この記事は、発売前のEOS 70Dをキヤノンさんにお借りして執筆しています。

EOS 70Dは、なんと言ってもWi-Fi対応!
これが私がこの機種を欲しがる最大の理由だったりします。
今回は、Wi-Fi機能について紹介します。

まずはスマートフォンにEOS Remoteというソフトを入れておきましょう。
1度起動して規約だけ同意しておくとあとがスムーズです。



メニューから、Wi-Fiを「使う」に設定します。
タッチパネルで操作できますよ。


「Wi-Fiを使う」に設定すると、動画撮影ができなくなります。
この仕様、ちょっと困りものです・・・。いちいち設定変えないと動画が撮れないのはちょっと不便。
次に、Wi-Fi機能をタップします。



初回起動で、カメラのニックネームを設定します。


任意の英数字を設定できます。このニックネームはそのままSSIDになります。


設定が終わったらOKを押します。


Wi-Fi機能メニューが開きます。
ここで、上中央のスマートフォンアイコンをタップします。


接続方法を聞かれますので、カメラアクセスポイントモードを選びます。


簡単接続を選択します。


SSIDとPassが表示されるので、スマートフォンのWi-Fi設定から接続します。
ここまでできたら、スマートフォンのEOS Remoteを起動します。
Wi-Fi接続が確認されると自動的に画面がペアリング画面に変わります。
ここで時間がかかりすぎるとタイムアウトになってしまうので、スマートフォンに接続からやりなおしましょう。


EOS 70Dが表示されたらタップするとカメラ側の画面が変わります。


ここでOKを押すとカメラとスマートフォンが接続されます。



EOS RemoteはPowerShot N用のCanon Camera Windowと外観は似ていますが、操作性は異なっています。



画像一覧をタップすると展開します。左右フリックで他の画像と切り替えられます。
Camera Windowは矢印ボタンタップだったので、これはこっちのほうが好きですね。

右上のINFOボタンをタップすると、下に詳細が表示されます。
ISOやF値が確認できるので便利です。
左下のスマートフォンアイコンをタップすると端末に保存できます。
Eye-Fiと違って、好きな画像だけ保存できるのは嬉しいです。

メールアイコンをタップすると画像を縮小してメールが送れますが、その場合、Wi-Fi接続が切れてしまいます。カメラアクセスモードなので仕方ないんですが、ちょっと残念な仕様です。

画像を保存するだけなら、Flash Airとかでも代用できるのでは?と思うのですが、私が気に入った機能は「リモート撮影」です。


なんと、スマホにファインダーが表示されます。
真ん中がシャッターボタン。右のアイコンは設定ボタンです。
タップすると・・・


絞り、ISO感度、露出が設定できました!!
設定まで変えられちゃうのはすごいです。


UIも直感的に操作できますね。

この機能があると、三脚にカメラを固定して、スマホで写りを確認して自分のタイミングでシャッターが押せます。
結構利用シーンが広がりそうですね!

Wi-Fi機能が一番のお気に入りですね、今のところ。


コメント
コメントする