それではサクサクいきましょう。
続いてはLGのブースです。Optimus bright L-07Cです。


画面が明るい!!!
brightは伊達じゃないです。

ハードキーはなく、下部に静電式のキーがあるだけのシンプル設計。
端末も軽くていい感じです。

引っ掛かりがないので、ホールド感はちょっとないかな。

※ちょっと写真をあまり撮ってないので一部旦那様の撮影画像も拝借させていただきます。


電池パックは1500mAh。
結構がんばってます。
国産モデルに比べて、海外モデルは電池容量に気を使ってるのはありがたいですね。


撮影画面。


なんと、付属でバッテリードアが2つ付属します。
黒と白で付属する色が違います。
こちらは黒についてくる2色。
白についてくる2色を撮り忘れたのですが、パステル系のピンクと水色でした。


こちら、白にピンクをつけたところ。

「黒に薄いピンクとか、白に濃い水色とかつけたいんですがーーー」

と、わがままな質問をメーカーさんにしたところ、別売も検討中とのこと。
夫婦で色違いを買ってドアを交換するのもアリですね、なんて危険なことも言われつつ(^^;
ブランドとかとコラボで出すのも面白いよねーなんて話してきました。


端末上部。
イヤホンジャックが独立なのはいいですね。



メニュー表示画面。



写真は撮れませんでしたが、ジェスチャーUIというのも特徴の一つ。
G-Keyを押しながら端末を傾けたりするといろんな動作ができます。
アラームのOFFで試してみましたが、画面を伏せると止まるのは地味にすごい。
電話応対などもジェスチャーUIで制御できるとのことで、慣れると便利に使えそうですね。

動作はキビキビしていて、ストレスは感じませんでした。
日本式機能がいらない人にはオススメ出来る端末ですが、GALAXY S兇犯罎戮蕕譴舛磴Δ箸舛腓辰搬擦靴舛磴い修Α筺

コメント
コメントする