OPPO Find Xを2週間使ってみて #楽天モバイルモニター

楽天モバイル様のイベントに参加して、OPPO Find Xをモニター中です。

幸運にも端末をいただくことができましたので、せっかくだからと楽天モバイルのデータSIMを契約し、ガッツリ日常で利用しています。

 

まずは、ざっくりと内容物を紹介します。

 

 

箱の中には、本体、トレイ型の箱、電源アダプター、イヤフォンが入っています。

 

 

小箱の中には、SIMピン、2枚の紙、スモークがかった色合いの透明ケース、クリーニングクロス、Type-C-3.5mmイヤフォンジャック変換アダプターが入っています。

 

イヤフォンジャック変換アダプター。

 

SIMピン。

 

イヤフォンジャックの箱にはUSB Type-Cケーブルも同梱

 

ACアダプターはかなり大きめ。

 

●顔認証は?

Find Xのカメラは可動式です。

なので、顔認証のたびにカメラが上下します。

 

・・・これがじれったい・・・。

 

身も蓋もなくてすみません。でも、スリープするたびにカメラが起動して認証するの、やっぱりワンクッション感じます。

そして、カメラが動くの、結構目立ちます。

一目でああ、スマホ動かしているなぁ、感があります。

これがカメラ起動の時であれば気にならないんです。

カメラ起動とほぼ同じ時間の待ち時間なので。

でも、スリープ解除はもっとスマートに済ませたいなぁ・・・というのは本音です。

 

「顔が近すぎます」

 

というエラーメッセージも良く出ます。

普通に持っているつもりなのになぁ・・・と言うときもあり、若干離さないとだめなのかな、と。

結構ここで引っかかりますね。

 

 

マスクのシーズンによく見るこのエラーメッセージ。

「顔が隠れています」

これはもう仕方ない。マスクを下げて認証するか、諦めてパスコード打ちます。

 

OPPO R17Neoみたいに、ディスプレイ指紋認証も搭載して欲しかったな。

時と場合で選べる自由は欲しかったところ。

 

顔認証の精度自体は悪くなく、認証は早いです。

暗闇でも顔認証できるのは凄いですね。

 

●カメラはどう?

Find Xは、アウトカメラは1600万画素+2000万画素のダブルカメラ、インカメラが2500万画素。

インカメラが高画素って、日本では珍しいのではないでしょうか。

さすが自撮り大国中国スマホ!

 

3Dの顔データを一人分登録することができ、好きなテイストに設定することが出来ます。

 

 

美顔効果をオンオフしてみました。

この写真だと、肌が滑らかになってるけど、やや不自然?

写真によってはかなり盛れます。

 

 

インカメラのポートレートモードで「ローカルライト」効果をつけたところです。

背景がグレーアウトしてて何かお洒落ですね。

「キャンパスライト」という効果もあり、こっちは背景が白い壁のようになります。

被写体によっては加工が失敗することもありますが、なかなか面白い機能です。

 

自分ばかり撮っていてもつまらないので、子供とツーショット、スリーショットを撮ることが多いですね。

画面に自分が映ると子供って喜ぶので、良い表情が撮れます。

 

 

AIで料理と認識すると飯ウマ写真になります。

 

 

 

夜はこんな感じで撮れます。

最近では写真はFind Xで撮ることが多くなりました。

使っていて楽しいカメラだと思います。

 

●使い勝手はどう?

 

 

左から、iPhone 8Plus、Find X、Galaxy Note8です。

画面の大きさは一番Find Xが大きいのですが、コンパクトさが目立ちます。

大画面なのに、手にすっぽり収まる感覚があり、そこはとても気に入っています。

 

 

 

 

スクリーンショットを撮るときに三本指で下スワイプするのはとても便利です。

そして、スワイプアップジェスチャー、言ってしまえば、iPhone X風なのですが、慣れると凄く快適です。

Color OSはAndroidのカスタマイズなので、ちょっと普通のAndroidと勝手が違うところがあるのですが、iPhoneユーザーには馴染みやすいかもしれませんね。

 

Androidのウィジェットが使えないと思われがちですが、実はひっそりと使えます。

ホーム画面で二本指でピンチインすると、ウィジェット選択画面がでてきます。

 

 

とりあえず、カレンダーがないと生きていけない人なので、ジョルテが貼れて安堵しました。

 

そして、何より嬉しいのが、

 

充電が早いこと!

 

です。

0%から満充電になるまで35分だそうですが、モニターをされている人が実際に計測されていました。

確かに、20分くらい充電するとほぼ満充電に戻りますし、バッテリーの持ち自体もすごく早い。

充電中に熱くならないのも嬉しいです。

本当に、出かける前にちょっと繋いでおくだけでいいのは嬉しいポイントです。

 

CPUもハイスペックのSnapdragon845なので、動作もサクサクです。

今のところ、凄く快適です。

 

最近Color OSがVersion5.2にアップデートしました。

 

 

スマートサイドバー機能が追加されましたが、Galaxyのエッジスクリーンみたいにアプリのショートカットが出るのが便利です。

画面オフ時に画面にOを指で描くとカメラが起動するショートカットもあります。

色々設定を見ていくと、使いやすくカスタマイズ出来そうなので、どんどん使っていきたいと思います。

 

Find Xと2週間ともに生活して、写真を撮ることが楽しくなりました。

顔認証の時にはボロクソ言ってしまったスライド式のカメラですが、動くギミックを見ていると楽しいので、そこで相殺されています。ぶっちゃけ、ノッチを無くすためにカメラをしまうギミックを付けるなんて、なんて変態なんだ!(褒め言葉)と思いましたが、こういう楽しい端末って久々に触ることが出来たなぁ、と思っています。

そして、ノッチの無い大画面は見やすくて気持ちいいです。

 

今後もともに生活していくFind Xですので、気づいたことなどは随時紹介していきたいと思います。

 

posted by: ちえ | Find X | 17:58 | comments(0) | - |