スナップ写真に最適のパンケーキレンズEF-S 24mm F2.8 STMをゲットしました

11月13日の発売日当日に予約注文していたキヤノン用パンケーキレンズ「EF-S 24mm F2.8 STM」が届きました♪



箱はレンズの写真入りとなっています。



開封ッ!!
サイズ感はEF40mm F2.8 STMで知っていましたが、とっても小さいです。



手持ちのEF40mm F2.8 STM(右)と並べてみました。どちらも52mmレンズフィルターを付けています。
本当に外観はほぼ一緒で双子のようです。



上から見てみてもとってもよく似ています。



EF-S 24mm F2.8 STMで撮影した作例です。



同じ場所からEF40mm F2.8 STMで撮影するとこんな画角になります。

EF40mm F2.8 STMも非常に気に入っているのですが、ブツ撮りするのに離れなければいけなかったり、ポートレートがアップ寄りになってしまったりというところがありました。
EF-S 24mm F2.8 STMは、35mm相当で38mm相当という自然な画角で撮影出来ますので、よりポートレートに向いたレンズとなっています。



ボールペンもこれくらいは寄れます。

より使い勝手が良くなったパンケーキレンズで、年末年始にかけてますますEOS70Dの出番が増えそうです。



 
posted by: ちえ | EOS 70D | 21:30 | comments(0) | - |

EF-S24mm F2.8STMを買うことにしました



主に子供撮影に大活躍中のCanon EOS 70Dですが、おうちにいるときは大体EF40mm F2.8 STMというレンズを使っています。
軽いことと、描写が好みなので大好きなレンズです。
ただ、悩みはASP-Cだと35mm換算でちょっと望遠寄りになってしまい、被写体から離れなくてはならなくなるところでした。
そんな私にとって願っても無いレンズが出ました。

 

EF-S 24mm F2.8 STMです。

フィルター径52mm、厚さ22.8mmなのは40mmのレンズと同じで、重さは40mmが130gなのに対し125gとなっています。
ほぼ同じ外観であると予想されます。

この24mmという焦点距離、35mm換算だと38mm相当になり、ほぼ自然な画角で撮ることができるんです。
よりスナップ写真に向いてますよね!最短焦点距離も0.16mと、40mmの0.3mよりも更に寄れるようになっています。
STMレンズなので、動作音も静かで動画にも活躍しそうですね。

焦点距離だけでもこれは買いでしょう!ということで、予約注文しました。
お値段もamazonだと18,900円とお求めやすい価格になっています。
年末年始のイベントで大活躍しそうです。
写りがどうなのか、今から楽しみです♪
11月下旬発売予定です。



可愛いレンズキャップに変えたりするとまたテンション上がりそうです!
 
posted by: ちえ | EOS 70D | 21:16 | comments(0) | - |

EOS70Dを女子っぽくドレスアップしてみた

EOS Kiss X7のモニターが終了し、またメインの座に戻ってきた愛機EOS70D。
もっと可愛くしたい!!!ってことで、ちょっとアクセサリーを買い足してみました。
 


まずはこれ。
カメラケースです。こういう可愛いのってKissクラスのサイズに最適化されているものがほとんどなのですが、これはEOS70Dにも対応していました。



色はオンラインサイトの写真と比べると落ち着いた色味です。
この写真よりはもうちょっと鮮やかです。



EOS70DにパンケーキレンズEF40mmF2.8STMをつけると、指の位置くらい余ります。



カメラはこのように入ります。ゴムバンドがついていてカメラをホールドしてくれます。



レンズキャップポケットもついています。



ケースを付けてストラップを持っても落ちないように、ストラップを止めるボタンも付いています。



EOS70DにキットレンズEF-S18-135 IS STMをつけてみました。



ほぼジャストサイズでした!

今まで裸で鞄に入れるか、クッション付きのカメラリュックにカメラを入れていたのですが、このケースをゲットしたことでポシェットのように斜めがけしたり、好きな鞄にそのまま突っ込んだりできるようになりました。

可愛いレンズキャップもゲットしました!

パンケーキレンズEF40mmF2.8STM用に購入しました。



どーーーーん!!!
赤ドットが目を引きますね♪
結構素材もしっかりしているので、純正の物より使いやすそうです。



ストラップ部分にチェーンで繋ぐことができるので、撮影中にレンズキャップをしまう手間がありません。
これがありがたい!

