次に、サムスンのブースを見ていきます。
まず始めにGALAXY LTE SC-03Dです。


持った感じはGALAXY SII SC-02Cに近い感じ。


SC-02C(右)と並べてみると、若干SC-03Dのほうが大きいかも。


重ねると幅の違いが分かります。


カバーはグローバルモデルのもので、このまま提供予定とのことです。
しっとり手になじむ感じで、指紋も目立ちにくいです。



SC-02Cでも好評だった専用クレードルと外部バッテリージャケットは今回も提供予定。
残念ながらSC-02Cのクレードルははまらないとのことです。
テザリングが安いのがXiスマホの強み。
バッテリーを考えると、この外部バッテリーがあるのは最大のアドバンテージだ、と担当者が太鼓判を押しておりました。
SC-02Cの時に購入したHDMIケーブルは使えるの?という問いには、大丈夫です、と。


Androidバージョンは2.3.6。
現在の最新バージョンだそうです。
4.0へのアップデートは?と聞いてみたのですが、未定とのこと。
GALAXY NEXUS SC-04Dもあるので、そっちを使いたければそっちで・・・・みたいな。

動作は結構よかったですよー。
XiでYouTubeデモもしてもらいましたが、すっごく検索の返りが早い!
そして、詰まらずにスムーズに映像が見れます。やっぱXiいいなぁ・・・・。

次に、最新OSであるAndroid OS 4.0搭載のGALAXY NEXUS SC-04Dを見に行きました。
このモデルは、開発者向けとの位置づけで、アプリやカスタマイズは一切追加で入っていないそうです。
なので、まだ全然こなれてないOSでバグもあるので、通常のスマートフォンを欲しい人にはあまりお勧め出来ないとのこと。
まぁ、この辺は売るときにきちんと特徴伝えてくれないと間違って買っちゃう人も居そうですね。


タブレット用のHoneycomb(Android3.x)とスマートフォン用のGingerBread(Android2.3)が統合された、というのが見て分かりやすいメニューになっていました。


アプリ一覧はタブレット版に近い感じ。


デフォルトカメラの機能も向上しているとのことでした。


Honeycombにあった「履歴」が搭載。
タスク管理機能は無い様子。

何か、ハードキーが無くてソフトキーだけってのが違和感感じますね・・・。


電話帳もデフォルトがこのデザイン。
ちょっとオシャレになってます。


背面はシンプル。
デザインはちょっと地味なのは否めませんね・・・(^^;
私はちょっとこれは敷居がたかいかなぁ・・・・。

最後にGALAXY Tab 7.0 Plus SC-02Dを見てきました。


おお!!!薄い!!!
我が家にはGALAXY Tabもあるんですが、あっちは厚みが結構気になっていたので、角も丸くなり手になじむ形状になりました。解像度やバッテリーは前と同じだそうです。


本体上部にイヤフォンジャックが。


Android3.2なので、しっかりタブレットに特化されてます。
が、これでも通話に対応してるのが凄い!


アプリ起動中にも別のアプリを呼び出せるボタンがついています。
たとえばペンメモというアプリを起動すると、マップ見たままメモできたりも。


写真が光っちゃってごめんなさい。
通常、タブレットって戻る、ホーム、履歴のボタンが標準で入ってるんですが、この機種にはスクリーンショット専用ボタンが。
これ、地味に嬉しい!!!


アプリ一覧が下が結構あいているのは、ショートカットを表示出来るスペースを確保するため、だそうですよ。

サイズはやっぱり7インチが嬉しい。私がタブレット買うなら断然このサイズなんだよなぁ・・・。

そんなこんなで、タブレット欲しい病がまた復活したのでありました・・・。
では、続きます。
コメント
コメントする