コンセプトカラーはブルー・バイ・グリーンー!UPQの新製品をお触りして好きな順に語ってみたよ #プレカン

先日、アジャイルメディア・ネットワークのオープンカンファレンスとして、今年7月に設立したばかりのデザイン家具・家電ブランドUPQ(アップ・キュー)の説明会に参加してきました。
社長の熱い思い、ブランドについての内容は以下のブログをご覧ください。

「UPQ」説明会(オープンカンファレンスVol.4)で話題の女社長の並々ならぬ物作りへの本気を感じてきました

今回は、タッチトライで新製品に触れることができたので、全部は無理ですが気になったものをいくつか紹介したいと思います。

■Q-music BS01

意外かもしれませんが、実はこれが一番デザイン的に琴線に触れました!
NFC搭載のBluetoothスピーカーです。
下の写真を見ると、二個一組のステレオスピーカーのように見えますが、実は一つです。
でも、きちんとステレオスピーカーだそうですよ。



わかりにくいですが、手前がグロスの質感、奥がマットな質感になっています。



マットなほうが、色が明るく見えます。
この色が好みドンピシャなんです!めっちゃ個人的な趣味ですが。
さわり心地は、グロスがキュッキュッとして、マットのほうはサラサラでした。
手汗とかあると(笑)グロスは滑りが悪そうなので、私はマットの方がいいですね〜。
本体を撫でると音量調節できるそうで、これ、実際にやってみたら良かったんですが、時間の都合でできず・・・。
これはガジェットと言うより、インテリア家具として欲しい、という感じでした。
これは部屋に置きたい!!!(でも、これに似合うように部屋もインテリアしなくては!)


■Q-Camera ACX1

これ言っちゃうと身も蓋も無いんですが、アクションカメラって私にとって用途が無いんですよね。
基本引きこもりだし、自転車乗らないし、付けて歩くってあんまり無いと思うし。
だから、購入候補にはぶっちゃけ、無かったんです。

が・・・・



ちっちゃ!!!
Webだとあんまりサイズ感が分からなかったのですが、実際持ってみるとあまりの小ささに驚きました。
アクションカメラ自体初めてなのでこんな反応ですみません(汗)
そしてブルー・バイ・グリーンのカラーリングがかわいすぎる。色味が絶妙すぎる!



起動中光ってるインジケーターがまたそそります。


右側面にはメニューボタン、上下ボタンがあります。


上部にはシャッターが。


左側面には、Micro USB端子、Micro HDMI端子、Micro SDスロットがあります。
SDスロット、むき出しなんですねw
充電がMicro USBなので、モバイルブースターなどで充電できるのはうれしいポイントですね。


本体下部、特に何もありません。


アクションカメラで液晶ついているのが売りだそうです。


取り付けパーツが最初からこんなについてきます。


防水ケースなどをつけると、すごく・・・ロボットみたいです(笑)


水深30mに沈めても大丈夫だそうですよ。

これ、ガジェットとして、強く心惹かれました。
モノとして筐体を見ているとわくわくしますね。
ついつい写真も多めでお送りしました。

ちなみに、用途が微妙なので家庭内稟議はおりませんでした。南無。

■UPQ Phone A01

やっぱ我が家はスマホでしょ、と言うわけで、すでに注文済みです。
9月30日発売予定だそうで、じっくり届くのを待っているところです。



カラーは三色。
ブラック、ブルー・バイ・グリーン、ホワイトで、すべての色にブルー・バイ・グリーンのアクセントがあります。



ブラックとブルー・バイ・グリーンは正面から見ると黒色になっています。
持った感じ、片手で操作しやすいちょうどいい感じ。


左側面には音量ボタンが配置。


底面。


右側面は電源ボタンが配置。


天面はイヤフォンジャックとmicroUSB端子が配置。





個人的には表面は白の方が好きです。
白でリアカバーがブルー・バイ・グリーンだったら最高だったのですがw



箱もなかなかおしゃれですね。

ベースモデルではチップセットがもう一つスペック低いモノだったそうですが、パワフルな交渉の末1.5GHzを入れた、というお話を聞きました。リアカバーが外れるので、バッテリーも外せるのですが、内側の塗装にもかなりこだわったそうです。リアカバーの内側の吹きつけも、浮きが出ないようにしっかり調整したそうで、かなり調整を重ねて試行錯誤して完成したそうです。リアカバーの内側なんて見えないところまでこだわってるんですね。
やはり国内メーカーで厳しい基準で携帯を作ってきたからこそ、細部にまでこだわって作っているのだなと感じました。
スマホはやっぱり触ってみないと何ともいえませんので、詳細のレビューは実機が来てからじっくりしたいと思います。