チェーン部分は簡単に取り外しできるので、別のレンズを使いたい時もスムーズにできます。

最後に、ホットシューカバーも衝動買いしちゃいました。

外部ストロボをつけるホットシューは普段使わないので、スマホピアスみたいな感じでアクセサリーがあるんですね。
これ、さりげなくて可愛い!!



そんなわけでEOS70Dがちょっと可愛くなりました♪
posted by: ちえ | EOS 70D | 12:05 | comments(0) | - |

EOS70D購入してました

 先月モニターさせていただいたEOS 70Dですが、実は発売日に購入してました。

Kiss X7とも悩んだのですが、70Dを使っているとある程度のサイズ感がなじんできたため、X7をホールドしたときに違和感を感じるようになってしまいました。
そして、バリアングル液晶、タッチパネル、高速AF、Wi-Fi機能はやっぱり削れないなという結論になり、この機種を購入しました。

ちょっと前に買ったカメラリュックがとても快適で、持ち運びも特に不便もなくできています。
同じ時期に購入したEF40mm F2.8SMTとの組み合わせで持ち歩くことが多いので、比較的コンパクトです。

購入してあれこれ使っていて、やっぱり便利と感じるのがWi-Fi機能。


接続先が3つまで設定できるんですよね。
なので、自分のスマホ、家族のスマホ、2台目のスマホを設定しておくことが出来ます。
時と場合によって接続先を変えられるのはうれしいですね。

ちなみに購入したのは18-135mmレンズキットです。
動画とズームのためにこのレンズをチョイスしました。




これから一杯写真撮るぞー-!!!
posted by: ちえ | EOS 70D | 17:01 | comments(0) | - |

EOS 70Dを旅のお供に、秋田へ旅行してきました!リモート撮影大活躍でした。

この記事は、発売前のEOS 70Dをお借りして事前にモニターさせていただいて執筆しています。

家族の夏休みを利用して、私の地元でもある秋田にお墓参りに行ってきました。
宿が秋田市内に取れなかったので、県南に宿泊し、県南中心にレンタカーを借りて観光してきましたよ。
もちろんお借りしているEOS 70Dも持って行きました。EF40mm F2.8 STMとEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS STMの二台体制で、基本は40mmをつけていました。
広角、望遠が必要な時に18-135mmに付け替える感じでしたね。



東京駅限定の穴子弁当がめちゃうまでした☆


スーパーこまちビール、早速飲みました!


大曲駅には花火の展示がありましたよ。


大曲は気持ちよい青空でした。暑い・・・東北に涼みに行くとか都市伝説ですよ・・・


秋田名物仁手古サイダー。おいしかったです☆


古代米仕込みの「払田の柵」
赤い色が特徴の飲みやすいお酒でした。


今回、三脚を持って行ったので、EOS 70Dの機能である「リモート撮影」を使ってみました。ファインダーの表示が手元のスマホで確認でき、自分のタイミングでシャッターが切れるので便利です。
ただし、撮影写真にはもれなくスマホが写りますがw
この機能のおかげで、要所要所で家族写真が撮れました。


大曲駅前で見かけた可愛いバス。
レンタカーを借りて秋田市へ行き、サクッとお墓参りを済ませて再び南下。
田沢湖方面へ向かいます。


安藤醸造元で働くおばちゃん(のマネキン)


福乃友の通称新聞紙のお酒、「又右ェ門蔵」
これ、180ml368円で、秋田のスーパーとかでも売ってるお酒なんですが、一回飲みきりサイズでしかもおいしい!知る人ぞ知るおいしいお酒です。
もちろん買いました。


名物しょうゆソフト。コクがあっておいしかったです。

田沢湖ビールブルワリーレストランへ行き、ランチタイムが終わっていたのでおつまみメニューでビール。(※私だけ)


アルト。
グラス(300ml)がなんと350円!!!!
これは飲まねば!!!!




