NTTドコモのプレミアクラブ・プレミアステージ会員とDCMXカード会員を対象に、10月21日〜10月23日の日程で東京新宿NSビルにて「2011-2012冬春モデル新商品内覧会」が開催されました。
開催初日の本日は、平日と言うこともあり午後3時〜午後9時という遅めの日程。
もちろん早めに会場に行って並びましたよ♪


後ろを見ると結構並んでおりました。


私は先頭の方だったのであっさり入場〜


真っ先に見に行ったのはNECカシオブース。
MEDIAS PP N-01Dです。


色はこの一色のみ。
「なんで他キャリアにはカラフルなモデルなのに、ドコモだけこんな地味なんですか?」
と、意地悪な質問を。
・・・・・ええ、カラバリはメーカー様も出したかったんでしょうねえ(遠い目)
でも、せめて女子向けじゃなくても、白は出した方が受けたと思いますよーって強めに言っときましたw


通知エリア。よーーーーーーやくうるさいほど言い続けていた「通知エリアに画面回転のスイッチつけてほしい」が反映されましたw
(別に私の要望って訳じゃ無いと思うけど)


G-SHOCK「GB-6900」で携帯電話を探す機能(Find Meと言うらしい)のボタンを押すと、携帯がピーピー鳴るデモをやっていただきました。
また、置き忘れ機能もついているので、携帯と時計がつながらない範囲に行くと教えてくれるそうです。

bluetooth4.0の「Bluetooth low Energy」でG-SHOCKとの連携を可能としていますが、プロファイルの異なるBluetooth2.1とは同時に接続は出来ると担当さんがおっしゃっていました。
つまり、G-SHOCKで着信を確認して、イヤフォンマイクで受話、という使い方も出来そうだ。


G-SHOCKアプリもプリインストールされており、時計の設定もできる。
Twitterウィジェットってなに?どんなことができるんですか?G-SHOCKと連携とかするんですか?という質問には、「確認します」とのことだったので、別の日に行った時に聞いてきたいと思います。


MEDIAS N-04Cと並べて。
解像度が480×854ドットから480×800ドットに変更になっています。
有機EL採用のため色がくっきりしてますね。


内蔵メモリは空き容量880MBありました。
結構余裕のある容量が搭載されて嬉しいです。
N-04CはMEDIAS WELLNESS入れると容量がかなり厳しくなるので・・・・とちょっとだけ苦言。そういう点からも、容量アップは嬉しいですねー、とお伝えしておきました。


パレットUIはちょっとデザインがカスタマイズできるようになったので、従来のバージョンより良い感じです。
ホームでも赤矢印が別のデザインに変えられたのが嬉しいところ。


dmenuです。
iMenuみたいで見やすくなったのがいいですね。
使い込んでいくと色々あるのでしょうが、印象は悪くないです。


MEDIAS BEAUTYもインストールされてました。
「今回女子向けのアプリにも力を入れてまして」
とおっしゃってましたが・・・・当の売り方が女子向けじゃないですよね(^^;
他社さんなら女子を全面に出して紹介しているのに、このモデルはNEXTシリーズと言うことでカラバリも控えめだし。このMEDIAS BEAUTYがインストールされてることも全然プッシュされてない。
ここは残念ですよね〜。

女子には地味なカラバリなので、やっぱケース付けて使うと思います!と言っておきましたw
やっかいなお客ですみません><


MEDIAS LTE N-04Dは残念ながらモックのみ。
「一番後発になっちゃうのが残念ですよねえ・・・・・」
と言うと説明員さんも苦笑い><


結構縁がオレンジオレンジしてましたw


薄さも頑張ってました。
バッテリーは1520mAhを積んでいると言うことで、電池の持ちについては現在頑張っているとのことでした。

次に、フィーチャーフォンのコーナーを見に行ってきました。
はじめに、N-03D。
これはN-06Bという廉価版モデルの後継にあたるそうで、かなり廉価で提供予定とのことでした。


左のキラキラした部分が「グリッターデザイン」と言うそうです。
凄くおしゃれーーー。
写真で見ると角張ってるし、ちょっと大きいのかな?って思ってたんですが、持ってみるとコンパクト。可愛いです。


中はとてもシンプル。
使いやすそうでしたよ。

次に、私の持つN-02Cの後継でもあるN-02Dを見に行きました。


メタルのパネルが綺麗!!
ただ、背面液晶は廃止されていたのが残念。


N-02C(右側)と比較。
ディスプレイサイズが若干大きくなってるので、N-02Dのほうが縦長に感じます。


アークラインのN-02Cと比べると直線的なデザインが特徴。
二軸搭載のため、ここは薄さを優先したようです。


アークラインでは無くなっているのが分かると思います。


”N”の代名詞、ニューロポインターも廃止されています。
ここは賛否両論だったようですが・・・・(私も実際あまり使ってなかったり)

なんと、N-02CにはあったWi-Fiアクセスポイントモードが無くなってしまったとのこと。これは残念すぎる・・・・・。


液晶面を表にしてたたむとタッチパネル携帯として使えます。


ロック解除画面が、Androidみたい〜


フリック入力も対応してます。


パレットUIになりました。これまでのN携帯にあったデスクトップショートカットはなくなってしまい、パレットUIの上位4つのアイコンが待受画面に表示されることになります。
アイコンの順番は任意で変えられます。


MENUを押すと通常メニューが立ち上がります。このあたりは今までのN携帯と一緒。

今回、カメラ画素数がアップしたものの、N-02Cと比べるとサブディスプレイ、ニューロがなくなっていて、テザリング機能が無くなっているので、ちょっと買い換える必要はないかなぁ・・・。デザインはとっても好きなんですが。

長くなったので、一旦ここで終わります。
コメント
コメントする