7月29日にリリースされた新OS「Windows10」ですが、我が家の稼働中のパソコン三台とも、アップグレードのメーカー保証外でした。泣く泣く諦めようと思っていたところ、引退中だったThinkPad X100eのことを思い出し、この端末ならもし不具合があっても諦めがつくと思い、アップグレードすることにしました。

まず、数年使っていなかったのでWindows8.1にすらなっておらず、Windowsアップデートを当てる作業から。
あまりに長期間あててなかったため、リフレッシュするように促され、初期化してもいいくらいだったのでサクッとリフレッシュ。
データは残ってインストールしたソフトなどはきれいさっぱり消えました。
そこから怒涛のWindowsアップデート。
何度か失敗しながら少しずつ進み、結局一日仕事に。
そしてようやくWindows8.1インストール可能になりました。

Windows8.1になったら次はWindows10です。

Windows10のダウンロード

上記リンクからツールをダウンロードしてインストール。
メディアを作成する方法もありますが、そっちにするとプロダクトキーが必要になるので、直接インストールを選んだほうがいいです。
ただ、私は常駐系を終了せずに作業をしたためか、ディスクイメージ作成中に3回もツールが強制終了してしまい、無駄に時間を食ってしまいました。作業の前はメモリ食うものを切るという基本を忘れていました…。

そんなこんなで手間取りましたが、何とかその日のうちに作業終了。
無事Windows10に触れることができました。



実はThinkPad X100eをWindows8にしたときに何か失敗したようで、カメラが使えなくなったりしていたのですが、Windows10ではちゃんと動いています。
新ブラウザMicrosoft edgeはちょっと不安定な気がします。
スタートメニューは少しずつ使い方がわかってきました。

ThinkPad X100eはタッチパネルがないので、タブレットで操作性を試してみたいな…と思ったりもするけど、それは市場が充実してきてからでもいいかな。
しばらくはWindows10に慣れる意味でも、積極的に使っていきたいなと思います。

 
コメント
コメントする