お料理もどれもこれもおいしい!そしてお安い!
幸せな気持ちになりました。


ドッペルボック


ぶなの森。
昼間から気持ちよくなっちゃいましたw


素敵な色紙が飾られてましたよ♪

その後、山のはちみつ屋さんでお土産買ったり休憩したり。


シュークリームは通販で売ってないので店舗で食べましょう☆


最後はたつこ像を愛でて、宿に戻った頃には夜でした。
温泉に入ってぱたんきゅうでした♪

最終日、払田柵をざっくりと歩きました。




平安時代の建物跡なのですが、だだっ広かったです。
気持ちよかったですが、朝早いのに暑かったですorz


コンビニで買ったババヘラアイスを食し、角館へ。


車窓から・・・・。


角館駅には人力車がありました。


みそたんぽ美味しかったです。


店内に飾ってあった人形が可愛かったです。


武家屋敷の中から。


武家屋敷の町並みは綺麗でした。時間の都合で、たくさん並んでる通りに行けなかったのが残念でしたが・・・。
そしてまさかの雨。朝あんなに暑かったのに・・・山?の天気は変わりやすいんですかね。

そんなこんなであっという間の二泊三日の旅でした。
EOS 70Dは、旅先で撮影した画像もすぐにスマホにシェアできるので、身内にメールで送ったり、ネットにシェアもできました。
リモート撮影がとっても便利で、ISO、Av、露出も変えられるのが嬉しい機能でしたね。
旅行のお供にとっても心強いEOS 70Dでした!


posted by: ちえ | EOS 70D | 20:57 | comments(0) | - |

EOS 70DのWi-Fi機能はかなりすごい!

この記事は、発売前のEOS 70Dをキヤノンさんにお借りして執筆しています。

EOS 70Dは、なんと言ってもWi-Fi対応!
これが私がこの機種を欲しがる最大の理由だったりします。
今回は、Wi-Fi機能について紹介します。

まずはスマートフォンにEOS Remoteというソフトを入れておきましょう。
1度起動して規約だけ同意しておくとあとがスムーズです。



メニューから、Wi-Fiを「使う」に設定します。
タッチパネルで操作できますよ。


「Wi-Fiを使う」に設定すると、動画撮影ができなくなります。
この仕様、ちょっと困りものです・・・。いちいち設定変えないと動画が撮れないのはちょっと不便。
次に、Wi-Fi機能をタップします。



初回起動で、カメラのニックネームを設定します。


任意の英数字を設定できます。このニックネームはそのままSSIDになります。


設定が終わったらOKを押します。


Wi-Fi機能メニューが開きます。
ここで、上中央のスマートフォンアイコンをタップします。


接続方法を聞かれますので、カメラアクセスポイントモードを選びます。


簡単接続を選択します。


SSIDとPassが表示されるので、スマートフォンのWi-Fi設定から接続します。
ここまでできたら、スマートフォンのEOS Remoteを起動します。
Wi-Fi接続が確認されると自動的に画面がペアリング画面に変わります。
ここで時間がかかりすぎるとタイムアウトになってしまうので、スマートフォンに接続からやりなおしましょう。


EOS 70Dが表示されたらタップするとカメラ側の画面が変わります。


ここでOKを押すとカメラとスマートフォンが接続されます。



EOS RemoteはPowerShot N用のCanon Camera Windowと外観は似ていますが、操作性は異なっています。



画像一覧をタップすると展開します。左右フリックで他の画像と切り替えられます。
Camera Windowは矢印ボタンタップだったので、これはこっちのほうが好きですね。

右上のINFOボタンをタップすると、下に詳細が表示されます。
ISOやF値が確認できるので便利です。
左下のスマートフォンアイコンをタップすると端末に保存できます。
Eye-Fiと違って、好きな画像だけ保存できるのは嬉しいです。

メールアイコンをタップすると画像を縮小してメールが送れますが、その場合、Wi-Fi接続が切れてしまいます。カメラアクセスモードなので仕方ないんですが、ちょっと残念な仕様です。

画像を保存するだけなら、Flash Airとかでも代用できるのでは?と思うのですが、私が気に入った機能は「リモート撮影」です。


なんと、スマホにファインダーが表示されます。
真ん中がシャッターボタン。右のアイコンは設定ボタンです。
タップすると・・・


絞り、ISO感度、露出が設定できました!!
設定まで変えられちゃうのはすごいです。


UIも直感的に操作できますね。

この機能があると、三脚にカメラを固定して、スマホで写りを確認して自分のタイミングでシャッターが押せます。
結構利用シーンが広がりそうですね!