■Q-music QE80



税抜24,600円もするハイエンドイヤフォンです。
ハイブリッドドライバーという何やらすごいものを3基も積んでいて、この価格は正直かなりお安いのだそう。
オーディオに詳しい方の感想では、これは4万クラスの音だと!
私、結構音は音痴なので、音楽系のレビューは全然できないのですが(汗)、これとその他の違いだけはハッキリと分かりました!
かなりクリアにしっかりと聞こえました。同じ音でもこんなに違うのかと。
中級機のQE50もかなりいいイヤホンだと思うんですが、これ聞いてしまうと、違いが分かってしまって悩んでしまいましたね。
音がすごくいいのはうれしいのですが、ここまでいい音ならどうせならハイレゾに対応したモノが欲しかったなぁ・・・というのが正直な感想です。



QE50
これも、自分が持っているイヤホンと比べるとかなりいい音でした。



QE10
ラインナップの中ではローエンドですが、耳かけ式が馴染むのと、リケーブル式なのがうれしいポイントですね。
カラーリングもとってもかわいい!
スポーツ用途を想定しているそうですが、普段使いに頑張りすぎない感じがいいですね。

■その他



椅子、やっぱ座るよね〜♪
すごく座り心地が良かったです。こんなでかい椅子を置ける家に住みたいw



スーツケース。
普通にかわいいので、バッテリー無くても欲しいw



バッテリー残量が見えるのがポイントだそう。



製品そのものじゃなくて、このブルー・バイ・グリーンカラーのUSBケーブルが欲しいです(笑)



スタビライザー。
動かすとウイーン、ウイーンと動く様はすごく面白かったですw
でも、結構重たいのと、私にはあまり使いこなせなそうだ(笑)
スマホで動画撮るときって装備しないでササッと出して撮ることがほとんどだから、結局使う機会って限られちゃうのかなぁ・・・と。



ちなみに、この日の私の持ち物、意識してなかったけどブルー・バイ・グリーンで統一されていました。
服装もそんな色合いだったので、中澤さんにも突っ込んでいただけました♪

いろいろ触ってみましたが、ブルー・バイ・グリーンが好きすぎて、あれもこれも欲しくなってしまいました。シーズンでカラーも変わるらしいですしね。
音楽割と聞くので、スピーカーかイヤホンは欲しいですね〜。
でも、音質突き詰めるとお高いし悩みどころであります。

今回、タッチアンドトライをしてみて、見た目だけじゃ無い品質の良さを感じました。
どこかで製品に触れられるともっといいのではないかな、と思います。
中澤さんのカフェとかで触れたりしないのでしょうか?
ネットだけだと伝わらないことも多いと思うので、触れられる場所を是非増やして欲しいなと思います。

アジャイルメディア・ネットワーク様、UPQ様、今回は、貴重な機会をいただきましてありがとうございました。

※初出で色の名前を一部表記を誤っていましたので修正しました。正しくはブルー・バイ・グリーンです。
posted by: ちえ | UPQ | 20:32 | comments(0) | - |

「UPQ」説明会(オープンカンファレンスVol.4)で話題の女社長の並々ならぬ物作りへの本気を感じてきました

8月24日にDMM.make AKIBAで開催された「UPQ説明会」(オープンカンファレンスVol.4)に参加してきました。
オープンカンファレンスとは、いわゆる記者発表会のようにプレスに限らず、ブロガーなど情報発信している人なら誰でも参加できるイベントのことで、アジャイルメディア・ネットワークが試験的に定期的に開催しています。
発表会のたぐいはニュースで見たり配信で見たりすることが多いですが、現場で生の声を聞いてみたい、という思いは強かったので、こういった取り組みはとてもいいと思います。

このオープンカンファレンスは、レビューズの勉強会も兼ねていて、ブログの書き方なんかもお勉強することができます。
レビューズとは、アジャイルメディア・ネットワークで運営しているレビューズというブロガーが登録することで企業とつながり、書きたいレビューのオファーをオ受けることができます。興味のある方は登録してみてはいかがでしょうか?

では、早速本題の「UPQ説明会」に移ります。

■株式会社UPQとは?



株式会社UPQ(アップ・キュー)は、今年7月にできたばかりの会社です。
家電・家具メーカーでスマートフォンだけでなく、カメラ、オーディオ機器(イヤホン、スピーカーなど)なども扱っています。
会社は今回の会場でもあるDMM.make AKIBA内にあり、代表取締役は中澤優子さんです。娘。の人とは字が違います。


株式会社UPQ
http://upq.me/jp/

■中澤優子さんの経歴は?



