<< 年末に東京駅丸の内駅舎に今更初めて行ってきたのでF-02GとSC-01Gで写真を撮ってきました | main | ARROWS NX F-02Gの画像編集機能はここまでやるの?ってくらいの本格派 >>

Sノートはどこが変わった?GALAXY Note EdgeとGALAXY Note 3を比較してみた

GALAXYアンバサダープログラムでGALAXY Note Edgeをお借りしてモニターしています。
前回アクションメモについて紹介しましたが、Sメモも若干ではありますが変わっています。

■画面が広く使える



こちらがNote 3。



こちらがEdgeです。
メニューがエッジスクリーンに表示されるようになったので、ノート画面はフルに使うことができます。

■ペンの種類が増えた!



Note 3のペン種類は6種類です。



Edgeでは、万年筆とカリグラフィペンが追加され、アートブラシが無くなっています。
万年筆はなかなか味のある書き味でお気に入りです。

■画像を線画に変換できる

カメラアイコンをタップするとフォトノートとしてカメラが起動します。
オブジェクトだけ検出してくれる機能もあります。



ギャラリーから直接画像を選択してもOKです。



取り込んだ画像はトリミング、切り取りが出来るほか、「編集用に変換」モードも用意されています。

これは何なんでしょう。

編集用に変換してみました。



ヒントが表示されます。
どうやら画像を線に変換するらしいです。



変換後。
何とも言えない絵になりました(笑)

上の方で載せているキャプチャーのサンマの絵もこの変換機能を使った物ですが、使い方によっては思いも寄らぬアートが生まれるかも????

パッと分かる変更点は以上3つですが、折角なのでSノートの便利機能も紹介しますね。

■Evernoteと同期できる

Note 3と同様、Sノートの同期用アカウントにSamsungアカウントだけではなくEvernoteアカウントも選ぶことができます。
Samsungアカウントを使うことを推奨していますが、GALAXYシリーズ以外も使う場合、Evernoteのほうが汎用性が高いと思います。





EvernoteでSノートの内容を見ることができます。これ、便利ですよ−。
Edgeではアクションメモも同期されます。

■選択モードの変換機能は知ってると便利

Sペンで書いたフリーハンドの線を補正する機能があります。



適当に書いた丸を、選択ツールで囲みます。(カメラの下にある雲形のアイコン)



「変換」を選択して「図形を補正」を選びます。



綺麗な丸に補正されました。
ちょっとしたことですが、これでだいぶ見栄えが変わりますよ!

同じメニューから数式変換をすることもできます。




また、文字をテキストに変換することもできます。



実際使ってみると、結構おおっ!!と思う機能ですよ♪

■テンプレートも活用しよう!

Sノートは画像やテキスト、手書き文字を自由に配置することができます。
でも中には細かい編集が面倒!という人もいるのでは?

Sノートにはフォーマットに合わせるだけで綺麗なノートを作ることが出来るテンプレートが多数用意されています。

  

テンプレートを使うと簡単に絵日記なども作れます。
画像も指定位置で長タップして選択するだけで楽ちんです。



■覚えておきたい、Sノートのエクスポート方法

友達に画像データでSノートの内容を共有したい、という人も多いと思います。
意外と知らない?Sノートのエクスポート方法を紹介します。



編集モードではなく、ノート閲覧モードで矢印アイコンをタップします。
各ページがサムネイル表示されるので、エクスポートしたいページにチェックを入れて「完了」を押します。



エクスポートの形式を「画像ファイル」か「PDFファイル」のどちらか選択します。
画像ファイルは、ギャラリーの「S Note Export」フォルダに保存されます。


アクションメモは単純ににメモをするときに便利ですが、Sノートはもっとしっかりと記録したいときに便利です。
紙のノートと同じような感覚で書き込めますので、Noteシリーズをお持ちの方は是非お試しくださいね。


 
posted by: ちえ | GALAXY Note Edge SC-01G | 17:52 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 17:52 | - | - |
コメント