ディズニーは綺麗なおねいさんがよく似合う!!!

私は、自他ともに認めるピンク好きです。
そして、プロポーズの場所はディズニーシーでした(キリッ)

そんなわけで、ドコモから発売予定のDisney mobile on docomo N-03Eをすでに予約中の私です。10月19日〜21日の3日間、東京ドームシティプリズムホールで開催されたドコモの新商品内覧会でじっくり触って来ましたよ!!!


色はもちろんピンク!!!


結構薄いんです!


3.5mmオーディオジャックはキャップレス防水!


さりげなくセンターのホームボタンだけはハードキーになっているので、スリープ解除に便利です。


カメラのファインダーにミッキーの手、シャッターボタンにミッキーがデザインされているのが心憎い。

トグルスイッチは以下のようになっています。




今季のNECカシオのモデルからは、トグルスイッチのカスタマイズに対応しているとのことです。
この端末で設定画面の写真を撮るのを忘れたため、某所で撮影したG'z Oneの画面を紹介しますね。


項目の順番の入れ替えと表示のオンオフを設定することができます。
他社では夏モデルで対応しているものも多かったので待望の機能ですね。

ちなみに、G-SHOCK連携にもひっそりと対応しているとのことなので、Bluetooth 4.0に対応したアクセサリーも使うことができます。
MEDIAS X N-07DやMEDIAS TAB UL N-08Dでは非対応だったので嬉しいポイントです。
また、去年冬モデルMEDIASから進化したポイントとして、「逆Find Me」とも言える、端末からBluetooth機器を探す機能も追加されているそうです。
これは機器側が対応している必要があるので、今年の秋以降に発売の新型G-SHOCKからの対粟なんだそうです。


一見左に偏っていて不思議な形の卓上ホルダーですが、これには理由があるそうです。


卓上ホルダに置くと右下の位置に音量ボタンがあるので、ボタンが押せるように、ということだそうです。


また、接点が背面左下に設置できるので、あまりデザインを損ねないのもポイントだそうです。


プリインストールのATOKはN-08Dと同様に幅を変えられるほか、高さの可変にも対応しています。
ミッキーのテーマもプリインされていて可愛いですね。
変換候補にディズニー用語も入っているのがポイントとか。


プリインコンテンツでは、待ち時間ナビというのが便利そうでした。
リアルタイムでディズニーリゾートのアトラクションの待ち時間が表示されるので、空いているところから回れそうですよね。


また、自分がどこにいるのかもわかるようになっているそうで、迷子になっちゃいそうなひとには心強いパートナーになるかも?

私は、もうちょっと娘が大きくなったら行きたいですね〜。


これがワイヤレススクリーンボックス。
HDMIを使ってテレビと接続すると、端末からワイヤレスでテレビにコンテンツを出力できるそうです。
HDMIケーブルを変換ケーブルを介して直接端末とつなぐMHL規格には対応していないので、HDMI規格のものに出力するときはこのワイヤレススクリーンボックスを利用するそうです。


著作権の絡まないものであれば出力可能ということです。
子供向けのコンテンツなどをテレビに出力してもいいですね。
ワンセグ、NOTTVは駄目っぽい。
あれ、MHLでテレビにNOTTV出力できるのを売りにしているT-02Dという機種があった気がしますが・・・・でも、この機種ではおそらくダメになるとのことです。
dマーケットVIDEOストアなどは大丈夫そうですよ。


写真ではあまり伝わりませんが、綺麗なライブ壁紙も多数プリインされてましたよ。
ただ、電池はかなり食いそうです(^^;

そんなこんなで、色々説明を受けながらじっくりN-03Eを触ってきました。
まぁ、ぶっちゃけディズニーはそこまで熱狂的にファンという程でもないんですが、可愛いのは大好きなので、触ってると嬉しくなりました。
うん、やっぱりピンクだよねピンク。

端末もクアッドコアということで動作もさくさくで、画面も有機ELで綺麗でした。
薄型なので気になるのが発熱だったりもしますが、充電したままの操作で若干暖かかったですが一点だけ熱いというようなことはなかったかな、と思います。

発売まで楽しみになりました。
購入したら、出る出ると言われて一年、そろそろ出てくれないと困るBLEアクセサリー「ピコナッチ」と連携させてみたいなぁ・・・と淡い妄想を抱いております。(いつまで2012年初頭なんですかね・・・)
コメント
コメントする