中澤優子さんは、カシオ計算機(のちにNECカシオモバイルコミュニケーションズ)で携帯電話の企画担当のお仕事をしていたという経歴がある女性です。
830CA、930CAなどの開発を担当していて、930CAでは「美撮り」機能のために4000枚以上の写真を検証するという泥臭い物作りをするというガッツのある一面も持っています。

男の知らない“きれい”とは――4000枚以上の写真から完成したカシオ端末の「美撮り」  

そんな中澤さんですが、元々携帯電話が好きで、それが高じて携帯を作りたいとカシオに入社したんだそうです。
意外ですが、携帯以外の機械には弱いとおっしゃっていました。
個人でもかなりの台数のケータイを持っているとか。

モバイル女子Album【CA007/iPhone 4S/GALAXY NEXUS/ Nexus 7】下町育ちのなかざわ さんの場合

NECカシオが携帯事業撤退を決めて、携帯を作りたくて入社したカシオを退社することになり、カフェを始めました。
”一対一のものづくり”をしたい、という思いで始めたそうですが、NECカシオが縮小するときに会社を離れた人たちが就活中などにほっと一息つける場所を作りたい、という思いも語っていました。
カフェを始めてからは、メーカーのようなものづくりからは完全に離れた生活をしていたそうです。

■蘇ったものづくりへの情熱

2014年10月にau未来研究所というハッカソンに参加して、久しぶりにものづくりをしたら情熱が蘇ってきたそうです。
ハッカソンってなに?というところから始めたそうですが、今はこうやってすぐにものが作れる世の中になったのはいい環境になりました、とおっしゃっていました。
そのときに作ったIoT弁当箱「X Ben」が、経済産業省のフロンティアメイカーズ育成事業に選定されたというのもすごいですね。
Cerevoの岩佐さんから声をかけてもらって、「そろそろものづくりしないの?」と言われて決心し、今に至ったそうです。

■誰にも真似できない超人並の生活で製品を2ヶ月でリリース!

会社設立を決意してから、製品発売まで2ヶ月!!
もちろんほとんどがベースモデルがあり、一からの開発では無いそうですが、なんといってもラインナップが豊富。
それぞれにこだわりを詰め込んでいるので、もちろん楽な作業ではない。
ここのところ、ずっとベッドでは寝ておらず、オフィスの床、車中泊、機内泊などを繰り返していて、とにかく寝ていないそうです。ナポレオンですか!?鉄人ですか????
このイベントの後も夜中に石川の倉庫に行ってバーコード貼るとか!タフすぎます・・・。



まだカフェにも立っているそうで、ランチが終わってから、朝(!?)まで商品企画・開発・交渉をしていると。
週の半分は深セン、香港。行きも帰りも深夜便というハードスケジュール。
でも、好きでやっているのでつらいと思ったことはないと!
見た目はとても女子力の高い若い女性なのですが、かなり中身はガテン系でした。
担当者に怒号も飛ばしまくるとか!!
懇親会の時に個別にお話させていただいたのですが、かなり強い思いが伝わってきて、かわいらしい家電のデザインとは真逆の、かなり泥臭い、そして妥協しない強い思いから製品ができているのだと感じました。

「女性が立ち上げたベンチャーということで、メディアに取り上げてもらうことは多いけど、自分自身は男勝りで、キラキラして作っているわけではなく、汗だくで物作りしたい人間。私らしさがものと一緒に伝わるといいです。女子と書いてもらうこと自体は全くかまいません。」と中澤さん。

最近の中澤さんのインタビューはこちらを参照するとわかりやすいです。

UPQ中澤社長の「モノづくり」への情熱 「顔の見えるメーカーの人」になるまで

■UPQのコンセプト



生活に「アクセント」と「遊び心」を
スペック以外も”語れる”家電・家具ブランド


これをブランドコンセプトにしています。
お店で売れるものは必ずしも新製品ではなく、価格、バランスを考えて型落ち製品が売れることも多い。
これについてはメーカーで仕事してきた中澤さんにとって、思うところがあったそうです。
開発には何年もかけて、相当の思いを込めてリリースしても、2ヶ月も経つと型落ちになってしまう。

