ビューティアトリエ7グループのブロガーイベント「変身写真館voyage体験イベント」レポートの続きです。

前回は私が体験した低周波「ヘアマシンプロ」について紹介しましたが、このイベントのメインイベントである「変身写真館voyage体験イベント」について今回は紹介します。

まず初めに、変身写真とはなんぞや?というお話。

変身写真館voyageは、2013年6月にオープンしました。
台湾・中国などのアジア諸国では、観光客向けにメイクして写真を撮ってくれるサービスが人気でした。日本で着付け、メイク込みの撮影となると、かなり高価になってしまいます。
ちょっとした遊び感覚でできる価格でやりたい、ということから低価格での提供が実現しました。
コンセプトは大人のアリスワールド。
日常とは違う自分になれる夢のような場所です。
若い人はプリクラをよく撮りますが、年を取るとあまり撮らなくなりますよね?
プリクラを撮るような感覚で変身写真を撮ってもらいたい、という思いがこめられてるとか。

なので、高くても3万円台で抑えたい!ということで、

ベーシックプラン・・・19,800円
(写真6枚、衣装2着、所要時間2.5〜3時間。2Lサイズ差込式アルバム、CD-ROM)

という破格設定!データまでくれてこれなの????
驚きです。A4版アルバムで欲しい場合は39,800円になるそうです。

これは、ビューティアトリエグループの美容スタッフがそのまま変身写真のスタッフに入れることから低コスト化が実現したそうです。

低コスト化といっても、かなりこだわった作りになっています。

背景にもかなりこだわっていて、衣装も80着もの豊富な品揃えになっています。
メイクは舞台用にかなり濃いものになっていて、つけまつげも2枚付けとかするそうです。そうしないと派手な衣装に顔がまけてしまうのだそうです。
同じ理由から地毛は使わず、ウィッグで撮影するそうです。
こうして、完全に現実から切り離されて変身していくわけですね。

そして、お渡しする写真にはかならず修正を施します。
通常3週間〜1ヶ月でお客様にお渡しするそうです。
これは、ネガティブな修正、ということではなく、あくまでお客様が思い描いているイメージに近づけるためのことである、と郡司社長が強調されていました。

お客様の2割が男性で、女装を希望されるというのは驚きでした。
男性の場合ひげやのど仏など、高度な修正が必要になるので追加料金を頂いているそうです。女装願望って意外と多いんですね〜
でも、こんなに綺麗に撮ってもらえるならやりたくなりますよね。


このサンプル、男性スタッフなんですって!

変身写真の客層は、20代から65歳まで様々。
9月は主婦が多かったとか。
基本、受付で年齢は聞かないそうなので、あくまで見た目年齢での判断だそうです。

それでは、ヘアエステ体験の後、変身写真の撮影風景の見学に行ってきました。


メイクさんにメイクしてもらっている姿は女優そのもの!
正面を見る前からワクワクしちゃいますね。


こちらもゴージャスな髪飾りが素敵!


衣装は所狭しとたくさん並べられていました。


衣装はiPadで見ることができ、これを見て選ぶんだそうです。


爪もネイルチップでゴージャスに!!


こちらも黒で格好いい!
アクセサリーの派手さにびっくり!!

撮影中、今回は見ることが出来ましたが、世界に入り込むために付き添いは入れないんだそうです。撮影中のブログ写真撮影も世界を壊してしまうのでNGでした。

では、メイク後の皆さんのお披露目です!
4人とも元々綺麗な方なのですが、普段のイメージとは全然違っててびっくりしました。



だんだん気分が乗ってきたのか、どんどん表情が素敵になっていきました。
これが変身の魔力!
キラキラしてました。


この妖艶さ!!
「さくらん」風ですね。本家にも迫る色気がすごかったです!


お二人ともお姫様みたいでした!
キラキラ感半端なかったです!!
このお二人は、私が見学に行ったときはすでに撮影を終えていて、お昼ご飯中でした。
メイク中も見たかったなぁ・・・。


4人集合!


スタッフさんも交えて。
お疲れ様でした!!!


最後に、皆さんがメイクオフしている間にハンドマッサージをしていただきました。
気持ちよかったですーーーー♪

撮影写真は後日いただけるそうなので、またブログで紹介しますね。
変身した皆さんを見ていたら、自分もいつか変身写真を撮りたくなりました。
綺麗に撮影してもらうっていうのは、女性の永遠の夢ですよね。
そんな夢を実現してくれる空間、「変身写真館voyage」は素敵な場所でした☆
今回のイベントで"おもてなし"をして頂いたスタッフの皆さん、本当にありがとうございました。


コメント
コメントする