<< コクヨさんでCamiApp Sのタッチ&トライをしてきました♪ #camiapp | main | ドラマ「きょうは会社休みます」を見て年甲斐も無くきゅんきゅんした >>

CamiApp Sメモパッドタイプを購入しました #camiapp

10月11日にコクヨS&Tショーケースで購入したCamiApp Sメモパッドタイプ(Android版)が届きました!



箱はiPad miniと比較すると結構大きいです。



中蓋を外すとCamiApp S本体がお目見え!


CamiApp S本体とメモパッド(横罫)。


バッテリー、専用ボールペン、ボールペン替え芯。



アクションマーカーシート、取扱説明書。


バッテリー容量は700mAhです。



本体裏面のバッテリーカバーを開けて、バッテリーを装着します。


本体右側面。


microUSB端子、電源ボタン、Bluetoorhボタンが配置されており、上部にはLEDインジケーターがあります。



本体左側面にはNFCリーダーがあります。
Android版にのみ配置されています。



本体の粘着シートについているはくり紙をはがします。



付属のメモパッドを貼り付けます。



ボールペンの先端部分を外します。
購入時は芯が入っていません。



付属の替え芯を奥まで差し込みます。



先端を戻してペン先を出したところです。
膨らみのある先端は若干記載しているときに手元が見えづらいですが、慣れるとそんなには気になりませんでした。



電源ボタン長押しで電源を入れます。

ペアリングの前に・・・
AndroidスマホにCamiAppCamiApp S設定アプリをインストールしておきましょう。

完了したらペアリングしてみましょう。



NFC搭載スマホの場合、NFCリーダーにかざすと自動的にペアリングに進みます。



OKを押すとペアリングが完了します。

・・・が、私はGear 2を接続していたからかスマホの調子が悪くてペアリング中で止まってしまったのでBluetoothを入れ直して手動ペアリングしました。
手動ペアリングするには、Bluetoothボタンを5秒以上長押ししてインジケーターを点滅させた状態でスマホ側でスキャンするとCamiApp Sがリストに表示されますので、タップするとペアリングできます。




CamiApp S設定で本体の設定を行うことができます。



メモパッド設定では3種類のフォーマットから選ぶことが出来ます。



自動取り込みにするとメモパッド側でチェックマークを入れるだけで自動的に取り込みされます。



CamiAppアプリでは、取り込んだデータは「すべて」に保存されます。
チェックマークアイコンをタップすることで手動取り込みをすることも出来ます。



こんな感じでインポートした物を見ることができます。
タイトルは残念ながらインポート時には名称未設定で取り込まれましたので、後から入力しています。



コメント欄に文字認識結果が表示されますが、イラスト混じりで罫線とかあまり気にせずフリーで書いたためか精度は低めです。
書き順を認識しているということで、「わーい」はかぎ括弧を後からつけたので”わーい「」”となっているのが印象的です。



画像データとして保存されたのがこちら。



ノートにはこのように書きました。

CamiAppアプリからアクションマーカー設定をすることができます。



シェアできるサービスはとても豊富!
複数サービスを設定することも出来ます。
アルバムに保存にチェックを入れておくと画像データとして気軽にシェアできるので便利です。
打ち合わせ記録フォーマットだとGoogleカレンダー連携もできます。
Evernoteのタグも指定できるだけでなく新規作成もすることができて便利です。

内容によってシェアするサービスを変えるなどして上手にデータを保管していきたいですね。

 



posted by: ちえ | CamiApp | 13:45 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 13:45 | - | - |
コメント