そこで、バランス、遊び心を盛り込んで型落ちにさせない製品を作っているそうです。



ポイントは「遊び心」



そして、アクセントカラーとしてblue×green(ブルー・バイ・グリーン)を決めました。
これは、家電にはあまり無い色をアクセントにしたかったそうで、この色はシーズンごとに変わっていくのでこれがUPQのコーポレートカラーでは無いそうです。
今回ブルー・バイ・グリーンにしたのは、今流行していてあちこちで見かけるカラーだからだそうです。
普通は製品のトレンドの色って二年前くらいから決まっているそうですが、この二ヶ月というスピードで作れるんだよ、というのを元気が無い(苦笑)メーカーにも示したかったとおっしゃっていました。
スペック落ちの少ない製品が多いと思うので、カラーを変えることでカラバリを増やすという意味もあると。
次回の色も家電に無い突飛な色を考えているとのことで、期待したいですね。


携帯開発していた経験から、やはり最初はスマートフォンを、あとはCerevoとも相談しつつ、ラインナップを決めていったそうです。今無い、時計やガジェットなども検討していきたいそうですよ。

■質疑応答



質疑応答では、途中からEngadgetの鷹木編集長、Cerevoの甲斐さんを交えて行いました。
ブログ本文に触れていない内容を以下に箇条書きにします。

・故障対応は?
すべて1年保証。初期不良、返品、交換、修理など、サポート窓口もある。
ノウハウは、カシオ時代の経験や8年間家電ベンチャーでオリジナル製品を出してきたCerevoのノウハウがある。

・Androidバージョンアップ
検討中。

・どれが売れたら一番気持ち的にうれしい?
全部にこだわりはあるが、スタビライザーは撮ってみないとわからない感動がある。ガジェッターだけじゃなくて普通の人にも届いて欲しい。撮ってみると結構な驚きがあるんじゃないかと。

・次回作を出すにあたり、どれくらい売れて欲しいか?
在庫をあまり持っていないので売り切りたい。行商してもいい。
売る努力をせずにメーカーを卒業してしまったので、今度は全部売り切りたい。

・au向けスマホは?
スマホは基盤配置は同じなので、アンテナだけauのものにするのはそこまで難しくは無い。
今は名も無いメーカーとしてスタートしているのでどう主婦などに届くのかを見ていきたいと。

・スマホを2ヶ月でリリースするにあたってもう少し突っ込んだ話を聞きたい
ベースになるモデルは元々あった(スマホ以外も全部)。
スマホは誰が作っても真四角になる。カメラ、センサー、などパズルでしかないと。メーカーの社内チームで作っていても、UPQで自分と一緒に仕事してくれる人が作っても、やることは同じ。ただ、今は判断するのが自分なので上からストップがかかることがない。メーカーでやるといろんな人の思いが入る分、余分な機能などを省きにくい。自身はあまりメーカー押しつけのものは要らないと考えている。
承認プロセスが無いことも開発が早くなった要因。もちろん、先に話したように寝ないで必死でやったからこそできたこと。

一般の主婦からの問い合わせで、「UPQ Phoneはドコモショップで機種変できますか?」という問い合わせがきた、という話がとても印象的でした。こういう企業って、ガジェットに強い人とかしか注目しないのかな、と思っていましたが、きちんとがジェッター以外の層にも注目されているんだな、と。
だって、かわいいですもんね。

■私の感想

今回、UPQを注目したのは、なんと言ってもブルー・バイ・グリーンの色が素敵だから!
といっても、今季だけのカラーのようですがw
次の色もいい色だといいなぁ・・・。
家電のデザインも、置く場所には悩むけどかわいいですよね。
そして、NECカシオ出身で会社起こしちゃったというエネルギッシュな経歴から、そのご本人のお話を是非聞いてみたいと思って参加しました。NECカシオ時代から人一倍泥臭いものづくりをしていたそうですが、メーカーで作ってるとやっぱ彼女の色ってそこまで出ないですよね。しがらみも多いと思うし・・・。
今回は、中澤さんが自分がいいと思う製品を思う存分作っているので、面白いな〜と思いました。
たとえばスマホも海外スマホのOEMなのですが、内側の塗装にまでこだわったり、チップセットを変えさせたり、塗装もとことんこだわっているそう。きっと、妥協すればそんなに苦労しなくても作れるかもしれません。でも、それをしていない、というのはお話ししていてもひしひしと伝わってきました。
ものづくりといっても、実際組み立てる工場は別にあるわけで、その中で企画って何をするかって、ぶれない信念を持って指示を出すことでもあると思うので、大事なのってぶれない心ときちんと伝えられることなのかな、と思ったりしました。
ビジネスモデルとして見たときに、やっぱりこれはニッチ向けかな?とか、スペック的にもう少しこうだったらってのが無いわけじゃありません。ただ、誰にでも受けるものってそれこそメーカーがやればいいと思うので、せっかく中澤さんが一人で始めたのだから、中澤さんの趣味に思い切り振れててもいいのかな、と思ったりします。スペックや品質は、どんどんいい製品を突き詰めて行ければいいと思うので。
その中でブランドが作られて、ファンが増えていくのなら、それも一つのあり方かな、と。

中澤さんはかなりエネルギッシュで素敵な方でした。ここまでものづくりに情熱を注げる人ってなかなかいないと思います。
だからこそ、スピードある行動ができるのだな、と感じたのでした。


中澤さんのネイルもブルー・バイ・グリーンです!写真に撮れませんでしたが、実は靴もブルー・バイ・グリーンでした!

