メール中心の世の中で、音声通話がおろそかになっていた──ウィルコム

こんなインタビュー記事が載っていました。
ポイントをまとめると、
1)新規契約者は20〜30代が多い。2台で契約するのが多い。女性比率がうpしてきている。
2)安心だフォンの認知度がうpしてきている。
 →低電磁波でからだに優しいのでお年寄りや子供に使ってもらいたい。
3)法人名義の申し込みもうpしている。
 →音もいいので役立つと思われますw
4)ユーザーの増加にともない、ネックは音声端末の少なさ。
  →W-SIMを年内に出して、好みの端末にさせるようにする!
5)高校生にはメール定額のほうがアピールできるポイントかも・・・。
 →前からやっていたが目立たなかったのでアピールしたい。

こんなことを言ってましたね。
やはり、カポーが契約してるみたいですね。あと、離れている親子とか。メール中心の世の中で音声通話がおろそかに・・・痛い話ですね。
確かに昔は家電で親に怒られながら友人と電話してたものです。
やっぱり会話そのものが少なくなり、味気ない感じはありますよね。
ウイルコム頑張れw
コメント
コメントする