10月25日朝より、日本のAmazonにKindleストアがオープンしました。
Amazonでよくお買い物する私はアカウント持っていたし、簡単に購入できました。
追加でアカウント作成しなくていいのは嬉しいですね。


ワンクリックで買えちゃうのでついつい買っちゃいそう…。
購入した書籍はKindleのクラウド内に表示されます。


登録済みのデバイスが出てきて、任意のデバイスにダウンロードすることもできます。
マルチデバイスなのが嬉しいです。
Book Liveは3つまでだったので・・・。


ダウンロード済みの本、クラウド内の本はタブ切り替えで見ることができます。
クラウドから端末にダウンロードして読む形になるので、最初にアクセスした時にダウンロードがかかります。Wi-Fi環境を強く推奨します。
本を買うときはアプリのリンクからブラウザを開く仕様になっていました。

ちなみにGALAXY Noteだとインターフェースが違ってました。


ストアをクリックするとアプリ内でストアが開き、スムーズに購入できました。
これはスマートフォン用のアプリのほうがいいなぁ・・・。



「こころ」をダウンロードしてみました。
文字サイズも変更でき、背景色も目にやさしいセピアがあって好印象。


「こころ」は、Playブックスアプリだと、なぜか文字が細かすぎました…

使ってて非常に読みやすくて、ついつい本を購入してしまいました。
Kindle Paperwhiteを予約してるんですが、本をダウンロードしていく仕組みだと漫画はすぐに2GBいっちゃいそうだし、電子ペーパーは漫画にはあまり不向きという説も・・・。
かなりの確率で漫画はMEDIAS TAB ULちゃんで読むことになりそうな予感です。

ただ、気になることも少し。
Kindleストアで購入したものがクラウドに自動的にアップロードされる仕組みなのですが、My Kindleには保存されてるのに端末によって表示されないものもあり・・・。
サーバーが重い時間帯だと通信にこけている可能性が…。
一旦端末の認証解除してログインしたら表示されましたが、何冊かはダウンロードやり直し…。

端末へのダウンロードはサーバーの混まない時間帯にWi-Fiでまとめてやっておくことを強くオススメします。

MEDIAS TAB ULの軽さがここに来てかなり生きてきています。
やっぱり軽いって正義なんですね。
コメント
コメントする