我が家ではUPQ Phoneを注文中ですが発売日が現時点では9月30日ということで、首を長くして待っております。
別エントリーではタッチアンドトライ(あんまりできませんでしたが)、製品について紹介します。

※初出の記事で色の名前が誤って記載されていました。正しくはブルー・バイ・グリーンです。すみませんでした。
posted by: ちえ | UPQ | 19:39 | comments(0) | - |

honor6 Plusの編集機能は直感的に操作できて楽しい!

格安スマホアンバサダープログラムのモニターキャンペーンで楽天モバイルのhonor6 Plusをいただき、一年間基本料無料で利用しています。
使っていてやっぱり実感するのはカメラ機能の素晴らしさ。



ワイドアパーチャー機能で撮影してみました。



後からF値を変更することもできます。



後ろにピントを合わせてみました。
後から効果を調整できるのって楽しいですね。



明るさや彩度などをボタンをスライドさせることで直感的に調整することができます。
仕上がりを見ながら調整できるので失敗がありません。
とりあえずワイドアパーチャーで撮影しておいて、あとから焦点、絞り、明るさなどを調整するだけでも、かなりいい写真が仕上がります。



写真モードでは、焦点位置を長押しすると分離させることができます。
つまり、焦点位置と露出を別々に指定できるんです。



設定なしで通常モードのカメラで撮影した画像です。
ちょっと道路が暗いですね。



こちらは、ピントはピカチュウ当たりに合わせ、長押しで露出ポイントをその下の道路あたりに合わせて撮影したものです。

こんな感じに仕上がりを調整することができます。
かゆいところに手が届く感じがうれしいですね。
 
posted by: ちえ | honor6 Plus | 15:06 | comments(0) | - |

レベッカ再結成ライブに行ってきました

8月13日、横浜アリーナで開催されたレベッカ再結成ライブ「Yesterfday,Today,Maybe tomorrow」に行ってきました。
私は、レベッカを知ったのは1993年ころ。
「東京BABYLONイメージサウンドトラック」に収録されていたMotor Driceを聞いて興味を持ちました。




それからレベッカのベストアルバム、「The Best of Dreams」、「The Best od Dreams Another Side」を中古で入手し、ヘビーローテーションしていたらすっかりはまってしまいました。

 

 

すでに解散していたのと、当時まだ中学生だったことで、生ライブはかなわず。
あきらめていたところ、再結成のニュースを聞き、速攻チケットを申し込んでいました。



事前にHMVオンラインで買っておいたTシャツを着て参戦!



託児所も設置されてたんですね。
ファン層が子持ち世代だからでしょうね。
どれくらい利用者いたんでしょうか。



マツコデラックスからお花が来てましたw



このサイリウムは入り口で配られたのですが、Maybe Tomorrowの時に折ってくださいと書いていました。
が、アンコールすぐに折っちゃってる人多数でした。

会場では生ビールも販売されていましたが、貴重な再結成の瞬間を酔っ払って見たくはなかったので自重。
一曲目のラズベリードリームのイントロで感極まって泣きそうに。
NOKKOのソロはやっぱレベッカとテイストが違ったりもするのですが、やっぱ土橋さんのサウンドはいいわ〜〜〜☆
テンション上がりまくりです。
NOKKOのボーカルはパワフルで、衰えるどころかパワーアップしたようにすら見えました。
後半、お色直ししてからは踊りまくってたし!
こんな50代、素敵すぎます。
私が一番好きなヴァージニティーは歌わなかったのですが、Lonely ButterflyやMOON、蜃気楼も聞けたし、セトリも大満足でした!

