<< iPhone 6sローズゴールドを購入しました | main | UPQ Phone A01が、実は技適取得前に出荷されていたことが判明!ユーザーへの返送は10月上旬を予定 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

「Move to iOS」アプリを使ってAndroidからiPhone 6sにデータ転送してみました

iOS9では、Androidからの簡単移行ツール「Move to iOS」を使って簡単にデータ移行ができるようになりました。
Google PlayからAndroidスマートフォンにアプリをインストールする必要があります。

Move to iOS|Google Play

iPhoneの初回起動時のチュートリアルを進めていくと、データの移行方法が出てきます。



「Appとデータ」で「Androidからデータを移行」を選びます。
ここで、Android端末もMove to iOSを起動しておきます。



iPhoneの「続ける」をタップします。

10桁のコードが出てくるのでAndroid側で入力すると接続開始します。





Googleアカウント
メッセージ
連絡先
ブックマーク
写真
カレンダー

以上の内容を選択して移行することができます。

待つこと三時間くらい・・・。
この間はスマホをいじったりできませんし、iPhoneもセットアップが終わってないから使えません。
ひたすら我慢の子です・・・。



Androidスマートフォンの転送が終了しました。
Androidフォンのリサイクルの表示が出ているのに笑ってしまいました。

iPhoneを使おうと思って見てみると、「項目を所定の場所に移動中」という表示が出たまま30分〜1時間ほど待つことに・・・。データが多いとそれだけ待つ時間が長くなります・・・。



ようやく終わりました!
連絡先は細かいところまでは見ていませんがdocomoアカウントで端末に保存している項目は移っている模様。
Googleアカウントはメールフォルダを見ると2つあったアカウント両方とも設定されていました。
パスワードは初回起動時に入力する必要があります。パスワードデータまでは抜いてきていないのかもしれませんね。
iPhoneのメッセージアプリからもAndroidスマホで受信していたSMSが読めました。
カレンダー、ブックマークは確認するのを忘れちゃいました。(初期化してから思い出してしまいました・・・)
カメラロールにもスマホの写真が入っていましたが、全部の画像が未整理で入ってしまっていて、デコメ絵文字とかまで転送されていました(汗)
写真のタイムスタンプも”今日”になってしまっているようです

これから修正してセットアップしていくのが気が遠くなりそうだったので、サクっと初期化してiCloudのバックアップから復元しました。

使ってみて思ったのは、セットアップの時じゃないとこのMove to iOSが使えないので、iPhoneを使えるようになるまで時間がかなりかかるなぁ・・・と思いました。写真の転送が今回かなり多かったので、写真を同期対象から外すとだいぶ早くなるのではないかと思います。
とはいえ、パソコンを使わずに機種変更の作業を自分で出来るというのは便利だと思います。SMSも移行できるというのは、個人的には嬉しいポイントだなと思いました。

posted by: ちえ | iPhone | 17:44 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:44 | - | - |
コメント