これまで私は旦那さんの家に元からあったデスクトップパソコンにアカウントを作ってもらって、そこで作業をしていました。
すると、土日に二人揃っているときにパソコンを二人で使えなくなるという欠点が。
かといってMac Book Airで仕事をしようとすると画面が小さいのと、Windowsのソフトウェアがインストール出来ないということで、そういった作業をするときにはやはりWindowsのパソコンを立ち上げる必要が出てきます。
ThinkPad X100eもあるのですが、こちらはPhotoshopを使っていたりするとパワー不足を感じること多々。
しっかり作業ができる、動作が軽快なWindowsのノートパソコンが欲しいという欲求は常に持っていました。
かと言って大きいホーム用ノートPCでは場所も取ってしまいます。

そんな時、「ウルトラブック」というジャンルが最近流行しているのを知りました。
私は外にはあまりパソコンを持って行かないのですが、スリムで軽いというのは正義!と、Mac Book Airで実感しておりました。

店頭で触ったLaVie Z。
世界最軽量875g。
手に持ってみて、笑っちゃうほど軽い。
「うほっ!!!」

確かに軽い分、素材感とか、安っぽさは感じるのです。
安いどころか結構お高いんですけどw
うーん。どーしよっかなー。どーしよっかなー・・・・。





MEDIAS TAB ULとセットでCEATECアワードで準グランプリを取っちゃった!!

こりゃ、買うしか(
というわけで、貯金をはたいて購入することにしました。
居間にあるデスクトップパソコンは、実質娘が寝たら稼働できません。
なので、夜中に作業したい時はノートパソコンをダイニングに持ち込んで作業します。
日中もデスクトップに向かうと完全に娘に背中を向けてしまいます。
ノートパソコンなら好きな場所に持っていけるので、やりやすくなるかなあ・・・とも。

最初、NEC直販サイトで構成を考えていたのですが、Core i7、Officeあり、256GBという条件だと、量販モデルの「LaVie Z LZ750/H」でいいような気がしてきました。
Windows7をグレードアップさせようかは悩んだんですが、まぁそこはいいかなと。
OfficeもHome and Businessがインストールされてるし。
量販モデルだと量販店のポイントもつきますしね。

ってことでビックカメラ.comでポチりまして、翌日届きました。
さすがに早いですねえ…。


じゃーーーーん♪
早速見慣れた壁紙を移植☆


右サイドに電源、HDMI端子、USB端子2つがついています。


左サイドには通気口とSDカードスロットがあります。


タッチパッドの下にインジケーターがあります。


筐体が少し素材が柔らかいのか、簡単にキズがついてしまい、がっくり・・・。


本体裏。

触ってみると全体的にザラザラした素材になってます。
タッチパッドなどはもう少し滑りがいいほうが好みだなぁ・・・。
軽さが最大の魅力のこの端末は、少しずついろんなところを犠牲にしている感じはちょっとしますね。
でも、動作はキビキビしているし、概ね気に入っています。

とりあえずしたことは、
・Wi-Fi接続
・ウイルスバスターのシリアルを移行しアクティブに。
・Photoshopのシリアル認証をThinkPad X100eから移行しインストール。
・Chrome入れた
・Google日本語入力入れた
・Dropbox入れた
・Evernote入れた

今後どうしよう?
・データは移すか、そのままにするか
・iTunes入れてiPhoneのクライアントにしようか、そのままにしようか
・ATOK入れようかなあ・・・


LaVie Zには、Network DuetというLaVie Zに他のネットワーク上のパソコンからアクセスできる共有ドライブを作る機能や、光ドライブ共有機能があるのですが、どっちも癖がある・・・。
前者は、別にネットワークグループ組んで共有フォルダ作ればいいだけだから、クライアントソフト必要ない気がする。
ちょっと家のネットワークを見なきゃいけないから、素人の私がいじるよりは旦那さんのいるときにのんびりやるかなー。
プリンター使えるようにもしたいし。

まぁ、ぼちぼちやって行きたいと思います。

コメント
コメントする