いや〜・・・生で見れて感動でした。
行ってよかったです。
勢い余って8月30日のWOWOW放送を見るために契約しちゃったりw
しばらくはレベッカヘビーローテーションですね。



NOKKOがセルフカバーアルバム出すらしいですよ♪
posted by: ちえ | 日常 | 22:55 | comments(0) | - |

みなとみらいに量産型ピカチュウを見に行ってきました #ピカチュウ大量発生チュウ

ピカチュウが好きなちえです、こんにちは。
ポケモンそのものはやらないんですが、ピカチュウというキャラ限定で好きなんですよね。

みなとみらいにピカチュウが大量発生していると聞いたので、行ってきました。
我が家からみなとみらい、結構遠くてぜーはー・・・



みなとみらい駅にすでに巨大なピカチュウが。



顔出しパネルもありました。
ピカチュウに埋もれるw



ちょっとした撮影スポットになっていました。




こんなサンバイザーを配っていました。
ものすごい量を用意している様子。

駅直通のクイーンズスクエア横浜でダンスステージショーをしていました。
人がすごすぎて・・・み、見えない・・・。
娘はパパの肩車でよく見えていましたが、一緒に踊れなかったのが不満そうでした。







最後の撮影タイムでなんとかこれくらい撮れました。



クイーンズスクエア横浜はいたるところにピカチュウが。



ピカチュウの大行進も見れました。
動きがかなり訓練されててそろってるのにびびりました。





近づくとでかさに圧倒されます。



合図でこっちを見てくれました。
カメラサービスもばっちり。



ピカチュウは去って行きました。
かわいかったです。
このイベントは今日16日までだったようです。

ピカチュウ、すごくかわいかったですが、無料のイベントの人の入りはやっぱりすごくて、子供二人つれてはしんどかったです。特に自由に動き回る三歳の娘は大変ですね。




 
posted by: ちえ | 子育て | 18:39 | comments(0) | - |

Windows10の邪魔な検索窓を消すには?

Windows10を使っていて、邪魔だなぁ・・・と思ったのが、タスクバーで幅を効かせている検索ボックス。
アプリ、Webなど何でも検索できて便利なのですが、かなり場所を取ってしまい、邪魔です。



これを検索アイコンに変える方法を紹介します。

タスクバー上で右クリックをします。



右クリックメニューから、検索→検索アイコンを表示を選択します。



すると、検索ボックスが検索アイコンに変わりました。
このアイコンをクリックすると・・・



検索が開きますので、普通に検索することができます。
通常使用ではこれで十分な感じですので、この無駄なスペースをショートカットアイコン置いた方が建設的な気がします。

ちなみにこの検索窓でWeb検索するとBingで検索されます。
Webはブラウザで検索することにしますw







 
posted by: ちえ | windows | 18:00 | comments(0) | - |

LaVie Uを使ってみていいところ、悪いところ

Windows10を入れられるタブレットPCがほしくて購入したLaVie Uですが、使っていていいところ、悪いところがちょっと見えてきました。
何となく箇条書きにしてみたいと思います。

■画面がきれい、見やすい

やっぱ11インチクラスになると、10インチタブレットより断然見やすいです。
その分重いのですが、完全に持って使うことがそれほど多くないので苦にならないかな、と。

■タッチパッド付きのキーボード

私はLaVie Zを使っているのですが、タッチパッド付きはやっぱり便利です。
LaVie Tab W(初代)はポインティングデバイスなのですが、私は個人的にはタッチパッドでよかったと思います。

■タブレットスタイルもノートスタイルも使いやすい

やはり、2in1パソコン、便利だなぁ…と実感しています。
どうせノートとしか使わないんじゃないの?とか思ったのですが、結構タブレットでマッタリとブラウジングするのが快適です。
結構縦位置で使うのが快適なんですよね。
ブログ書くときはノートにして、閲覧メインの時はタブレット、という具合に使い分けてます。



キーボードにこのように装着することもできます。
ゴツイですが、キーボードの置き場には困らないし、デジタイザーペンがすぐ取り出せるので、これはこれでいいかなぁ、って思います。



このスタイルで画面を見せながらパソコンのレクチャーをしていたのですが、ノートパソコンだと見せるのも面倒だし、タブレットいいな、と思いました。

■デジタイザーペンはやっぱりいいね!

上位モデルのLaVie Uにはデジタイザーペンがついているのですが、やっぱりあると便利です。
というか、無いことが考えられないくらい愛用しています。
リンクなどの細かいところをタップするときもいいし、お絵かきも楽しい。



スマホ以外でお絵かきができるようになったのはとっても嬉しいです。
CLIP STUDIO PAINTの試用版で描いたけど、欲しくなっちゃいました。

■キャップレスUSBがよかった…

タブレットには、microSD端子、Micro HDMI端子、USB端子があります。
Micro HDMI以外にはキャップがついています。
USBとかめっちゃ使うのに、いちいちキャップ開け閉めするのが結構面倒です。



なので、Bluetoothマウスは買っちゃいました。



こっちのUSBはキャップレスなのでUSB使うときはキーボード付けたほうが使いやすそうですね。

■SDカードスロットがmicro SD

スマホみたいにストレージの拡張という意味ではmicro SDいいんですが、ノートパソコンというと取り込み用のSDカードスロットがついているものばかり使っていたので、フルサイズのSD読み込むのにいちいちリーダー刺さなきゃいけないというのは、今までの環境からするとマイナスですね。
まぁ、タブレットなので仕方ないですが、ノートPCと考えちゃだめですね、はい。

■電池思ったより持たない?

