<< iOS8のファミリー共有を有効にしたらお互いが購入したコンテンツ取り放題! | main | ATOK for iOSをiPad mini Retinaディスプレイモデルで使ったらQWERTY縛りだった・・・ >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by: スポンサードリンク | - | | - | - |

【更新】iOS8版ATOKが待望のリリース!早速購入してみました



出る出ると言われ続けてきたiOS8版ATOKがついにリリースされました。
AppStoreで1,500円ということでAndroid版にそろえてきた形です。初回セール価格とかあると嬉しかったんですが、私は迷わずポチりました。



インストール後にキーボードの追加を行います。



設定>一般>キーボードを選択します。



新しいキーボードを追加からATOKを追加します。
フルアクセスを許可しないと単語の学習や一部の機能が利用出来ないそうです。



使い方のページにこんな記載が。
やっぱ不安に思う人多いですからね。ベネッセから個人情報を買ったジャストさんですが、ここは切にお願いしたいところ。



キーボードの切替は地球儀マークを長押しして選択します。
地球儀マーク短押しでも順にキーボードが切り替わります。



ATOKのキーボードはiOS標準に近いデザインになっています。
「A」のアイコンはタップしたら設定とか出来るのかと思いましたが、ただのロゴのようです。
Android版とは異なり、キーボードサイズの変更にはまだ対応していないようです。
※iPhone6 Plusでは出来たという報告がありました。私の5sは小さいから出来ないんですかね。キーボードサイズ変更出来るのはiPhone6/6Plusに対応したアプリなんだそうです。

【朗報】ATOK for iOSは右寄せができるよ!iPhone 6 Plusユーザー必須のアプリだ!




文字入力中は定型文ボタンが変換ボタンに切り替わります。
直接変換するときはこれを使います。



直接変換では、下の矢印ボタンを使って変換範囲を変更することができます。
正しい文節で変換し直したいときに便利です。
iOS標準IMEで難しかった半角カナの変換も変換候補に表示されるようになりました。

各ボタンには長押しメニューも用意されています。



削除キーは長押しすると全削除を選ぶことができます。



カーソルキーは長押しすると左方向に移動することができます。
これ、逆の方が使いやすかった気がします。



定型文ボタンは長押しするとクリップボードからのペーストをすることができるようになっています。



使っていて気になったのは、インライン入力できないってことですね。
これは、Simejiもなんですが、仕様上無理なんでしょうか・・・。
入力した文字が左に小さく表示されるだけなのでちょっと見にくいです。
変換精度はさすがというか、標準より賢いので満足です。

ATOKの設定はATOKアプリから行います。



「ATOKを使えるようにするには」ではキーボード設定方法を図解でわかりやすく説明しています。
「設定」では、フリックのみを使うかトグル入力を併用するかを選択することができます。iOS標準はトグル入力併用のみでしたね。
キー操作音もオフにすることができます。
学習データの初期化もここから行います。



ツールでは、単語登録、定型文編集をすることができます。
現状ではATOK Passportに対応していませんが、今後対応するのを期待したいですね。

ざっくり使ってみましたが、今のところ一度入力を受け付けなくなって再起動した以外は快適に利用出来ています。
ファミリー共有を使えば家族も購入せずにこのアプリを使えるので、薦めてみようと思います。
とりあえず基本機能をリリースしたという印象ですが、これからどんどん機能が拡充してくると思います。
現在フリックのみなので、フルキーボード派にはやっぱりフルキーボードが使えるようになって欲しいところですよね。
今後のアップデートが楽しみですね。
   

 
posted by: ちえ | iPhone | 12:23 | comments(0) | - |

スポンサーサイト

posted by: スポンサードリンク | - | 12:23 | - | - |
コメント