私は、デジタル一眼レフカメラを所有していますが、2005年3月発売のCanon EOS Kiss デジタルNという大昔のカメラを使ってます。


このカメラ、EOS Kissデジタルシリーズとしては二代目の機種で、記録画素数は800万画素と現行機種と比較すると低スペック。
でも、Web媒体で使う分にはこれで十分なんですよね。
タムロンのA09という大口径ズームレンズがとっても明るくよくボケるので、子供を撮っても綺麗ですし。

ただ、一つだけ残念なのがコンパクトフラッシュの機種であること。
別のカメラで愛用している無線LAN内蔵SDカード「Eye-Fi」が使えないのです・・・。
はて、どうしよう・・・・と思っていたのですが、ぐぐってみるとこのカメラでEye-Fiを使っている人もいるようで・・・




これ、買っちゃいました!
相性が悪かったらしょうが無いやあ・・・くらいのつもりで。


早速Eye-Fiカードを入れてみます。


ぐっと押し込むと、カチッとはまります。


CFカードスロットに入れます。
普通のコンパクトフラッシュカードよりも少し厚いです。


GALAXY Note II SC-02Eに連携させてみました。
バッチリ転送されました!
でも、通信がやや不安定。
接続に時間がかかることも・・・
なにぶん、Eye-Fiなんて無い時代の機種なので、最新機種と違ってEye-Fiカードとして認識しているわけではありません。
なのでタイムアウトして電源OFFになってしまうと通信も当然切れます。
現行のデジカメだと大概は通信中はカメラOFFにならないようになってるようなのですが。


なので、オートパワーオフを切にしました。
転送が終わったのを確認してカメラの電源を切ってます。

当然ですが、一眼レフの電池持ちは非常に悪くなりました。
でも、スマホと連携できるようになって満足!
新しい一眼レフを購入するまではもうちょっと活躍してもらいます。
コメント
コメントする