10月24日からドコモメールがサービスを開始しました。
従来のspモードメールアプリのアップデートという形で利用することができ、一度アップデートするとspモードメールアプリに脅すことはできません。

dメニューのお客様サポートからドコモアプリを開き、ドコモメールを開きます。



利用可能端末でドコモメールダウンロードページを開くと、ダウンロードリンクが表示されます。
非対応端末では利用できない旨とspモードメールアプリのダウンロードリンクが表示されます。



※非対応端末の場合。

ダウンロードをタップするとダウンロードページに進みます。



アップデートでデータが損失してしまう可能性もあるので、事前にSDカードにメールデータのバックアップを取ることを薦めています。アップデート前にバックアップしておくと良いでしょう。
アップデートをタップするとspモードメールのアップデートが始まります。





次にメールデータのインポートが行われます。



メールデータのインポートが始まります。



ようこそ。ドコモメールへ。




デザインはスッキリしていていい感じです。
これまでのメールデータはローカルタブで見ることができます。
今後受信するメールはクラウドタブに入ります。
筆者はSIMを差し替える前のメールデータしか残っておらず、ドコモメールには反映されませんでした。メールアドレスを見ているのだと思います。
こうやって分かれてると言うことは、過去のデータはクラウドにアップ出来ないのかな・・・。





使ってみると若干画面が狭く感じました。
spモードメールでは本文作成画面が別で開くから広く使えたのですよね。
まぁ、許容範囲内です。

ちなみに、振り分けフォルダや着信音の設定はちゃんと引き継がれていました。
spモードのメールアドレス入れ替え機能はドコモメールでも引き続き使えるようですね。



個人的に嬉しかったのは、デコメ素材やテンプレートが保存しやすくなったところです。
spモードメールアプリは不便でしたから・・・。



テーマはプリセットが1種類、追加で3つをダウンロードすることができます。

そして、ドコモメール設定したSIMを非対応端末に入れてspモードメールの送信をしてみました。



デーモンさんからURLつきメールが届きました。
リンクをタップします。



spモードメールに変更する設定画面が出てきました。



「次へ」





「決定」を押すとspモードメールが有効になります。

では、またSIMを戻したらどうなるのでしょう?



ドコモメールアプリを起動して更新をかけるとエラーになりました。
ここでドコモメールが終了しますので、再起動すると普通にドコモメールを利用できるようになりました。

つまり、非対応端末orCommuniCaseで使おうとしたときにはspモードメールへの変更ができ、ドコモメールを使おうとすると強制的にドコモメールに戻る、という仕様みたいですね。

今のところ不便はあまり感じずに利用出来ています。このまま不具合とか障害とかデータ損失とかありませんように・・・。
コメント
コメントする