モニターさせていただいているPowerShot N。
GWのお出かけに持ち歩いて、色々撮っているうちに虜になってしまいました。
このカメラの大きな特徴の一つに、クリエイティブショットというものがあります。


カメラの右側面に、通常のカメラモードとクリエイティブショットモードの切替スイッチがあります。
これをクリエイティブショットモードにすることで、機能がオンになります。
クリエイティブショットとは、一度のシャッターで6通りのエフェクト(うち一種類はノーマル)の写真が保存されるモードです。

例えばこんな6枚が撮れます。







人物だとこんな感じ。







正直、私はカメラは写りが良い方がスキですし、エフェクトはスマホのアプリでもかけれるから、デジカメにこんな機能要るのかなあ?なんて思ってたんですけど、使ってみると楽しくてしょうがないです。
エフェクトをかけるだけならアプリでも沢山あります。
このカメラが凄いのは、色合いだけじゃなくて、回転したり、顔にズームして全く違う構図を作ったりするところです。
食べ物を撮ると、ズームアップした写真が中に混ざっていたり、遊び心満載。
なので、こちらが予想できないような写真ができあがります。
勿論、あまり気に入らないエフェクトも中にはあり、どうしても容量を圧迫する無駄写真も出来てしまうのですが、中にはグッとくるような奇跡の一枚もあるんですよね。
何でも無い写真も、クリエイティブショットで撮れば、ちょっとしたアートになります。
スマホ連携と組み合わせると、このカメラって神なんじゃないの?って思ったり。

カメラの操作性やスマホ連携については色々気になる点もあるので、それはまた別のエントリーで。
とにかくPowerShot Nは楽しいカメラです。
コメント
コメントする