4月18日に二画面スマホMEDIAS W N-05Eが発売されました。
発表当初、完全にこの機種をスルーするつもりでした。

・二画面駆動なのに1.5GHzデュアルコアCPU
・二画面駆動なのに1GB RAM
・それぞれのディスプレイがQHDと中途半端

現在メインに使っているスマホが2GB RAM、クアッドコアCPUの端末なので、それより劣るのはちょっとなぁ・・・なんて思っていました。

実機を触ってみて、やっぱりマシンパワーの不足は感じましたし、二画面にする必然性って???とやっぱり否定的。
でも・・・

変態端末は変態なりに用途を考える楽しみがあるのでは?
と思い始めたら、あれこれ試してみたくなってきまして、品薄の在庫を探し、購入に至りました。


箱はいつもの白と黒のMEDIASカラーです。
ものすごく小さいのでびっくりしました。


中身はとてもシンプル。
本体、保証書、液晶保護シート(試供品)、クイックスタートガイドのみです。
充電器もついてきませんので、持っていない人は別途購入を。


二画面と言うことで、試供品ではありますが液晶保護シートがついてきます。
しかし、これがまた貼るのが難しくて、見事に気泡できまくりになってしまいました。
仕上がりにこだわる人は市販の物を購入した方がいいかも?


購入時は、ざらざらしたシートがついていて、サブディスプレイ側には充電などについての説明書きが書いてあります。


電源ON。Xiの文字が一番始めに浮かび上がります。


続いてはNEXT seriesの文字が。
前は静止画が出るだけでしたが、このモデルではアニメーション表示になっていました。


MEDIAS!!!


本体を開いたところ。


左がメインディスプレイ、右がサブディスプレイです。
メインディスプレイ側は非常に薄くなっています。


うすうす。


広げたときは本体右側、閉じてメインディスプレイ側を上にしたときは左側に、イヤフォンジャック、音量ボタン、電源ボタンが配置されています。
イヤフォンジャックの下にある横棒に見えるのが着信などを知らせるときに光るイルミネーションランプです。


広げた時の左側には何もありません。


上部にはmicroUSB端子があります。防水では無いのでむき出しです。


裏面。


電池蓋を開けるのには少しコツがいります。電池容量は2100mAhと少なめ。


閉じると右側にしっかりとしたヒンジがあります。
メインディスプレイ側にのみMEDIASのロゴがあるので、持つときはそちらを上にして持ちましょう。


左側にイヤフォンジャック、イルミネーションランプ、音量ボタン、電源キーが。
中央部に、指をひっかけて画面を開くためのくぼみがあります。
片手で開くのは構造上難しいですね。


上部。microUSB端子があります。


サブディスプレイ側にはカメラがあります。
開くと自分撮りもラクチン。


山型にして立ててみました。


くの字に置いてみました。


縦に立ててみました。

端末については色々気になるところも出てきましたが、筐体に萌える端末だと思います。
色々、普通じゃ無い使い方を探求してみようっと。
コメント
コメントする