タブレットパソコンとしてはおそらくあんまり電池持ちません。
輝度25%でバッテリー節約機能ONにして体感6〜7時間って感じですね。
25%だと結構暗いです。
まぁ、ずっと使い続けてそれなので、休み休み使ってれば一日の外出は何とか持つレベルなのかもしれませんね。
手持ちのLaVie Zが3〜4時間しか持たないので、それよりは余裕で持ちます。

■キーボードは、まぁそれなり。外し方にコツあり。

私はぺったんこキーボードが好きなので、割と普通に使えてますが、結構パシャパシャ言います。
こればかりは、店頭で触ってみないと何とも言えないと思いますが、私は快適にタイピングできています。だんだん慣れてきました。
外付けキーボードとしてはいいと思います。
脱着はちょっとコツがあって、ユーザーマニュアルできちんと確認したほうがいいと思います。



外すときは上に起こす。



装着するときは水平にスライドする。

これを守らないと、確実に壊します。
パッケージの「はじめに」とかに目立つように書いてほしかったなぁ…と思います。

そんなこんなでLaVie Uは快適に利用できるようになりました。
Bluetoothマウスを購入したら、やっぱりブログ書くのが楽になりました。

一般的なスペックのAtomタブレットでは非力と感じていて、Surface PROとか検討している人にはお勧めです。コスパが断然こっちのほうがいいので。(在庫限りですが)
タブレットとして割り切って使いたい人には、コンパクトで安価なモデルのほうがお勧めですかね。
LaVie Tab W(初代)でも、画像編集など重い作業をしなければそこそこ快適に使えているので、使い方かな、と思います。
私は、折角なのでメイン用途でガッツリ使いたいなと思います。







 
posted by: ちえ | LaVie U | 20:08 | comments(0) | - |

Windows10アップデートポップアップに注意!

Windows7を使っていた身内が、Windows10に自分でアップデートしました。
話を聞いて、見に行ってみると、メーカーのアップデート保証対象外機種であることが判明。
回復機能でWindows7にダウングレードして事なきをえました。

この問題が起きたのは、Windows Updateで「Windows10を入手する」というポップアップが出るようになったのが原因。
これって、Microsoftでソフトウエア要件を満たしたパソコンに対して出るものだそうで…知らないでアップデートしてしまう人が多そうですよね。
マイクロソフト的には早くアップデートしてほしいのでしょうが、アップデートって結構大きなイベントなので、そこまで簡単にしなくてもよかったんじゃないかなぁ…と思ったりします。

とりあえず、Windows UpdateでKB3035583というアップデートをアンインストールして、非表示にしておくことで回避できるようですが、おせっかいだなぁ…

というわけで、Windows10アップデートのポップアップが表示されたらご注意ください。
インストール前に再セットアップメディア作ったりデータのバックアップ、ソフトの更新などは最低限やっておくべきかなと思います。



最初に買ったできるWindows10が初心者向け過ぎて役に立たなかったので、パーフェクトブックを買いなおしました。
様々な設定方法を、やりたいことで検索できるので、これは結構わかりやすかったです。  
posted by: ちえ | windows | 16:39 | comments(0) | - |

Windows10タブレットが欲しくなってLaVie Uをゲットしました

Windows10をThinkPad X100eに入れて数日。
弄っていると結構楽しくなってきまして、タッチ操作をしたくて仕方なくなりました。
予算はあまりかけたくない・・・2〜3万のWindowsタブレットでも調達するか?と色々考えていました。
でも、LaVie Tab W(初代)を使っていて、RAM 2GBが結構きついと感じていました。使えなくはないですけどね。
ストレージも64GBでも足りないと感じてしまっているので、ストレージ32GBモデルは色々工夫できる人じゃ無いと厳しいのかな・・・とか。
新型LaVie Tab W(10インチ)はRAM 4GBに増えてるので初代よりはいいと思うけど、Atomだから大きくは変わらないのではないかな、と。キーボード付きで8万以上しますしね。
8インチタブレットという選択肢も考えました。
3万ちょいでLaVie Tab W8インチモデル(RAM 2GB、ストレージ64GB)が買えるので、ちょっと心が動きました。
価格コムのレビューを見るとやたらバッテリーが酷評されているのがちょっと気になったり・・・。

