キヤノンさんから発売前のEOS 70Dをお借りしてレビューしています。


今回、キットレンズの他にもう一本レンズを貸していただけると言うことで、EF40mm f2.8 STMをお借りしました。理由は明快。軽いからです。
キスデジに慣れている私は、70Dは相当の重量化。レンズくらいは軽いのをつけてみたい!
ってことで、一番小さいものをチョイスしました。
f2.8ってことで、そこまで明るくはありませんが、サイズを優先した単焦点って感じでしょうか。

キットレンズはf3.5〜なので、そこまでボケ味が良くはありませんので、ポートレイトなどを撮影するときはレンズ交換したほうがよさげな感じですね。


薄いです・・・。
すっごく薄いです。

重さは私が所有しているEF50mm f/1.8IIとほぼ一緒みたいです。
50mmのほうは0.45mまでしか寄れないのですが、こちらは0.3mまでは寄れます。
このレンズ、キスデジNと組み合わせるとかなりコンパクトになるんじゃ無いだろうか・・・と思ったり。



こんな感じに撮れました。
荷物軽くしたいときは、これを付けて歩きたいなあと思ったりします。

ここのサイトの一覧によると、私の所有しているEF50mm f/1.8IIも、このレンズも、デュアルピクセルCMOS AFの特徴は生かしてくれるようです。
ただ、50mmのほうはAFがうるさいので、ライブビューだと常にAFを探そうとしてジージー動いてました。

さすがにサードパーティ製(シグマとかタムロン)だと、差が出るのかな。

キットレンズのEF-S18-135 IS STMは、望遠レンズとして持っておくと便利だとは思うのですが、実際自分の利用シーンだとあまり使わないかもしれませんねぇ・・・。
動画とかの時はあったほうが便利ですが。

と、ついつい沼りそうになってしまったのでした。

こんな軽いレンズと70Dの組み合わせも意外といい感じだなあと実感したのでした。
まだまだいろいろ撮影して遊んでいきたいと思います♪


コメント
コメントする