、下記ののAPNで。

名前:楽天モバイル(何でもいい)
APN:vdm.jp
ユーザー名:rakuten@vdm
パスワード:vrkt
認証タイプ:CHAPまたはPAP
※そのほかは弄っていません。

楽天モバイルのAPN情報はこちら。

楽天モバイル:APN情報

登録が終わったらAPN一覧から楽天モバイルを選択します。

でも・・・3Gしか立たない・・・。
外に出ても3G。
ネットにも繋がらない・・・。
なーぜーだーーーーー!!!!!

ここで初めてUPQ Phoneのオンラインマニュアルを見ました。(おいっ)

UPQ Phone A01のページ

上記リンクからダウンロードできます。
見てみると・・・

【重要】データ通信をおこなうためには以下の設定が必要です
・通信事業者より利用可能なネットワークを検索、選択。
・ステータスバーの「データ接続」アイコンをタップ。データ接続をオンにする。


さらっと重要過ぎる情報が書いてありました!



早速、データ接続をオン!



「通信事業者」をタップします。



検索したところ、NTT DOCOMO 4Gが表示されたので、タップしてみたらこのようなエラーが。
えー・・・何でよ・・・。
しょんぼりしつつ何度か試行錯誤していたら、NTT DOCOMO 4Gで繋がりました!
設定に時間かかっていたのかな・・・。
焦らず待つのが良いみたいですね。
とりあえず、普通に使えています。良かったです。

MVNOを何種類か使ってきた私ではありますが、docomoやauの端末だったり、MVNO事業者のセット販売だったりしたので、端末単体ってそういえば無かったんですよね。
なので、この2ステップが必要というのは、取説見ないと分からないポイントですね〜。
SIMフリースマートフォンは主要MVNOのAPNの設定をして売られている物が多いですが、こういうときに恩恵を感じるなぁ・・・と思いました。
蔦谷家電で展示してたりデザインとかも売りの一つなので、ユーザーの敷居をもう少し低くしてくれてもいいのかな、と思いました。

ともあれ・・・

取説はちゃんと読みましょう、私!

 
posted by: ちえ | UPQ | 17:12 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:12 | - | - |
コメント