Wi-Fi機能が一番のお気に入りですね、今のところ。


posted by: ちえ | EOS 70D | 10:51 | comments(0) | - |

EOS 70D×EF40mm f2.8 STMで初外出!お散歩には最適かも?

この記事は、キヤノンさんより発売前のEOS 70Dをお借りしてレビューしています。

前の記事で紹介した追加レンズEF40mm f2.8 STMですが、意外と使い勝手がいいので外出するときにそのまま装着して持って行きました。

ケータイを見たり・・・






素敵ジオラマを見たり・・・







ドクターイエローや、


のぞみを、おいしく食べたり・・・。


EOS 70Dにお散歩レンズEF40mm f2.8 STMを付けて歩くのは楽しかったです。
Wi-Fi連携機能でスマホに画像を送れるので、ツイートしたりして楽しめました。
EOS 70Dにお散歩用の軽いレンズを一本持っておくと、楽しみが広がりそうですね!


posted by: ちえ | EOS 70D | 21:49 | comments(0) | - |

EOS 70DでEF40mm f2.8 STMを装着してみたら、あら軽くていい感じ

キヤノンさんから発売前のEOS 70Dをお借りしてレビューしています。


今回、キットレンズの他にもう一本レンズを貸していただけると言うことで、EF40mm f2.8 STMをお借りしました。理由は明快。軽いからです。
キスデジに慣れている私は、70Dは相当の重量化。レンズくらいは軽いのをつけてみたい!
ってことで、一番小さいものをチョイスしました。
f2.8ってことで、そこまで明るくはありませんが、サイズを優先した単焦点って感じでしょうか。

キットレンズはf3.5〜なので、そこまでボケ味が良くはありませんので、ポートレイトなどを撮影するときはレンズ交換したほうがよさげな感じですね。


薄いです・・・。
すっごく薄いです。

重さは私が所有しているEF50mm f/1.8IIとほぼ一緒みたいです。
50mmのほうは0.45mまでしか寄れないのですが、こちらは0.3mまでは寄れます。
このレンズ、キスデジNと組み合わせるとかなりコンパクトになるんじゃ無いだろうか・・・と思ったり。



こんな感じに撮れました。
荷物軽くしたいときは、これを付けて歩きたいなあと思ったりします。

ここのサイトの一覧によると、私の所有しているEF50mm f/1.8IIも、このレンズも、デュアルピクセルCMOS AFの特徴は生かしてくれるようです。
ただ、50mmのほうはAFがうるさいので、ライブビューだと常にAFを探そうとしてジージー動いてました。

さすがにサードパーティ製(シグマとかタムロン)だと、差が出るのかな。

キットレンズのEF-S18-135 IS STMは、望遠レンズとして持っておくと便利だとは思うのですが、実際自分の利用シーンだとあまり使わないかもしれませんねぇ・・・。
動画とかの時はあったほうが便利ですが。

と、ついつい沼りそうになってしまったのでした。

こんな軽いレンズと70Dの組み合わせも意外といい感じだなあと実感したのでした。
まだまだいろいろ撮影して遊んでいきたいと思います♪


posted by: ちえ | EOS 70D | 13:20 | comments(0) | - |

Canon EOS 70Dタッチ&トライイベントに参加してきました

7月24日に開催されたCanon EOS 70Dタッチ&トライイベントに参加してきました。
私にとっては久々のブロガーイベントで、しかも大好きなカメラのイベントと言うことで、とってもワクワクして参加しました。
EOS 70Dは8月29日発売で、なんと1ヶ月以上早くお触りでき、しかも貸し出しもあるということでテンションもあがります!!

私はCanon EOS KissデジタルNをかれこれ7年ほど使っております。
いい加減買い換えなければ・・・と思っていて、EOS Kiss X7あたりが小さくていいかなぁ・・・とぼんやり考えていたのですが、Wi-Fi対応と言うことでこの機種への興味が増していたのでした。


会場にはすでに、貸し出し用のEOS 70Dが置かれていました。
もう自由に触っていいとのことで、早速開封!