ああだこうだ考えていたら、やっぱりある程度のスペックは欲しくなりまして、Surface3の128GBモデルとか、Surface PRO 3十か・・・と考えると予算が・・・

そのとき、とある機種が目にとまりました。
LaVie Uです。
去年の冬に出たCore Mの2in1 Ultrabookです。
11.6型ワイド液晶のタブレットとキーボードがドッキングする、LaVie Tab Wの大きくなったようなモデルです。
上位モデルにはデジタイザーペンもついています。

これ、リリースの時に心惹かれたけど、20万近くしててスルーした覚えが・・・

何と、上位モデル(PC-LU550TSS)がヨドバシドットコムで10%ポイント還元付きの90,880円でした。
ええと・・・Surface3の上位モデルより安く買えるの!?
そして、LaVie Tab Wよりちょこっとだけ高い程度。(下位モデルならもう1万くらい安いです)
何でこんな安いの?
何か裏があるの????
おそらくLAVIE Hybrid(2015年夏モデル)が同等スペックで出たからだと思いますが・・・

11.6型ワイドなので、タブレットとしてはでかいし重い。
持ち歩くのはLaVie Zより重いのが引っかかったのですが、ほぼ家でしか使わないし、だったらパフォーマンスがいい方がきっとストレス溜まらないのでは。

本当は安いタブレットを調達するつもりで考えていたのですが、スペックと利用目的にかなった機種に巡り会えたので奮発することにしました。

ヨドバシドットコム、朝ポチって夜の7時に届いたよ。すごい・・・



我が家のパソコンはLaVieだらけなので、見慣れた箱です。



同梱物。



なんと、Office365が一年分ついてきました。
これ、知らずに買ったので嬉しいです。



充電しながらセットアップ。
ひととおり初回セットアップが終わると、Windows10にアップグレードしますか?と聞かれましたが、事前準備がまだなのでキャンセル。

Windows10サポートのご案内|121ware.com

マカフィーリブセーフがプリインストールされているので、最新バージョンにアップしておきます。

そして、アップデート前に再セットアップメディアをフラッシュメモリで作っておきます。
今回は購入してすぐなので、データはまだ無いのでバックアップは取りませんでした。

Windows10のダウンロード|マイクロソフト

ThinkPadの時のように、ここからツールをダウンロードして直接アップデートをかけます。





まだ少しアップデート作業が残っているので、いじるのは明日以降になりそうです。




 
posted by: ちえ | LaVie U | 22:48 | comments(0) | - |

ThinkPad X100eをWindows10にアップグレードしました

7月29日にリリースされた新OS「Windows10」ですが、我が家の稼働中のパソコン三台とも、アップグレードのメーカー保証外でした。泣く泣く諦めようと思っていたところ、引退中だったThinkPad X100eのことを思い出し、この端末ならもし不具合があっても諦めがつくと思い、アップグレードすることにしました。

まず、数年使っていなかったのでWindows8.1にすらなっておらず、Windowsアップデートを当てる作業から。
あまりに長期間あててなかったため、リフレッシュするように促され、初期化してもいいくらいだったのでサクッとリフレッシュ。
データは残ってインストールしたソフトなどはきれいさっぱり消えました。
そこから怒涛のWindowsアップデート。
何度か失敗しながら少しずつ進み、結局一日仕事に。
そしてようやくWindows8.1インストール可能になりました。

Windows8.1になったら次はWindows10です。

Windows10のダウンロード

上記リンクからツールをダウンロードしてインストール。
メディアを作成する方法もありますが、そっちにするとプロダクトキーが必要になるので、直接インストールを選んだほうがいいです。
ただ、私は常駐系を終了せずに作業をしたためか、ディスクイメージ作成中に3回もツールが強制終了してしまい、無駄に時間を食ってしまいました。作業の前はメモリ食うものを切るという基本を忘れていました…。

そんなこんなで手間取りましたが、何とかその日のうちに作業終了。
無事Windows10に触れることができました。



実はThinkPad X100eをWindows8にしたときに何か失敗したようで、カメラが使えなくなったりしていたのですが、Windows10ではちゃんと動いています。
新ブラウザMicrosoft edgeはちょっと不安定な気がします。
スタートメニューは少しずつ使い方がわかってきました。

ThinkPad X100eはタッチパネルがないので、タブレットで操作性を試してみたいな…と思ったりもするけど、それは市場が充実してきてからでもいいかな。
しばらくはWindows10に慣れる意味でも、積極的に使っていきたいなと思います。

 
posted by: ちえ | ThinkPad | 23:17 | comments(0) | - |