Windows Phone 7では、本体にロックがかかっているため自力ではキャプチャーを撮ることができませんでした。

このままではブログとか、執筆とかにちょっと支障があったので、開発者登録をする決心をしました。
まず、パソコンに「Zune」と「Windows Phone SDK 7.1」をインストール。

Zuneのダウンロードはこちらから。
Windows Phone SDKのダウンロードはこちらの「ツールをダウンロードしよう」から。

色々調べていくと、スクリーンショットを撮影するには開発者ロック解除した端末が必要らしい。どうやらそれにお金がかかるらしいということ。

では・・・・それをするにはどうすれば??

途方に暮れていたところ、親切な方が教えてくれました。
以下、参考ブログをベースに備忘録的に書いていきます。


画面の説明付きで丁寧に説明してくれています。


こちらのサイトからアンロックツール(公式)がダウンロードできるようです。
まずは、「Steo1:Get Token」よりトークンを購入します。
$9.00USDをPaypal経由で支払います。アカウントを持っていなくてもクレジットカードでゲストとして決済できます。
<加筆>今まで開発者登録に9,800円かかってしまうということでしたが、9ドルで済んだのは嬉しいです!
決済が完了すると、Tokensが画面に表示します。
この文字列はロック解除に必要となります。

次に「Step2:run unlock tool」からアンロックツールをダウンロードします。
32bitのOSシステムの場合32bit版を、64bit版の場合64bit版をダウンロードします。

ダウンロードしたものをインストールしようとしたところ、

The Chevron WP7 Labs unlock tool rewuires the Windows Phone Support Tool(v2)to be installed.You can download a copy at:http://support.microsoft.com/kb/2530409.

このようなエラーメッセージが出て、ツールの起動にこける。
エラーメッセージの後、サポートのサイト(メッセージ記載のURLのサイト)にジャンプします。


こちらのサイトに書いてあるとおり、Windows Surport Toolをダウンロードしましょう。
これが必須なら、最初からプロセスに組み込んでくれると良いのに・・・・・

Microsoft ダウンロード センターから Windows Phone Support Tool をダウンロードします。 32 ビット版システムの場合は WPSupportToolv2-x86.msi パッケージをダウンロードしてください。 64 ビット版システムの場合は WPSupportToolv2-amd64.msi パッケージをダウンロードしてください。 

とあるので、それぞれのシステムに従ってダウンロード→インストールします。

また、Microsoft.NET Framework 4がインストールされていない人はこちらから。

これだけしておけば、きっとアンロックツールが動きます。
うちの環境はWindows7 64bit版のため、64bit版をインストールしております。

アンロックツールは無事起動し、トークンを入力していざアンロック!

・・・・・が。


「An issue occurred while unlocking your phone.Please contact us via help@chevronwp7.com for more information.」

こんなメッセージが出てロック解除できずorz
マイクロソフトさんにもエラーメッセージにしたがって問い合わせしてみましたが、いまのところ返信はまだありません。

こんな状況でどうしたものか・・・・・と思っていたのですが、一日空けて別のノートパソコン(Windows 7 32bit版)で同じプロセスを試したところ、うまくロック解除できました。
何が悪かったんだろう・・・・・・。

次に、スクリーンショットを撮影してみます。


こちらで紹介していたななふぉさんのサイトで提供されている「ScreanCapturer」アプリを導入してみました。

Screen Capturer がシャッターボタンに対応。さらに撮りやすく|ななふぉ

こちらからXAPファイルをダウンロードします。

すべてのプログラム>Windows Phone SDK7.1>Application Deployment

こちらを起動し、先ほどダウンロードしたXAPファイルを指定して「配置」をクリックすると端末にインストールができます。


アプリ一覧からScreen Capturerを起動し、Start Capture Taskをタップ。
あとは、好きな画面でカメラボタン半押しするとキャプチャーが撮れます。


これが記念すべきキャプチャー!


スクリーンショットを保存するには、Screen Capturerアプリを起動し、撮れたキャプチャーをタップすることで「保存した写真」に保存されます。

しばらくするとScreen Capturerが落ちてしまうため、起動し直さないといけない場合がありますが、単体でキャプチャーが撮れるのは嬉しいです。

デジタルガジェッター日記のかじかじさん、ななふぉのつやつやさん、ありがとうございました。

コメント
コメントする