レンズがついていないと、そこまで大きくない印象です。


裏面。バリアングル液晶なのでちょっとごっついです。持ち歩きの時に液晶を内側にできるのは地味に嬉しいですね。


バリアングル。
実は、自分は不要派だったんです。一眼は覗いてなんぼでしょ、って。
でもPowerShot Nで液晶動くのが便利であることを実感してしまい、こちらも期待してます。


バッテリースロット。キスデジNよりだいぶ大きな印象。


SDカードスロット。SDカードいいよ、SDカード。
キスデジはコンパクトフラッシュなので、SD対応は嬉しい。

今回は、キットレンズEF-S18-135 IS STMを一緒に貸し出ししてくれることになりました。
早速装着。


さすがに付けるとずっしりとします。


EF 50mm f/1.8IIをつけたキスデジN(右)と比べると親子のよう。
早速、プレゼン写真も70Dを使って撮影してみましたよ。


技術的なことはよく分からないですが、EOS 70Dは、AFが早いらしい
と、いうことでデュアルピクセルCMOS AFの説明がありました。


一つの画素に二つのフォトダイオード、というのがすごいらしい。
・・・結局どういうこと?


簡単に言うと、2つのフォトダイオードが人間の右目と左目の働きをして。距離感を瞬時に判断してくれる、というものらしいです。



結果、AFが高速になり、動画でのAFの追従性がアップしているそうです。

こういうのは聞くよりも体感だよねってことで、ライブビューで撮影してみると、確かに早い!他の人の話では、従来機よりもかなりライブビューAFが早くなっているそうです。
AF合わせてからズームを動作してもAFが続くのはちょっと感動しました。
これだけライブビューでAF早ければ、ライブビューで撮影してもいいなぁ・・・



デュアルピクセルCMOS AF・・・だけじゃないよ!
ってことで、基本性能も充実しています。


他にもいろいろな特色を紹介。
バリアングル液晶はタッチパネルになり、とても便利になりました。
ピント合わせや、ピンチイン&アウトも行えるとのことです。
Wi-Fi機能は、撮影画像をスマホで見れるほか、リモート撮影にも対応しています。
自分の一眼は2005年の機種なので、かなりいろいろな機能があるんだなぁ・・・と実感しました。


EOS 70Dの位置づけはミドルレンジ機。
エントリーを卒業した人が次に持つ一眼です。
ハイエンド機と同じバッテリーを搭載しているそうですよ。


EOS 70Dのターゲットはこのように考えているそうです。
Kissを所有している私の物欲をくすぐります・・・。

デュアルピクセルCMOS AFの性能を生かせるレンズは以下のリストの物が確認済みだそうです。ライブビューAFの恩恵を受けたい場合は、対応レンズを使いましょう。






購入者キャンペーンをしているそうです。
購入して応募するともれなくレザーストラップがもらえます。
購入宣言をして購入すると、ストラップに名入れができるほか、抽選で三脚、レンズ、EOS学園の受講券が当たるそうです。



と、いうわけで、かなり情熱的な、時間押し気味のプレゼン終了!
ここでサプライズが・・・


好きなレンズ一本追加で貸しますよーーーー!
なんてよだれが出る光景・・・。
イベント終了前に挙手&じゃんけんで一本お借りできました。
そちらについても後日レビューしますね。

食事はかなり豪華なものが用意されていました。
ここはホテルのビュッフェですか????





EOS 70Dで撮影して、あとはおいしく頂きました。
ごちそうさまです♪

会場の奥には大きなジオラマが!!電車が走っていました。
手持ちであまりうまく撮れなかったんですが、動画を撮ってみました。
これ、三脚を使えばもうちょっとAFがきちんと合うと思いますが、撮ってておお、合った!という体感はできましたよ。
他の人のレビューの方がたぶん上手に撮ってくれてると思います。

 

動画については、家には動き回る幼児がいますので、あとでゆっくり試してみようかなと思いますが、三脚を持ってないので果たして・・・。

会場でお借りした本体&レンズ2本は、会場から大事に持ち帰りました。
かなり重たかったですw
これからしばらく自宅で使い倒したいと思います。



posted by: ちえ | EOS 70D | 18:43 | comments(0) | - |